人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ミニバンの販売台数2年連続No.1!日産「セレナ e-POWER」が売れている理由

2020.01.15

1991年の発売以来、家族みんなが使いやすいミニバンとして人気の日産『セレナ』。

2016年8月24日にフルモデルチェンジ、現行で5代目となる『セレナ』は、100%モータードライブの電動パワートレイン「e-POWER」を2018年2月28日に追加し、高い人気を誇る。

ではここで、『セレナ e-POWER』について見ていこう。

日産『セレナ e-POWER』のモデルチェンジの評判はどう?

2019年8月1日に日産『セレナ』はマイナーチェンジを行い、全車が「全方位運転支援システム」を標準搭載。先進安全技術の装備をさらに充実させた。

また、人気の『ハイウェイスター』シリーズは「ダブル V モーショングリル」を採用。16インチアルミホイールを装備するグレードを用意するなど、外観もブラッシュアップしている。

評判も総じて好評。2019年(2019年1月-12月累計)は、『セレナ』全体で9万2956台を販売。2018年に続き2年連続ミニバンNo.1を獲得した。

日産『セレナ e-POWER』のグレードを比較

『セレナ e-POWER』は、『セレナ e-POWER』と『セレナ e-POWER ハイウェイスター』の2タイプに分かれる。

それぞれが3グレードに分かれ、合計6種類が選べる。

では、その概要を見ていこう。

日産『セレナ e-POWER X』

『セレナ e-POWER』のベースとなるモデル。「全方位運転支援システム」を標準搭載し、基本装備は充実する。ただし、オートスライドドアは装着されない。

日産『セレナ e-POWER XV』

『セレナ e-POWER X』の上位がこちらの『セレナ e-POWER XV』。

LEDヘッドランプや超ロングスライドシート、ワンタッチオートスライドドア(両側)などの装備を加えた売れ筋モデルだ。

日産『セレナ e-POWER G』

標準モデルの最上位となるのが、『セレナ e-POWER G』だ。LEDヘッドランプとLEDフォグランプをフロントバンパーに組み込み、シャープな印象を与える。

また、5ナンバークラスの『セレナ』の頂点にふさわしい、「プレミアムインテリア」の合成皮革を採用する。

日産『セレナ e-POWER ハイウェイスター』

『セレナ e-POWER ハイウェイスター』はe-POWERを搭載するハイウェイスターシリーズのベーシックモデル。

「全方位運転支援システム」を標準搭載し、ハイウェイスター専用の「ダブル V モーショングリル」や縦長のリアランプを採用する。

日産『セレナ e-POWER ハイウェイスターV』

『セレナ e-POWER ハイウェイスターV』は『セレナ e-POWER ハイウェイスター』の装備をさらに充実させた人気のモデルだ。

超ロングスライドシート、ハンズフリーオートスライドドア(両側)などを採用する。

日産『セレナ e-POWER ハイウェイスターG』

日産『セレナ e-POWER ハイウェイスター』シリーズの頂点が『セレナ e-POWER ハイウェイスターG』だ。

「プレミアムインテリア」を標準装備。

シート地は豪華な合成皮革となる。

また、16インチのアルミホイールと195/60R16タイヤを標準装備する。

日産『セレナ e-POWER』でおすすめ人気グレード

日産のメーカーWebサイトによると、『セレナ e-POWER』のおすすめグレードは、『セレナ e-POWER ハイウェイスターV』と、『セレナ e-POWER XV』だ。

後述の中古市場でのシェアもこの2台が中心となっており、実際のユーザーからの支持が厚いことを示す。

【参考】日産セレナ

日産『セレナ e-POWER』の内装

『セレナ e-POWER』は、全車7名乗車となる。2列目シートは独立式のいわゆる「キャプテンシート」タイプだ。

グラスエリアの広さもあり、視界は良好。インスツルメントパネル中央に大型の液晶パネルスペースを持ち、ステアリングコラムにも必要なスイッチ類を配して、ドライバーの操作性を高めている。

さらに、『セレナ e-POWER G』と『セレナ e-POWER ハイウェイスターG』には、「プレミアムインテリア」の合成皮革を採用する。

日産『セレナ e-POWER ハイウェイスターV』の内装

では、人気2モデルの内装を確認したい。まずは『セレナ e-POWER ハイウェイスターV』だ。

内装色はグレー&ブラックかブラックを選択可能。

シート地にはジャカード織物/トリコットが使われる。

日産『セレナ e-POWER XV』の内装

『セレナ e-POWER XV』の内装色は、グレージュもしくはブラックが選べる。

シート地は織物/トリコットが使われ、シンプルな単色となっている。

日産『セレナ e-POWER』の燃費

『セレナ e-POWER』のカタログ燃費は、JC08モードで26.2km/L。ただし、『セレナ e-POWER ハイウェイスターG』のみ、23.4km/Lとなる。

日産『セレナ e-POWER』の価格

『セレナ e-POWER X』は299万7500円(税込・以下同)〜
『セレナ e-POWER XV』は322万6300円〜
『セレナ e-POWER G』は347万3800円〜
『セレナ e-POWER ハイウェイスター』は329万3400円〜
『セレナ e-POWER ハイウェイスターV』は349万9100円〜
『セレナ e-POWER ハイウェイスターG』は372万5700円〜

日産『セレナ e-POWER』の値引きってどれくらい?

2019年12月末現在の数値で、目安としてご紹介する。

通常の購入で10万円前後。競合車両を引き合いに出すと10万円〜25万円程度。オプション装備などを絡めるとそれ以上という状況のようだ。

ただし、強引な値引き交渉は決して行わないようにしたい。

日産『セレナ e-POWER』の中古車相場はどうなってるの?

2019年末時点での『セレナ e-POWER』の中古車相場は、大手中古車販売サイトで確認したところ、250万円〜400万円程度となっている。

※データは2019年12月下順時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用、操作はあくまで自己責任にてお願いします。

文/中馬幹弘

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年3月16日 発売

特別付録は進化した「超望遠12倍スマホレンズ」!5Gの最新情報や今買うべき新製品を一挙紹介!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。