人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

プラズマクラスター「25000」と「NEXT」の違いは?シャープの空気清浄機を買うならどれが正解か

2019.12.24

菌やニオイを抑制する効果があるプラズマクラスターは、「25000」や「NEXT」などの種類があり、違いがわからない……という方もいらっしゃると思います。シャープの空気清浄機を選ぶ際は、「25000」や「NEXT」の抑制できる物質や時間を参考に、使用場所に合ったプラズマクラスターを選んでみてください。

ここでは、シャープの空気清浄機のプラズマクラスター25000とNEXTを比較して、抑制スピードや抑制できる物質がどのように変わったかをご紹介します。

シャープの空気清浄機のプラズマクラスターは「25000」と「NEXT」で効果が違う! 

シャープの空気清浄機はニオイを脱臭する3つのフィルターや、プラズマクラスター「25000」や「NEXT」などを搭載した空気清浄能力の高い製品が販売されています。プラズマクラスター25000とNEXTではイオン濃度が異なり、清浄スピードに違いがあります。ここでは、プラズマクラスター25000とNEXTの違いや効果、空気清浄能力をご紹介します。

カタログでも紹介されているシャープの空気清浄機のプラズマクラスターとは?


プラズマクラスターは、菌の表面に付着したあと酸化力の強いOHラジカルに変化します。OHラジカルが菌の表面のタンパク質から水素を抜き取り分解することで浮遊・付着カビやアレル物質、ウイルスや菌を抑制してくれます。また、静電HEPAフィルターを搭載したモデルでは、0.3マイクロメートルの粒子を99.97%以上集塵するため、浮遊花粉や付着花粉の抑制にも効果的です。さらに、タバコ臭や汗臭、生乾き臭などの抑制や、静電気を抑える効果、肌にツヤを与える効果などもあります。

【参考】シャープ:プラズマクラスターとは

シャープの空気清浄機のプラズマクラスターはどれがいい? 「25000」と「NEXT」を比較


プラズマクラスター25000とNEXTは、イオン濃度が違うため抑制スピードや抑制できる物質が異なります。プラズマクラスター25000とNEXTを比較すると、「NEXT」のほうがイオン濃度が約2倍高いため、「25000」と比べると付着ウイルスの作用を抑えるスピードが約1.3倍に上がり、新たに付着ニオイ原因菌を除菌する効果や、付着したペットの皮膚特有の菌の作用を抑える効果が追加されています。

【参考】シャープ:プラズマクラスターの効果

シャープの空気清浄機のプラズマクラスターパワフルショットで臭いを強力消臭!


プラズマクラスターNEXTに搭載されている、後ろルーバーを閉じて前方に高濃度プラズマクラスターイオンを集中的に放出する「プラズマクラスターパワフルショット」では、プラズマクラスター25000と比較した場合、料理臭・ペット臭・タバコ臭・生乾き臭などの計7項目のニオイを約1.5倍素早く消臭することが可能です。さらに「NEXT」では、付着した排泄物臭の消臭効果が追加されています。

【参考】シャープ:パワフルショットの消臭効果

シャープの空気清浄機のプラズマクラスター25000とNEXTではフィルターも違う?


プラズマクラスター25000とNEXT は、0.3マイクロメートルの粒子を99.97%以上集塵する「静電HEPAフィルター」や、本体内部に侵入するホコリを低減する「抗菌・防カビ・ホコリブロックプレフィルター」は、どちらにも搭載されていますが「脱臭フィルター」が異なります。「25000」の場合、活性炭に吸着剤を加えることで汗臭などを吸着するダブル脱臭フィルターが搭載され、「NEXT」では窒素酸化物や硫黄酸化物などの有害ガスを低減するガスもと~る脱臭フィルターが搭載されています。

【参考】シャープ:プラズマクラスター25000

シャープの空気清浄機・プラズマクラスターの効果的な使い方


プラズマクラスター25000は「スピード循環気流」、NEXTには「ワイドスピード循環気流」で部屋全体の風の流れを素早く循環させる機能があります。どちらも壁から天井を気流が伝い部屋全体を循環させるので、遠くのホコリをよりパワフルに集塵するためにも、壁際から3cm以上離した場所に設置することが効率よく使用する秘訣です。また、ニオイが家具や壁に付着して生活臭の原因とならないためにも、24時間365日運転し続けることをおすすめします。

シャープの空気清浄機から酸っぱい臭いがした時は? お手入れ方法

空気清浄機は、部屋全体のホコリやニオイ成分を集めるため、アロマオイルや芳香剤、タバコや焼肉などの強いニオイのある環境で使用し続けるとフィルターにニオイが付着し、数週間から数か月でニオイを発することがあります。ニオイはホコリに比べて除去するのに時間がかかるので、強いニオイがある環境では換気をしながら使用することをおすすめします。ここでは、シャープの空気清浄機からニオイがした時の対処法やお手入れ方法をご紹介します。

プラズマクラスターを搭載したシャープの空気清浄機のフィルター掃除頻度は?


脱臭フィルターはニオイが気になる時、加湿フィルターは約1か月に1回程度の定期的なお手入れが必要ですが、こまめにフィルター掃除をすることで、ニオイの発生を抑えてフィルターを長持ちさせることができるので、ニオイが気になった時は掃除することをおすすめします。

【参考】シャープ:空気清浄機『KI-LP100』取扱説明書

シャープの空気清浄機の脱臭フィルター・集塵フィルターから臭いがする時は?

脱臭フィルター・集塵フィルターの汚れやニオイが気になる時は、フィルター表面に付いたホコリを掃除機で軽く吸い取ってください。集塵フィルターはタグのある面だけ、脱臭フィルターは両面お手入れしましょう。水洗いや天日干しをしてしまうと、フィルターの機能を失ってしまうので注意が必要です。

シャープの空気清浄機の加湿フィルターから臭いを取る方法

加湿フィルターの定期的なお手入れ方法は、加湿フィルターをトレーに入れたまま水洗いするだけで完了です。ですが、加湿フィルターに水道水中のミネラル成分が付着し、白く固まると部屋のニオイ成分を吸着してしまうため、加湿フィルターが乾く時にニオイを発することがあります。水垢やニオイが気になる時は、粉末の台所用合成洗剤や重曹を使用し、白い固まりが取れにくい場合は、クエン酸を使用してお手入れしてください。

シャープの空気清浄機のフィルターやプラズマクラスターユニットの交換時期は?

シャープの空気清浄機『KI-LP100』場合、プラズマクラスターイオン発生ユニットの交換が必要な時は、ユニット交換ランプ(赤)の点滅でお知らせしてくれます。1日24時間運転した場合、約2年で交換が必要です。脱臭・集塵・加湿フィルターは、約10年に1回の交換で大丈夫ですが、使用期間が10年以内でもニオイの原因が解消されない場合は、交換が必要な場合があります。

ウイルスや菌の抑制、脱臭効果の高いプラズマクラスター25000やNEXTを搭載したシャープの空気清浄機で、常に部屋の空気をキレイに保ってみてはいかがでしょうか。

※データは2019年12月中旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用、操作はあくまで自己責任にてお願いします。

文/Sora

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年2月15日 発売

DIME最新号は「6WAYキッチンオープナー」と「超快適マスク」の2大付録に注目!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。