人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「本当はやめたい日本の風習」1位に年賀状が選ばれた理由

2019.12.28

 日本人が「本当はやめたい日本の風習」、ナンバー1は年賀状。実際、発行枚数はピークだった2003年の44億枚から減り続け、昨年は24億枚に。ひとつの理由として思いつくのは、メールやSNSの普及だが、出さない理由の第1位は単純に「準備が面倒」となっている。

 さらに深刻なのは7位の「相手の住所がわからない」。近年は個人情報保護の観点もあり、連絡網も廃止する時代。住所を知るには相手に聞く必要がある。さらに「出す相手がいない」(8位)なら、いくら郵便局が宛名印刷なども請け負っても、販売枚数は増えないだろう。

 そんな時代に年賀状を出し続ける人の理由を見ると「毎年、年賀状をもらうので」「義理・しがらみで」といった、〝本当はやめたい感〟がうかがえる意見も少なくない。ペーパーレス化が加速している今、エコの流れからみても、本当になくなってしまうかもしれない。

年賀状

■ 本当はやめたい日本の風習ランキング

本当はやめたい日本の風習ランキング

2017  SUUMOジャーナル調べ

「節分の豆まき」「ひな祭り・端午の節句」といった風習もランクイン。日本の伝統が失われつつあることを象徴するデータといえる。

■ 年賀状を出す理由/出さない理由

年賀状を出す理由/出さない理由

2018  パイロットコーポレーション調べ

郵便局は年賀状を出す手間を省くべく、宛名印刷からポスト投函代行まで請け負っているが、その手続きすら面倒くさい人も多そう。

■ 年賀状を投函する時期

年賀状を投函する時期

2019  パイロットコーポレーション調べ

元日に届けるには12月25日までに投函する必要があるので、忙しい人には無理がある。期日が緩和されれば、投函する人が増える?

取材・文/編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。