小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

電気代が安くなるってホント!?エアコンをつけっぱなしにするメリットとは?

2019.12.21

「クーラーはつけっぱなしの方が電気代は安くなる」という意見がある一方で、「逆に高くなった」「火事が心配」という意見も挙がっている。今回は、エアコンをつけっぱなしにするするときに気になる1日の電気代、使用上の注意点を解説する。

クーラーのつけっぱなしは大丈夫なの? 電気代節約のコツを解説

エアコンは基本的にスイッチを入れたり切ったりして使う家電製品だ。近年の夏の暑さ対策に、何時間もつけっぱなしにして使用する人も多い。ここでは、エアコンをつけっぱなしにした場合の電気代や、何時間までの使用なら損をしないのかという点を中心に紹介する。

【参考】みんなが夏場のクーラーの乾燥対策でやっていることTOP5

エアコンと扇風機やサーキュレーターの併用は、本当に節電や冷却の効果を生むのか?

エアコンを何時間もつけっぱなしにするのはOK?

家庭でクーラーやエアコンをつけっぱなしにする場合、「これって大丈夫なのかな?」と不安に感じる人もいる。しかし、24時間営業のお店や、食品販売店などは常にクーラーをつけているため、使用方法としてはめずらしいことではない。ただ、電気代を抑えたい場合は、使用時間に注意する必要がある。

外出時のエアコンのつけっぱなしは何時間までなら損をしない?

「エアコンはつけっぱなしにした方がお得」という情報もあるが、実は1時間外出するときにエアコンをつけっぱなしにすると、損をしてしまう。ダイキン工業のサイトでは、午前9時から夕方6時までの時間帯の場合、30分以上の外出ならエアコンの運転をOFFした方が消費電力は少なくなる傾向があると掲載されている。

つまり日中家を空ける場合は、エアコンを切った方がお得という結果だ。

【参考】ダイキン工業株式会社mission5-1「つけっぱなしがお得”という説は本当なのかを検証せよ!」

エアコン暖房は何時間もつけっぱなしにするとクーラーよりも損する?

エアコンのつけっぱなしにするときに注目したいのは、外気温とエアコンの設定温度の温度差だ。

たとえば夏の外気温が36度、エアコンの設定温度が27度とすると、その差は9度だ。冬の場合外気温が8度、エアコンの設定温度が26度だと18度の差になる。この温度差が大きいほど、エアコンは設定温度に近づけるために、熱負荷が大きくなる。

このためエアコンの消費電力が高く、冬のほうが必然的に電気代は高くなる。ただし、10分~20分程度の外出ならつけっぱなしのほうが安くなることもある。理由は部屋の温度だ。部屋の温度が下がった状態から設定温度に戻そうとする電力より、現状維持の電力のほうが消費は少ない。

いずれも部屋の環境や気温条件によって結果は左右される。気温差を参考にしつつ、自分の環境に応じた判断が必要になる。

エアコン冷房を1日中つけっぱなしにすると電気代はどのくらい? そのほかデメリットも紹介

ここでは、エアコンの冷房を1日中つけっぱなしにした場合の、具体的な電気代について取り上げていく。

エアコンを24時間つけたままにした場合、1日の電気代はおよそ150円。こまめにスイッチを切った場合はおよそ120円。1か月(30日)で比較すると900円程度の差が出る。前述のとおり30分以上外出する場合、エアコンをつけっぱなしにするのは控えた方がよい。

さらにここからは、エアコンのつけっぱなしにまつわる様々な注意点を紹介しよう。

エアコンをつけっぱなしにすると本体の寿命が縮むことも

基本的にエアコンは24時間の使用ができるが、使用環境が整っていなかったり手入れが行き届いていなかったりすると、「フィルターにホコリが詰まる」「温度調節が上手くいかなくなる」などのトラブルが起こる可能性もある。

本体の寿命が縮む要因にもつながりかねないため、フィルターの手入れなどは日頃から行おう。

エアコンをつけっぱなしにすると火事になるという噂はほんと?

エアコンのつけっぱなしが火事の直接的な原因になることは少ない。エアコンには本体にも室外機にもセンサーがあり、異常があると停止するようになっている。通常使っている分には問題ないが、少しでもリスクを下げておいたほうが安心だ。

【外出時】エアコンのつけっぱなしで火事が起きないようにするには

エアコンのコンセントとプラグの間にホコリが溜まり発火する事例もある。こうした「トラッキング現象」を防ぐには、定期的にコンセントからプラグを外して、間に溜まったホコリを取り除くのが有効だ。もちろん、古いエアコンから新しいエアコンに買い替えたり、2~3週間に1回はエアコンを手入れしたりするのも重要だ。

万が一火事が起きても、多くの室内機や部屋にはセンサーがあり感知してくれるが、心配な場合は住宅セキュリティを強化したり、自宅カメラを設置したりしておこう。

エアコンだけでなく除湿機のつけっぱなしが火事につながることも

火事の要因となりうる電化製品は、エアコンだけではない。除湿機や空気清浄機が発火した事例もある。除湿器を使用する場合は、使用商品がリコール製品でないかチェックしておこう。

エアコン暖房のつけっぱなしの方が火事になりやすいわけではない

「クーラーよりも暖房の方が危険なのでは?」という声もあるが、暖房の方が火事になりやすいという実証はない。

エアコンをつけっぱなしにして旅行するのはだめ?

旅行で何日も家を空けるときに、エアコンをつけっぱなしにすることは危険なのだろうか。ここでは、エアコンを長期間つけっぱなしにする場合の電気代や注意点を解説する。

エアコンを2日間つけっぱなしにしたい! 電気代は?

夏場、エアコンを2日間つけっぱなしにする場合の電気代はおよそ300円。高い金額ではないが、同じような日が続けば当然金額は増えていく。何らかの理由がある場合のみ使用し、それ以外の場合は控えた方が安心だ。

長期旅行で一週間クーラーをつけっぱなしにしたい場合

植物やペットがいる場合、室内の温度を一定に保つためにクーラーをつけっぱなしにすることもある。1日およそ150円の電気代が7日分かかる計算となる。いずれの場合も、部屋の広さや気温状況によって消費電力は変化する。参考程度にしてほしい。

エアコンつけっぱなしで旅行をする場合、夏と冬で電気代はどう変わる?

先述のとおり、夏よりも冬の方が電気代は高い傾向がある。冬は夏と比べて電気代が(1~2人暮らしの場合)およそ500~2000円ほど高くなると言われている。冬の旅行中に暖房をつけっぱなしにする場合は、やはり電気代がかかることを覚悟しておこう。

少しでも電力を抑えたいなら、エアコンのタイマー機能を使うのも手だ。パナソニックのエアコンならWタイマーや同時入切タイマーが搭載されているものもある。自動で運転開始と終了が1日2回の設定や、毎日同じ時刻に運転開始と停止する設定もできる。

ペットがいる場合、エアコンつけっぱなしは必須!?

真夏に旅行をする場合は、ペットの熱中症対策としてエアコンが必要になることも。カーテンを閉めたり湿度を60%に保ったりするのも、ペットが快適に過ごすためのポイント。ペット用の冷却シートといった熱中症対策グッズもあるため、エアコンを省エネモードにする際は併用して対策しよう。

今回は、エアコンをつけっぱなしにしたときにかかる電気代や注意点を紹介した。エアコンは一定の時間や条件下ではつけっぱなしのほうがお得なこともあるが、環境によっては変わるため断定できない。電気代を抑えたいなら、エアコンのフィルターつまりなどにも注意しよう。余分な電気代がかかったり、故障等の原因になったりもする。定期的に清掃をおすすめしたい。

※データは2019年11月下旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用、操作はあくまで自己責任にてお願いします。

文/ねこリセット

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年5月12日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「Qi対応ワイヤレス充電器」! 特集は「2022年下半期 逆襲の資産運用プラン」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。