人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

イオンカードに付帯できる「イオンETCカード」。他のカードに比べてメリットはある?

2019.12.19

高速道路や有料道路で現金を出す必要がないため、各料金所でわざわざ停止することなくスムーズにゲートを通過できるETCカード。現在は多くのカード会社で取り扱われており、イオンからも「イオンETCカード」が発行されている。

イオンETCカードは、イオンでのお買い物でお得になるイオンカードに付帯できるETCカードとして便利に使うことができるなどメリットも多い。今回はあらためてイオンETCカードの概要やメリットについて紹介していく。

イオンのETCカードとは?

イオンカード発行のETCカードには、クレジットカードと分離型の「ETC専用カード(追加カード)」とクレジットカードと一体型の「イオンETCカード」の2種類がある。

ETC専用カード(追加カード)

ETC専用カード(追加カード)とは、クレジットカードとは別にETCカードの機能だけを持ったカードで、分離型カードとも呼ばれている。クレジットカードにETCカードを紐付け、ETCカードの利用代金はクレジットカードと同じ口座から引き落とされる仕組みだ。すでにイオンマークのカードを持っている人は追加でこのETC専用カードを申し込むことができる。

ETC専用カードはクレジットカードとは別々のカードなので、ETCを装着するETC車載器に挿しっぱなしにしておいても、問題ない。クレジットカードとETCカードが一体型だと、挿しっぱなしで盗難になった際、クレジットカードが不正利用されてしまう可能性があるが、ETC専用カードの場合はそのリスクがないのがメリットと言える。

イオンETCカード

イオンETCカードとは、クレジットカードとETCカードが一体になっているカードで、一体型カードとも呼ばれる。クレジットカード自体がETCカードの機能を持っており、お買い物での支払いとETCカードの機能を1枚にまとめることができる。

メリットはやはりカードを2枚(クレジットカードとETCカード)持たなくて良い点ではあるが、紛失時にクレジットカードが不正利用されるリスクも存在する。

イオンのETCカードは年会費・発行手数料が無料

どのクレジットカード会社でETCカードを作るかを比較する際に主に重視されるのが年会費と発行手数料であるが、イオンのETCカードは年会費・発行手数料ともに無料である。一般的に発行手数料が無料であることは多いが、年会費は楽天カード、三井住友カードがともに500円(税抜)かかるなど有料の場合もあるので、これはイオンのETCカードのメリットの1つであると言える。

ETCカードの発行日数

イオンカード発行のETCカードは、土・日・祝を除く平日の15時までに申し込みが完了した場合、申し込みの翌日に発送される。15時を過ぎた場合は翌々日の発送になるが、土・日・祝には発送されない。ただし、一体型のイオンETCカードはイオンカード(クレジットカードなので)入会審査があるため、手元に届くまでは2~3週間程度は必要となる。

イオンのETCカードの申し込み方法

イオンのETCカードは、オンライン上で申し込むことができる。すでにイオンカードを持っている場合は、ETC専用カードをオンラインから申し込むことが可能であり、まだイオンカードを持っていない人でも、イオンカードの新規入会と同時にETC専用カードを申し込むことができる。ただし、一体型のイオンETCカードはオンライン上で申し込むことができず、資料請求してから申込書を郵送してもらう必要があるので注意が必要だ。

利用料金引き落としの仕組み

ETC利用料金は、ETCカードと紐付けられたクレジットカードの決済時に登録の銀行口座から引き落としが行われる。つまり、クレジットカードをショッピングなどで利用した料金とETCカードの料金が同じ口座から引き落とされる仕組みだ。ただし、決済日は同じではないことが多く、基本的にETCカード利用料はショッピング利用料の支払いよりも2週間ほど遅れて引き落とされる。

紛失した場合は再発行が可能

ETCカードの再発行は基本的にはできないが、紛失・盗難・破損の場合は再発行が可能である。まず悪用防止のため、イオンカードの紛失・盗難ダイヤルに電話をしてETCカードを利用できない状態にしてもらい、その際に再発行を希望する旨を伝えれば、審査の後ETCカードを再発行することができる。

イオンのETCカードのメリット

ここからは、さまざまカード会社がETCカードを発行している中で、“イオンのETCカード”が持つ独自のメリットを紹介していく。

ときめきポイントが貯まる

イオンカードを買い物の際に利用した場合と同様、ETCカードの利用でもイオンカードのポイントである「ときめきポイント」が200円の利用につき1ポイント(ポイント還元率0.5%)貯まる。普段よくイオングループの店舗を利用する人にとっては、イオンのETCカードでときめきポイントを貯められて非常にお得だ。

イオンカードの優待施設を利用できる

イオンカード会員限定のサービスで、ホテル、旅館、レジャー施設、レンタカーなどを優待料金で利用可能となっている。車で旅行に行くときもイオンカードの優待施設を利用すれば割引されるので、これも大きなメリットの1つである。

ETCゲート車両損傷お見舞金制度あり

イオンのETCカードには「ETCゲート車両損傷お見舞金制度」が付くメリットもある。ETCゲート車両損傷お見舞金制度とは、ETC開閉バーで車両が損傷したとしても年1回まで5万円のお見舞金が支払われるというものだが、年会費無料でこの保険がついているETCカードは少ないので、ありがたい特典だ。

やはりイオンユーザーにはおすすめ

ここまでイオンのETCカードの概要について説明してきたが、イオンユーザーかつ日ごろ車を運転する人にとっては、やはりイオンのETCカードは何かとメリットが多いのは間違いない。興味を持った方はイオンのETCカードの発行を検討してみてはいかがだろうか?

※データは2019年11月下旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用、操作はあくまで自己責任にてお願いします。
※本記事はカードの利用を推奨する目的はありません。あくまで自己責任にてお願いします。

文/praia

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年2月15日 発売

DIME最新号は「6WAYキッチンオープナー」と「超快適マスク」の2大付録に注目!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。