人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

サステナブルな街並みが美しい!フランス人の住みたい街TOP3に入るボルドーの歩き方

2019.11.26

ボルドーといえばワインが有名すぎるけれど、フランス人の住みたい街ランキングでトップ3に入る人気の街。ガイドブック『ロンリープラネット』で「行くべき世界の都市」トップに選ばれたこともある。いったい何がそんなに魅力なのか。街を歩いてみると、サスティナブルな街並みが見えてきた。

ボルドーの市街地は自転車フレンドリーだった。

無架線トラムと自転車フレンドリーな街だった

ボルドー人気は2007年、ユネスコの世界文化遺産に登録されたのを機にブレイクした。歴史の古い街である。12世紀にイギリス領になって一大ワイン産地としての礎を築き、その後フランス南西部の玄関口、貿易港として繁盛してきた。

古い建造物を活かしながらモダンな街に脱皮しはじめたのは20年ほど前から。当時の市長アラン・ジュペ氏主導で始まった都市計画が、世界文化遺産として実を結ぶ。歴史的建造物として登録された建築物は350件もある。

街の観光名所ペイ・ベルラン塔から見渡したボルドー市街。

2017年には高速鉄道TGVでパリと2時間でつながったことで、ボルドー人気はさらに高まった。それまでは特急で3時間。飛行機なら1時間だが、空港からのアクセスなどを考えるとやはり3時間は見ておかなくてはならなかった。平日はパリで働き、週末は郊外で過ごす、そんな二拠点生活が珍しくないフランスで、ビジネスパーソンたちの注目も高まった。

中世の建築物が連なる街で、まず目に入ったのがトラム(路面電車)だ。やけにスッキリしたフォルムをしている。架線がないのだ。地面のレールから通電する仕組みになっていて、街の景観をくずさない。

街並みに溶け込んでいるトラム。

市の中心部と郊外を結ぶトラムは現在4路線。料金は1.7ユーロで1時間は乗り放題という仕組み。1ユーロ=120円で換算すると約200円。観光客にもうれしい料金設定だ。

歩行者、自転車のほか、トラムとバスの公共交通しか通らないピエール橋。

そして車が少ない。日中、業務車両は街の中心部に入れない規制があるそうだ。人々の足はもっぱらトラム。そして自転車だ。

市のシェアサイクルVCub(ヴェキュ)が充実している。登録時に200ユーロのデポジットが必要だが、1日の利用料は1.7ユーロ。1回あたりの利用時間が30分以内は無料。ステーションは街のあちこちにあり、24時間利用できる。支払いはクレジットカードでOK。また、スマホでステーションの位置と、今そこに何台の自転車があるかがわかる。ステーションは郊外にも設置されているので、街中からレンタルしてシャトー巡りもできる。サイクリングロードもシャトーに向けて6路線、完備されている。なんだかすごく進んでいる感じ。

キックボードに乗る人も目についた。日本のように若者だけでなく、おばさんもおじさんもフツーに乗りこなしていたのが印象的だった。

シェアサイクルVCubのステーション。

ボルドー市街に住んで20年来の日本人の通訳Nさんによると「最近、うちの前の道路が改修されて車線が減って自転車レーンが敷設された」とのこと。自転車フレンドリー化が進んでいる。

街の中心ガロンヌ川岸のサイクリングロードはキックボードも多かった。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年2月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDリングライト」!特集は「無印良品/ニトリ/イケア ベストバイ」&「テレワークに使えるベストPC選手権」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。