人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

早朝から深夜営業店まで!福岡・天神エリアの人気うどん店10選

2019.11.20

福岡市中央区の天神エリアには、多くのグルメスポットが存在する。その中で、隠れた人気を誇るのがうどん店だ。

本記事では、天神で人気のうどん店を紹介する。観光で訪れる方はもちろん、地元の方もぜひ訪れてみてほしい。

【目次】

朝から営業しているうどん屋

ランチにおすすめのうどん屋

夜遅くまで営業しているお店

朝から営業しているうどん屋

はじめに、朝から営業しているうどん屋を紹介する。各店の麺や出汁へのこだわりに注目してみよう。

因幡うどん(いなばうどん) ソラリアステージ店

因幡うどん(いなばうどん) ソラリアステージ店

因幡うどん(いなばうどん) ソラリアステージ店は、地元の人に愛され続ける老舗。足踏みで作られる生地を一晩寝かせて熟成させ、ふんわりとした食感に仕上げている。天然ものだけにこだわるダシも絶品。朝9時から営業。

出典 公式サイト|因幡うどん(いなばうどん) ソラリアステージ店

>>「食べログ」で情報を見る
>>「ぐるなび」で情報を見る

博多やりうどん 福岡店

博多やりうどん 福岡店

博多やりうどん 福岡店は、昭和42年に北九州市「折尾駅」で創業したお店。地産地消にこだわり、麺には福岡県産の小麦を使用している。柔らかくもモチッとした食感がクセになる。大きなごぼう天がのった「天下三槍」がおすすめ。月〜土は7:30から、日祝は8:30から営業している。

出典 公式サイト|博多やりうどん 福岡店

>>「食べログ」で情報を見る
>>「ぐるなび」で情報を見る

ランチにおすすめのうどん屋

ここでは、ランチにおすすめのうどん店を紹介する。ランチが気に入ったら、夜の時間にも訪れてみよう。

うどん和助 大名

うどん和助 大名

うどん和助 大名は、福岡の赤坂駅から徒歩3分のお店。"出来立ての美味しさ"にこだわり、注文が入ってから調理を開始する。夜の時間は、九州の地酒や一品料理も楽しめる。

>>「食べログ」で情報を見る
>>「ぐるなび」で情報を見る

武膳 福岡パルコ店

武膳 福岡パルコ店

武膳 福岡パルコ店は、麺の食感にこだわるうどん屋。何種類もの粉を配合し、独自にブレンドを行う麺に特徴がある。麺はしっかりとしたコシがあり、喉越しはすっきり。人気メニューは、「ごぼう天うどん」。

>>「食べログ」で情報を見る
>>「ぐるなび」で情報を見る

佐藤養助 福岡天神

佐藤養助 福岡天神

佐藤養助 福岡天神は、博多大丸本館2階にある稲庭うどんの専門店。ランチタイムは大盛りが無料で楽しめるのも嬉しい。お土産用の「稲庭饂飩」も販売されている。

出典 公式サイト|佐藤養助 福岡天神

>>「食べログ」で情報を見る
>>「ぐるなび」で情報を見る

能古うどん(ノコウドン) 天神ビル店

能古うどん(ノコウドン) 天神ビル店

能古うどん(ノコウドン) 天神ビル店のうどんは、喉越しとコシの強さが特徴。細麺を採用しているが、しっかりと歯ごたえが感じられる。天神地下街直結でアクセス抜群。女性一人でも入りやすい。

出典 公式サイト|能古うどん(ノコウドン) 天神ビル店

>>「食べログ」で情報を見る
>>「ぐるなび」で情報を見る

博多さぬきうどん 西通り大名店

博多さぬきうどん 西通り大名店

博多さぬきうどん 西通り大名店は、手打ち麺にこだわるお店。機械を使わずに、人の手で手間暇をかけて作られるうどんは、歯切れ・喉越しに特徴がある。昆布・にぼし・かつおを使う繊細な出汁も絶品。人気の「ごぼう天」と一緒に味わいたい。

出典 公式サイト|博多さぬきうどん 西通り大名店

>>「食べログ」で情報を見る

夜遅くまで営業しているお店

最後に、遅い時間まで営業しているうどん店を紹介する。飲み歩いた後の〆におすすめだ。

ウエスト 天神北店

ウエスト 天神北店

ウエスト 天神北店は、24時間営業のうどんチェーン店。柔らかさの中にもしっかりとコシを感じる多加水麺を使用している。人気メニューは、明太子の老舗「ふくや」とコラボした「明太釜玉うどん」。

出典 公式サイト|ウエスト 天神北店

>>「食べログ」で情報を見る

元祖肉肉うどん 中洲店

元祖肉肉うどん 中洲店

元祖肉肉うどん 中洲店は、西日本では珍しい"黒色スープ"のうどんを堪能できる。秘伝の醤油を使ううどんの中でも「肉肉うどん」は、やみつきになる人が続出。深夜4時まで営業している。

出典 公式サイト|元祖肉肉うどん 中洲店

>>「食べログ」で情報を見る
>>「ぐるなび」で情報を見る

麦衛門 (ムギエモン)

麦衛門 (ムギエモン)

麦衛門 (ムギエモン)は、天神にある讃岐うどんのお店。毎日手打ちする自家製麺は、その日の分だけ作り、"湯がきたて"を提供してくれる。刺身や天ぷらなどの和食メニュー、日本酒の種類も豊富。23時まで営業している。

>>「食べログ」で情報を見る
>>「ぐるなび」で情報を見る

 

※当記事に掲載している料金等の情報は、記事公開時のものとなります。

 

文/oki

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクトUSB加湿器」!特集は超保存版「キャッシュレス完全攻略」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。