人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

これも高売れブームのひとつ!?1本1万円のセレブネギ「モナリザ ネギ」はなぜ売れる?

2019.11.21

モナリザ ネギ

 トリュフにフォアグラ、万札が飛ぶ高級食材は世にあれど、今冬にリリースされるブランド長ネギ『モナリザ』は、1本1万円という仰天プライス。作ったのは、脱サラから新規就農して8年という若手農家の清水寅さんだ。

「ネギは味より形で評価されてしまう野菜。だから究極まで味を追求し、微生物学者や肥料会社も巻き込んでイチから農の在り方を新構築しました」(清水さん)

 理想の味を目指して作った最初のネギ『寅ちゃんねぎ』は糖度21.6度を記録。甘いだけではなく、身はきめ細かく、たくさん食べても飽きない不思議なおいしさで消費者を一気に魅了した。専用の畑からポテンシャルの高いネギだけを厳選して生まれた『真の葱』は、さらに甘く太さを増し、8~10本入りで1万円という価格でも完売。翌年もリピーターがつくという実績を作った。現在栽培中の1本1万円の『モナリザ』は、『真の葱』よりさらに厳選、350万本に10本しかとれぬプレミアものだ。ネギとは思えぬブランド名も「もはや、芸術品」という意が込められている。かつてない清水流の野菜作りに共感する農家も追従しており、セレブな野菜が食卓をにぎわす日もそう遠くないかもしれない。

 高額ではあるがどんな味!?という好奇心、高級家電やクルマと違って「がんばれば買えそう」な価格が消費者の心をくすぐる。プチセレブな食材は今後も増えそうだ。

『モナリザ』

通常の太さの3倍近い『真の葱』。『モナリザ』はさらに太く、かつてない味となる予定。

清水寅さん

ねぎびとカンパニー代表の清水寅さん。糖度の高い『キスより甘いほうれん草』も作っており、8倍の価格で取引されることもあるそう。

取材・文/嶺月香里

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年6月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホシアタースタンド」! 特集は「理想のワーケーション」、「eスポーツギア」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。