人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

賢者がガチ評価!国際線エコノミークラスのおいしい機内食ランキング

2019.12.01

JAL

国際線機内食/エコノミークラス編

エコノミークラスの機内食はイマイチというのはもはや過去の話だ。調理方法や保存技術の進化により、そのクオリティーは急速に向上。さらに、有名料理店とのコラボメニューや特別オーダー機内食の登場など、各エアラインとも趣向を凝らしたメニューを開発している。目で楽しんで、舌で味わい旅の思い出に。

国際線機内食/エコノミークラス編

本誌エアライン ランキング算出方法

4賢者の持ち点はそれぞれ25点とし、最高得点は100点とする。なお、各氏とも最低5社は点数化するものとする(一部は4社)。

【国際線機内食は以下のエアラインが対象】

JAL、ANA、シンガポール航空、キャセイパシフィック航空、ユナイテッド航空、デルタ航空、ルフトハンザドイツ航空、エールフランス航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、エミレーツ航空、カタール航空、ニュージーランド航空

[航空事情に詳しい賢者4人]

航空・旅行アナリスト、帝京大学非常勤講師 鳥海高太朗さん
航空写真家 Charlie FURUSHOさん
航空ジャーナリスト・『機内食ドットコム主宰』 Rikiyaさん
トラベルジャーナリスト 橋賀秀紀さん

1位 JAL

独創的なメニューで機内食ファンを魅了

若き料理人による料理コンペティション「RED U-35」入賞者によるメニュー、また、吉野家などおなじみの有名店とのコラボメニューなど、長距離路線では従来とは一線を画すユニークな機内食を提供。また、ハワイ線や一部の中国線向けをはじめ、短中距離路線にもシェフ監修メニューや空弁スタイルの機内食を採用するなど、味へのこだわりに加えて、飽きさせない工夫も徹底している。

JAL

RED U-35の主菜は2種類から選べる。10月現在は写真の「牛バラ肉とトマトのピリ辛煮込み」またはフレンチ。

JAL

ハワイ線だけのオリジナルメニュー、若鶏のディアブル風。ビジネスクラスを担当する生江史伸シェフが監修した。

JAL

吉野家など有名店とのコラボ、「AIRシリーズ」は長距離線の2食目に提供。

〈橋賀's EYE〉デザートのクオリティーも高く、ワインも料理に合ういいものを選んでいます。

〈鳥海's EYE〉若手シェフが手がけるメニューは食べる価値アリです。吉野家の完成度も高いですね。

2位 ANA

今日は特別メニュー……そんなオーダーにも対応

ご当地カレーなど、日本の地域食材を使ったメニューにこだわるANA。ビジネスクラス以上で提供されてきた自社製パンを羽田・成田発便のエコノミーにも用意するなど、クオリティー向上にも力を入れている。今年4月からは食材や味つけ、見た目にもこだわった有料機内食も事前予約でオーダーできるようになった。

ANA

(上)アペタイザーとメイン、ピエール・エルメ監修のデザートからなる有料機内食は2500円。(右)標準の機内食は男性でも十分なボリューム。

〈Rikiya's EYE〉ANAはトータルでのバランスが優れていて、どれを選んでもハズレはありません。パンのおいしさもあなどれません。

3位 シンガポール航空

美食の国らしくハイクオリティー

エコノミーでは和食とインターナショナルセレクションから選択可能。ボリューム、味つけともに世界的な評価も高い。プレミアムエコノミーでは3種類から選べ、さらにメインコースが選べる本格的なダイニングサービス〝ブック・ザ・クック〟も事前予約可能だ。

シンガポール航空

日本発着便では和食と2種類の洋食が用意される。10月より新メニュー。

〈Charlie's EYE〉味つけがいいのはもちろんですが、食材にもしっかりコストをかけていて、いいものを使っています。

● One more thing…プレミアム・エコノミーは機内食もリッチ

プレミアム・エコノミーは機内食もリッチ

プレエコの機内食はエコノミーと共通というのが一般的だが、ニュージーランド航空では専用メニューから選ぶことが可能となっている。また、ワインのグレードアップや食器類が陶器製になるなど、優雅な食事が楽しめる。

取材・文/村田尚之

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。