人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

アメリカのオーガニックスーパー「Whole Foods Market」が発表した2020年の食のトレンドキーワード10

2019.10.30

アメリカのオーガニックスーパー「Whole Foods Market(ホールフーズ)」から、2020年の食トレンドが発表された。

バイヤー、料理家などを含む50人以上のホールフーズのスタッフが、消費者の嗜好データ、自身の業務上での経験、食品およびウェルネス業界の展示会での人気商品などを元にまとめた、10個のキーワードを元に2020年の食トレンドについて見ていこう。

1.小麦粉の代替品

グルテンフリーが高まるアメリカで注目されるのが、小麦粉の代替品となる粉。

エチオピアの伝統食品「インジェラ」に使用されるテフやアーモンド粉だけでなく、野菜や果物から作られたユニークな粉(カリフラワー粉やバナナ粉)が注目される。

2.西アフリカ料理

中東や西ヨーロッパからの影響を受けて独自の食文化を構築している西アフリカ料理。

栄養価の高い穀物「テフ」を薄くクレープ状にして、ペースト状にした豆や野菜をつけて食べる料理「インジェラ」

「第二のキヌア」とも呼ばれる、クスクスのような食感で、主食にもなる穀物「フォニオ」

Photo:https://www.thedailymeal.com/

薬や美容、健康のために利用されていたため、「奇跡の木」とも呼ばれている「モリンガ」

栄養価の高いスーパーフードが沢山ある西アフリカの食に注目である。

3.冷蔵スナック

一昔前までスナックと言えばクッキーやバーなど、常温のものが主流であったが、今後のスナックのキーワードは「フレッシュ」

冷蔵庫で保存しておき、冷蔵庫から出したら直ぐに食べられる、手軽で栄養価の高いスナックがアメリカでは続々登場している。

例えば、スターバックスが発売しているプロテインボックス(日本未発売)。

あるいは、PECKISHが販売している、ゆで卵とシーズニングがセットになったスナック。

Photo:https://perfectlypeckish.com/

4.再生農業

土壌の肥沃度の改善、生態系の改善、気候変動の防止に焦点を当てた農業システム「再生農業」。

再生農業に取り組んでいるブランドとして知られているのが、アメリカ・ジョージア州にある農場「White Oak Pastures」。

ここでは、飼育動物の食用にならなかった部位を堆肥にするなど、廃棄物ゼロを目指した農業方法を行っており、Growing Green賞など数々の賞を受賞している。

Photo:https://www.whiteoakpastures.com/

5.大豆以外の植物性食品

大豆で出来たフェイクミート「beyond meat」をはじめ大豆を使った植物性食品が大ブレイクした2019年であったが、様々な消費者の嗜好に対応するため、2020年は緑豆、ヘンプシード、アボカドと言った、大豆以外の植物性食品にも注目が集まっている。

アメリカのレシピサイトで最近よく目にするのが、ヤシの木の中心部にあるホワイトアスパラガスのような食材を使って作った「Hearts of Palm Cake」というパンケーキ。

Photo:https://www.thedailymeal.com/

このような、大豆以外の植物を使った植物性の料理が今後増加すると予想している。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。