人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

SUV感覚の軽クロスオーバー、三菱「ekクロス」に乗ってわかった○と×

2019.10.22

2019年は軽自動車の革新元年というべき1年だった。プロパイロットやSOSコールまで用意した日産デイズを皮切りに、その兄弟車と言える新型三菱ekシリーズがデビュー。そしてダイハツから新型タント、ホンダからは新型N WGNが登場。どれもこれまでの軽自動車の概念を変える、一家に一台のファーストカーになりうる実力、走行性能、使い勝手、居住性、燃費性能、先進運転支援機能を備えているのが特徴だ。

ここではその中から、新型ekクロスの試乗記をお届けしたい。ekシリーズは、三菱と日産の合弁会社NMKVが企画し、三菱の水島工場で生産されるところは先代同様だが、今回は日産がいちから開発。三菱の軽自動車造りのノウハウと日産の先進技術が融合したハイト系ワゴンである。しかし、デイズが標準車とカスタム系のハイウェイスターというこれまで通りのラインアップとしている一方、ekシリーズは標準車に加え、三菱らしいSUV感覚のクロスオーバーモデル、ekクロスをそろえたのが新しい。

その顔つきは新型デリカD:5にも通じる、三菱のフロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」を採用。クラスを超えた迫力がみなぎるそのフルタイム4WD版は、まさに軽自動車界のデリカ!?と呼べそうなキャラクターを持つ。パワーユニットは3種類を用意する。先代のウイークポイントだったNAユニットはトルクをライバルと同じ6.1kg-mまで高め、その発生回転数を低めたことで、過不足なくしっかりと走れるNAエンジンに進化。また、ekクロスはNA、ターボともに、デイズ同様のぜいたくなリチウムイオンバッテリーによるマイルドハイブリッド機構を新採用。微小ながらもモーターによる加速アシスト(加速時最大30秒)が得られるのだ。可変速CVTによっては、ATのようなステップアップ感ある変速、加速をも可能にしている。

パッケージ面も新しい。先代比でホイールベースを65mm伸ばし、後席ニースペースを何と70mm拡大。後席を常用するような用途でも、4名全員が快適にドライブを楽しむことができるわけだ。

が、新型ekシリーズ最大のハイライトと言えるのは、日産で言えば、高速道路同一車線運転支援技術のプロパイロットと同じ内容の「MI(マイ)パイロット」を標準車Gグレード、ekクロスの双方に用意したこと。デイズではハイウェイスターにのみの設定だ。

しかもACC(アダプティブクルーズコントロール)機能は、渋滞追従機能を完備(作動範囲は0~115km/h)。ターボモデルであれば、フル乗車での高速道路を利用した長距離ドライブもストレス最小限でこなせることになる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。