人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

乗り心地がめちゃ快適になった!ホンダ新型「N WGN」はお買い得?

2019.10.19

今回の新型ホンダN WGNは、既報の標準車、NA、カスタムターボに続き、ある意味、レアグレードの標準系ターボモデル、L・ターボ Honda SENSINGの試乗記をお届けしたい。L・ターボ Honda SENSINGの価格は10%の消費税込みで152万1200円。NAのL Honda SENSINGが136万4000円。カスタムL・ターボ Honda SENSINGが169万4000円となり、L Honda SENSINGに対して15万7200円高く、カスタムL・ターボ Honda SENSINGに対しては17万2800円安い。つまり、L Honda SENSINGとカスタムL・ターボ Honda SENSINGのちょうど中間という価格になるわけだ。

ズバリ、最初に述べておくと、L・ターボ Honda SENSINGは、カスタムより、新型のテーマとなる「ニューシンプル」らしさをより強く感じさせる標準車のエクステリアデザイン、明るいインテリアがお気に入りだが、いかに新型N WGNのNAの動力性能が街乗り、高速走行を含め必要十分だとしても、長距離の高速走行、登坂路走行、フル乗車する機会が多いので、1.3L並みのトルク、パワーを誇るターボエンジンは不可欠・・・という人にぴったりの選択ということになる。

標準車のほのぼのとしたエクステリアにターボエンジンという強心臓を搭載したL・ターボ Honda SENSINGは、NAのL Honda SENSINGに対して15万7200円高だが、L Honda SENSINGではオプションのLEDヘッドライト(夜間の安全視界に直結)、アレルクリーンプラスシート、オートリトラドアミラー、そしてスポーティーな走りのシーンだけでなく、首都高や高速道路などでのスピードコントロールのしやすさ、スムーズな減速効果も得られるパドルシフトまで付いているのだから、ターボエンジンを含む商品力という点では、価格差は一気に縮まるという印象だ。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。