人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

3万円台半ばで買える低価格が魅力の第7世代iPad、どこまで「iPad Pro」に近づくことができたのか?

2019.10.17

■連載/石野純也のガチレビュー

 第7世代のiPadが、2019年9月30日に発売された。大手キャリアも10月には販売を開始。第6世代で舵を切った低価格路線は継続しており、Wi-Fi版であれば、価格はわずか3万4800円から。初めてのiPadとしても、気軽に購入できそうな価格ながら、Apple Pencilはもちろん、第7世代からはSmartKeyboardにも対応し、“Pro並み”の作業もこなせるようになっている。

 もちろん、iOSにiPad用の機能を大幅に加えて登場した「iPad OS」を内蔵。複数のアプリを同時に開くマルチタスクが強化されたほか、ファイルアプリがマルチカラムに対応したり、ウィジェットをホーム画面の1画面目に常時表示できたりと、使い勝手も進化している。

 一方で、実際に使ってみると、やはり価格なりの部分があることも事実。割り切るべきところは潔く割り切りながら、低価格を打ち出した印象も受ける。では、第7世代iPadはどこが優れていて、上位モデルとは何が違うのか。実機を使って、その実力を検証した。

ディスプレイは10.2インチに拡大、ベゼルもすっきりでAir風に

 まずはディスプレイとデザインを見ていこう。第7世代iPadは、初代から脈々と続く、9.7インチのディスプレイをついに捨て、そのサイズを10.2インチに拡大した。とはいえ、拡大したのは0.5インチほど。6インチ前後のスマホだと0.5インチの差は大きく感じるが、タブレットサイズになってくると、しっかり比較しなければ、その違いはわからないかもしれない。しかし、見比べれば確実に大きくなっているため、わずかだが、映像の迫力も増している。

ディスプレイは10.2インチ。第6世代よりわずかだが、サイズが拡大している

 それ以上に、前面のデザインが、より現行モデルのiPad Airに近づき、スッキリした印象になっている方に目がいくはずだ。厚みだけはiPad Airよりもあるため、空気を意味する“Air”を名乗っていないものの、縦横のサイズはスペック表でもピッタリ一致している。ディスプレイサイズはiPad Airより0.3インチ小さいため、そのぶん、ベゼルの幅はあるが、第6世代までのiPadと比べると画面の占有率は高まっている。スッキリした印象なのは、そのためだ。

左右のベゼルが細く、スッキリした印象になった

 ディスプレイは、Retinaディスプレイの基準を満たしており、解像度も高いため、動画などの映像を楽しむにも十分なクオリティだ。ただし、例えば色域がP3に対応していなかったり、環境光に応じて色温度を変えるTrue Toneが搭載されていなかったりと、上位モデルよりは機能が少ない。どこまでこだわるかにもよるが、筆者の場合、P3は目視で気づけなかったが、True Toneがないことはすぐにわかった。さらに、それを必要とするかどうかという観点もあるが、少なくとも、こうした点が、価格の差に反映されていることは覚えておきたい。

 映像の見栄えだけでなく、使い勝手にも影響があるのが、フルラミネーションディスプレイの有無だろう。これは、液晶とガラスを一体化させる技術のこと。メリットは、映像がガラスそのものに表示されているように見えることだが、残念ながら第7世代のiPadは、非対応だ。ネックになるのが、Apple Pencilを使う場合。ガラスの下の少し離れたところに書いたものが反映されるため、本物の紙とペンを使っているかのような感覚がやや薄くなり、ペン先の滑りがいいことと相まって、慣れが必要だと感じた。

フルラミネーションディスプレイには非対応なため、ガラスと液晶の表示部分には、すき間がある

気軽に持ち運べるSmartKeyboard、その使い心地は?

 iPad Airと同じ筐体にしたのは、ディスプレイを大画面化するためというより、SmartKeyboardに対応させるためという色合いが濃い。厚みは異なるが、第7世代のiPadにも、iPad Airまでと同じSmartKeyboardを装着することができる。このSmartKeyboardは、過去にiPad Pro用として販売された第1世代のもので、ケースとしても利用できるが、背面は隠れない仕様になっている。

側面のコネクターにSmartKeyboardが装着できる

SmartKeyboardは前面のガラスを守るカバーにもなるが、背面は隠れない

 ハードウエアそのものは過去のものと同じため、打ち心地などは変らない。本格的なキーボードと比べればストロークは浅く、強く打つと反動で指が少々痛くなる。その独特な打鍵感は、慣れるまで少々時間がかかるはずだ。慣れれば普通の速度でタイピングはできるものの、やはりノートパソコンなどのキーボードと比べると、打ち心地は一段劣る。また、サイズもiPadの長辺に合わせているため、やや横幅が狭く、体の大きな人だと、肩をすぼめるようにしてタイピングしなければならない。

ストロークは浅く、慣れは必要だが、長文を打つこともできる

 とはいえ、慣れてしまえば、ある程度なら長文を打つこともできる。筆者の経験だと、2000文字程度の原稿であれば、あまり苦痛を感じることなく、普通に書くことはできた。iPad OSが導入され予測変換の精度が上がっていることも、入力のしやすさに貢献している印象だ。また、どうしても慣れないという場合は、無理にSmartKeyboardを利用する必要もない。サードパーティやアップル自身が販売しているBluetooth対応キーボードを利用する手もあるので、覚えておきたい。

 Apple Pencilは、第1世代のもので、現行モデルでは、iPad AirやiPad miniと共通している。ハードウエア自体は同じものだが、こちらもiPad OSでレイテンシー(遅延)を削減しており、追従性が上がった格好だ。元々20msだったのが9msと、1/2以下になっている。とはいえ、20msだった時でも十分書き心地はよく、正直なところ、iPad OSでの違いがわかる人は、かなりペンにこだわりのある人ぐらいかもしれない。感覚的な話をすると、「なんとなく、書くのがスムーズになったかな?」と思うレベルで、劇的に変わったわけではない。

Apple Pencilの書き心地も、以前のモデルより上がっている

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。