小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

好きなフレグランスの香りランキング、女性1位はローズ・フローラル系、男性1位は?

2019.10.13

女性の香りに気づいても、親しくない男性が声をかけるのはNG

自分のつけている香水に気づいて声をかけられたらどう思うかを、声をかけられた相手別に尋ねる調査が行われた(表5)。

すると、男女ともに「親しい人」に声をかけられるほうがうれしい点では変わらないものの、男性は親しい「異性」の場合が最もうれしく、女性では親しい「同性」の場合が最もうれしいという違いが。

男性は異性に気づいてもらいたい、女性は同性のほうがよりうれしいというギャップが面白い。いずれの条件でも女性のほうが男性より“うれしい”計が高く、相手が誰であろうと、女性は香りに気づいてもらうとうれしい人が多いようだ。

ただし注意したいのが、「むしろ、声をかけられたくない」の項目。女性は相手が「親しくない異性」の場合、「むしろ、声をかけられたくない」が2割近いのだ。

表3にも見られたように、女性はオフタイムに香水を楽しむ傾向があり、“香り”に触れることはプライベートゾーンに踏み込むことになりがち。男性は、女性の“香り”に気づいたとき声をかけるなら、そのあたり心得ておく必要がある。

さらに今度は、誰かの香水に気づいたとき声をかけるかどうか、ふだん香水を使わない人も含めた全員を対象に尋ねる調査が行われた(表6)。男女ともにいずれの条件でも、「香りの好き嫌いにかかわらず、声をかけない」が高くなった。

特に相手が「親しくない人」の場合、8割前後を占めている。しかし、相手が「親しい人」の場合、「いい香り・好きな香りのときだけ、声をかける」が増加し、特に女性で相手が「同性」の場合に、最も高くなっていた。

一方で、いずれの間柄でも「嫌いな香り・香りが強すぎるときだけ、声をかける」は少数。「いい香り・好きな香り」のときは積極的に声をかける仲のいい女友達でも、強すぎる香りを指摘することには抵抗があるようだ。他人から指摘してもらえることが少ない分、つけすぎには自分で注意したいものだ。

配偶者・パートナーのいる男性は香水をやめるべき?

配偶者・パートナーのいる人を対象に、相手に香水をつけてほしいかどうか尋ねる調査が行われたところ、“つけてほしくない”計が7割を超えた。男女別では女性のほうが高くなっている。

一因として、やはり男性の香水に抵抗を感じる人もいることが考えられる。もう一つには、“香水をつける=異性へのアピール”というイメージがあること。

表4でも、「異性の気を引くため」に香水をつける人が多かったのは男性だった。配偶者・パートナーのいる男性は、下手に香水を使うと、“浮気”を疑われてしまうかも…?

ふんわり香れば好印象、強すぎれば不快感…香水は種類より“つけ方”

最後に、回答者から寄せられた香水に関するイメージやエピソード、香水のつけ方のこだわりなどを一部抜粋して紹介していきたい。

香りの好き嫌いもさることながら、強すぎる香りやつけすぎに悩まされた経験を持つ人が多数。

「すれ違いざまにふんわり香るくらいがよい」とのコメントに代表されるとおり、ほのかな香りなら周囲に好印象を与えているようだ。まさに、香水はつけ方、使い方しだいで印象が変わることを如実に示している。

「似た香りをかぐと当時のことを思い出して懐かしく感じる」など、香りが記憶を呼び覚ましたというエピソードも。香りでいい印象が残せるよう、程よく上手に香水を使っていきたいものだ。

《 香水のイメージ、香水にまつわるエピソード 》

【肝心なのはつけ方】
● すれ違いざまにふんわり香るくらいがよい印象を受けます。(女性・40代)
● 上手に使っている人は、身だしなみに清潔感があると思う。(女性・30代)
● 好きな香りなら男女を問わず好感が持てるが、嫌いなにおい強すぎるにおいには嫌悪感を覚える。(男性・50代)

【気づかれると、うれしい】
● 何年も前だが、オフで出かけるときのみ香水を使用していた。ワンプッシュを手首につけて両手でこする程度。知人に「何かつけてる? いい香りがする」と言われたときはうれしかった。(男性・40代)
● 名刺に香らせているのを気づいてもらえるとうれしい。(女性・40代)

【つけすぎNG! “残り香” “移り香”も】
● 電車の中で香水の強い人がいて、気分が悪くなり車両を変わったことがある。たぶん本人は気がついていないと思う。(女性・60代以上)
● エレベーターの残り香で気分が悪くなったことがあるので、あまりいいイメージが持てない。(女性・50代)
● 女性が使っていることが多いと思うが、微妙に香りが移るのか、浮気を疑われる。(男性・50代)

【つけ方のこだわり】
● 自宅のお風呂に入るときに、溜めたお湯にひと吹きかけて入っている。いいにおいで、私自身もリラックスできるし、周りの人もいいと言ってくれた。(女性・20代)
● あまり強い香りは好きではないので、香水を上に向けてプッシュして、においのカーテンをくぐるくらいが好み。(女性・30代)

【懐かしい、“あのときの香り” 】
● 昔つきあっていた彼がつけていた香水の香りが街中で香ったときに、「このにおい、彼がつけてた香水だ」と、においで覚えていることなどがありました。(女性・30代)
● 若い頃につきあっていた方が、軽めに香水をつける人だった。何の香水かはわからなかったが、今でもデパートで似た香りをかぐと当時のことを思い出して懐かしく感じる。(男性・30代)

<調査概要>
調査機関:株式会社プラネットによる調査企画をもとに、インターワイヤード株式会社にて「香水」に関する意識調査を実施。
期間:2019年8月8日~9日、インターネットで 1,110人から回答が得られている。

出典元:株式会社プラネット

構成/こじへい


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年12月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「7色に光る!LEDメモボード」、特集は「2022ヒット商品BEST100」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。