人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

PCやスマホの画面を凝視する人は要注意!若い世代に急増する「スマホ老眼」と「夕方老眼」

2019.10.05

日々パソコンとスマホの画面を凝視している現代人。その生活習慣が目に良いはずもない。

夜になるとちょっと目が疲れる程度で特に何も問題ない? たしかに若いうちはそうだろう。しかし、年齢を重ねるにつれて目の不調、悩みは増えていくものだ。

そこで今回、メガネチェーン店「JINS」などを運営するジンズによる、「40代からのアイケア」についてまとめたレポートを紹介していきたい。

40代から急増する目の病気・不調

加齢に加え、パソコン・スマホ使用による目の酷使、食の欧米化や運動不足が原因で40代以降は、以下のような目の病気のリスクが高まると言われている。

若い世代でも増えている「スマホ・夕方老眼」や過労による目の疾患

昨今はスマホなどの長時間使用やストレスで、若い世代にも今まで少なかった目のトラブルが増えている。

■スマホ・夕方老眼

現代のネット社会では、スマホやパソコンなど、四六時中何かを見ている状態だ。こうした目の使い過ぎで、若い人でも、老眼のように近いところが見えなくなる症状が増えている。

その症状とは、スマホなどの長時間の使用で、目が疲れて物が見えにくくなる「スマホ老眼」、夕方になると近くが見えにくくなる「夕方老眼」など。

これは目の酷使により、一時的に調整力が落ち、ピントが合わなくなるのが原因。目の焦点が合いづらいだけではなく、目が疲れやすい、目がかすむなどの症状も。

重度になると、頭痛や肩こりを引き起こすこともある。最近では目の向きがずれる斜視が急激に起こることもあり、注意が必要だ。

■過労による目の疾患

過労や精神的ストレスが原因で、目の筋肉が過度に緊張し、その結果、目がショボショボする、目の奥が痛い、かすむ、充血する、目が乾くなどの症状が起こる。

疲れ目、かすみ目などの場合は、市販の目薬をしばらく使ってみて、症状が改善しない場合は眼科を受診しよう。

生活の中でできる目のケア

■スマホ・PCは1時間ごとに目の休息を

スマホやパソコンを長時間連続で見ると、疲れ目、目の痛み、視力低下やドライアイなどの原因に。ディスプレイを1時間見続けたら15分程度休むなど、目に休息を与えよう。

■紫外線・ブルーライトなどの光対策をする

紫外線、ブルーライトは、少しずつ目にダメージを与えるので、日頃からこれらの光をカッとする機能のついたメガネをかけよう。

スマホやパソコンでの作業時は、ブルーライトカット仕様のメガネを常にかけるか、保護フィルムを画面に貼ることをおすすめする。

■目の血流を悪くする喫煙はNG

喫煙は、血管を収縮させるため、目の中の毛細血管に悪影響を及ぼし、糖尿病網膜症、加齢黄斑変性、緑内障などの病気が進行しやすくなる。

特に40~50代の喫煙者は、加齢黄斑変性のリスクが高まる。受動喫煙も同様なので周囲へも配慮を心がけよう。

■野菜の抗酸化力で目を健康に

抗酸化作用のある食べ物は、水晶体の老化抑制をサポートする。ビタミンAの多いニンジンやほうれんそう、小松菜、ビタミンCが豊富なイチゴやレモン、ビタミンEが多いナッツ類などを積極的にとろう。ルテインやブルーベリーのサプリメントも役立つ。

40歳を過ぎたら不調がなくても目の検診を!

失明の原因トップと言われる緑内障は、早期発見できれば目薬で進行を止められる。しかし自覚症状が出るのは、相当病状が進んでから。

40歳以上なら、目の不調を感じなくても1度は検診を受けよう。また目の網膜は、身体の外側から血管の状態が観察できる唯一の器官だ。

そのため眼底検査で目の病気だけでなく、高血圧や糖尿病など生活習慣病の状態がわかることも。様々な病気の早期発見のために、眼科での定期検診は大切だ。

出典元:株式会社ジンズ

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。