人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

室内用、屋外用、車載用のおすすめはどれ?BOSEのスピーカーの失敗しない選び方

2019.11.20

重低音の響きに定評があるBOSEは、世界的な音響メーカーです。BOSEのスピーカーは種類豊富なので、それぞれの特徴を知り、用途や価格など自分に合った商品を選びましょう。失敗しないスピーカーの選び方と、BOSEのおすすめ商品を紹介します。

スピーカーをBOSEで買うならどう選ぶ?

数ある音響メーカーがスピーカーを販売していますが、中でも世界的にシェアが高いのが「BOSE」です。

BOSEのスピーカーはラインナップも豊富で、評判の高さから購入を検討している人にとっては、予算や目的に応じた選択ができる反面、どのスピーカーを選んだら良いのか悩んでしまうケースもあるでしょう。

BOSEのスピーカーの上手な選び方について解説します。

シーンや場所で選ぶ

まずは「使用場所」や「シーン」に合わせて選んでみましょう。自分の部屋やリビングなど、スピーカーを移動させずに使う場合には、大型のスピーカーシステムがおすすめです。スピーカーシステムならば、自宅でシアタールームのような迫力ある音が楽しめます。

プールサイドやレジャーなど使う場所に水がある時は、「防水機能」がついているモデルがおすすめです。アウトドアや屋外での使用も考慮すれば、合わせて「防塵機能」付きモデルにしておくと安心して使えます。

自宅外に持ち出して使ったり、車に持ち込んだりする場合などでは、配線の煩わしさがないBluetooth対応のスピーカーが便利です。

臨場感や重低音など音の質で選ぶ

臨場感や重低音など高い音質のスピーカーを探している人には、BOSE独自の「Direct/Reflectingスピーカーテクノロジー対応」のモデルがぴったりです。

「Direct/Reflecting」は、壁に当たった反響音を調整するシステムのことです。直接音と反響音をバランスよく調整するため、普通のスピーカーと比べて、「臨場感・迫力のあるサウンド」を楽しめます。

また、迫力ある重低音を楽しみたい人は「デュアル・オポージング・パッシブラジエーター対応」の商品を選びましょう。向き合った一対の振動板が振動することで音域を豊かに表現するため、中高音域をクリアに伝えるとともに低音部分を増強してくれます。

大音量で聴くなら許容入力を確認

音楽を大音量で聴くならば、音割れすることなく「正常に駆動可能な電気信号の大きさ」を表す「許容入力」をチェックしましょう。どんなに音が良くても、音が小さくては意味がありません。

通常の場合、10~15W程度あれば問題なく音楽を楽しめますが、広い部屋で大音量で聴く場合には40W以上のスピーカーがいいでしょう。

室内用におすすめのBOSEスピーカー

室内用のスピーカーを選ぶ際には、音質やデザイン性にこだわってみましょう。室内用におすすめのBOSEスピーカー3商品を紹介します。

PCに接続しやすい Companion 2 Series III multimedia speaker system

「Companion 2 Series III multimedia speaker system」は、PCで音楽や動画を楽しむ人にぴったりのスピーカーです。「パソコンにつなげるだけ」でセットアップできます。

本体サイズは、高さ19×幅8×奥行約14.5~15cm、重量は0.8~1kgです。背面には、PC入力用・iPod等のデバイス用の2端子あるため、PCケーブルを抜かずに、スマホなどにも接続できます。

「TrueSpaceステレオデジタルプロセッシング回路」を搭載し、ライブ感・臨場感あふれるサウンドを再現可能です。

そのほか「コンプレッション回路」や、「アクティブ・エレクトロニック・イコライゼーション」も搭載し、どんな音量でも歪みのないバランスのとれた音を楽しめます。

  • 商品名:Bose Companion 2 Series III multimedia speaker system PCスピーカー
  • Amazon:商品ページ

天井設置型 DS100SE-CMB

「DS100SE-CMB」は、天井吊り下げブラケットが付いた「天井設置型タイプ」のスピーカーです。最大音圧レベル105dB/SPLと、パワフルな音楽再生が可能なので、レストランやカフェなどでも使用されています。

最大音圧レベルとは、スピーカーからの音が歪むこと無く再生できる最大の音圧レベルのことです。最高10mの高さまで設置でき、幅広い空間に音楽を届けてくれます。

「IP55適合の全天候仕様」なので、屋内はもちろん、屋外にも設置可能です。

  • 商品名:Bose FreeSpace surface-mount loudspeaker with Ceiling-mount bracket DS100SE-CMB
  • Amazon:商品ページ

テレビと合わせて使いたい BOSE SOUNDBAR 500

「BOSE SOUNDBAR 500」は、幅80×高さ4.44×奥行10.16cmと非常にスリムな「サウンドバータイプのスピーカー」です。どこにでもコンパクトに置けるため、インテリアの邪魔になりません。

テレビと合わせて使えば、自宅のリビングが、まるで映画館のような迫力ある音で映像を楽しめます。また、GoogleアシスタントとAmazon Alexaが搭載され、音声操作もOKです。BOSE独自のアレイ構造である8個のマイクが、音楽を再生中も声を正しく認識してくれます。

Wi-Fi、Bluetoothにも対応しており、音楽配信サービスを利用して音楽も手軽に楽しめるのも魅力です。

屋外や車におすすめのBOSEスピーカー

キャンプやバーベキュー、ドライブなど外出先で使用するならば、ケーブルなしでもメディアと接続できるBluetooth対応のスピーカーがおすすめです。

また、防水機能も付いていれば、さらに使えるシーンが広がるでしょう。「屋外や車におすすめのBOSEスピーカー2商品」を紹介します。

アウトドアにもぴったり SOUNDLINK REVOLVE+BLUETOOTH SPEAKER

「SOUNDLINK REVOLVE+BLUETOOTH SPEAKER」は、重厚感あふれる迫力満点の音楽を再生できるスピーカーです。Bluetoothに対応しているため、いつでも、どこにいても好きな音楽を楽しめます。

アウトドアシーンでは、音が拡散しやすく、場所によっては音楽が聞こえにくいこともあります。しかし、このスピーカーならば、360度どの方向に対しても同じサウンドが楽しめるため、音楽と一緒にアウトドアを満喫できることでしょう。

気になる防水機能は、「IPX4」です。少しくらいの雨ならば濡れても問題ありません。また、スピーカーのボディーには、柔らかい素材を使用し、万が一落下しても、衝撃を和らげてくれるので安心です。

車にも積める SoundLink Micro Bluetooth speaker

「SoundLink Micro Bluetooth speaker」は、本体サイズ幅9.8× 高さ9.8×奥行3.5cm、重要は290gとコンパクトタイプのスピーカーです。「BOSE CONNECTアプリ」を使えば、1度のスワイプ操作だけで、Bluetooth管理も手軽に行えます。

また。付属のストラップを使って車に固定すれば、ドライブ中の音楽再生も安全かつ快適に楽しめはずです。自分のスマホだけでなく、友人のスマホの音楽も楽しめます。

また、防水性能は「IPX7」と、プールや海に落としてしまってもすぐに壊れることはありません。また、本体にはシリコン素材を使用し、落下の衝撃からも本体を守ってくれます。

パーティモードで2台のワイヤレススピーカーを同時に再生できます。臨場感あふれる大迫力のダイナミックサウンドを体験したいなら、ステレオモードで左右のチャンネルに分かれたサウンドを楽しむこともできます。

文/編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。