人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

男性の美容意識が高まっても日焼け止めを使う人が増えない理由

2019.09.15

「紫外線」は肌にダメージを与え、肌老化へと繋がることは多くの人が認識しているはずだが、ドクターシーラボの『日焼け止め使用に関する男女別調査』では、男女で大きな意識の違いがあることが判明している。

15-59歳の男女それぞれに「日焼け止めを日常的に使用しているか」質問したところ、女性は約7割の人が使用しているのに対し、男性は約2割と少ない。

なぜ男性は、日焼け止めを使用する人が少ないのか? 調査結果を見てみよう。

後悔しているのに日焼け止めを使用しない理由

なぜ男性は、日焼け止めを使用する人が少ないのか調査したところ、「めんどくさい(68.7%)」「べたつきが気になる(32.0%)」が使用しない理由の上位にあがった。

日焼けをしたくない男性が増える昨今、実際は普段のUVケアをしていないことがわかる。

夏の紫外線対策、女性の徹底ぶりがすごい!

日焼け止めを使用している方に、使用月を調査したところ、女性は、紫外線量の多い6~9月では、9割以上のほとんどが使用し、さらに1年中使用する方も3割以上いることがわかった。

一方男性は、7~8月は8割を超えるものの、1割にも満たない月が多くあることが判明している。

また「紫外線を浴びて後悔したこと」を調査したところ、男女共に「シミができた」が第1位に。

夏の紫外線量は、冬の3.7倍※。シミが出来てから後悔するより、日焼け止めを使用する方が断然オススメ。

日焼け止めは、紫外線から肌を守るだけではなく、保湿成分や美容成分配合のアイテムを選べば、肌のダメージケアも同時に行うことができる。

※ 気象庁つくば観測データ2018年【夏(6.7.8月)と冬(1.2.12月)】より

調査概要: Webアンケート/2019年6月28~30日/15歳~59歳/男性 

構成/ino

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。