人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

意外とメリットが多くて人気急上昇!デビッドカードの作り方、使い方、クレカとの違いをおさらい

2019.10.06

メリットが多いことから近年人気のデビットカードは、ネット銀行だけでなく大手銀行の発行も増えてきており、認知度がより上昇しています。デビットカードの基礎知識や上手な活用方法、おすすめの種類などを紹介します。

デビットカードとは?

デビットカードとはどのようなカードなのか、まずはおおまかな全体像を理解しておきましょう。

銀行口座から即時引き落とし

デビットカードとは、ショッピングなどでカード支払いをおこなった際、登録している銀行口座から利用した金額だけ即時引き落としされる仕組みのカードです。

銀行口座に利用金額以上の残高があれば使えるため、わざわざ銀行から現金を引き出さずに支払いができます。

また、利用限度額は利用時の口座残高であることから、一般的なクレジットカードにありがちな使い過ぎを防ぐ効果が期待できます。

利用可能額を設定することも可能で、中学生を除く15歳以上の未成年者や、カード払いの経験が少ない人が安心して使えることもメリットです。

審査なしで使える

一般的なクレジットカードの場合は、利用にあたりクレジットカード会社による審査が必要です。

クレジットカードとはカード会員の信用を担保にお金を立て替えて支払ってくれるカードであるため、審査が必要なのは当然のことといえるでしょう。

しかし、デビットカードは自分がその時口座に持っているお金から即時引き出されるシステムであるため、単に自分の手持ち金から支払いをしているだけの形になります。

お金を借りて後払いするような仕組みではないことから審査も不要であり、一般的なクレジットカードの審査には受からないであろう自己破産者や債務整理者でもカードが持てることは、デビットカードがもつ最大の魅力ともいえるでしょう。

全国の店舗やネットショップで使える

デビットカードは現金やクレジットカードに代わり、以下のようなシーンで便利に使えます。

  • 日常的に利用するコンビニやスーパーで、クレジットカードと同様に提示し、レジに『1回払い』と伝えることで利用できます。
  • ネットショッピングをする際、『クレジットカード払い』を選択し、カード番号・有効期限・暗証番号などを入力し支払えば、口座から引き落とされます。
  • 海外のATMで利用すれば、現地通貨を引き出せます。両替所を利用する手間が省けるうえ、現金を持ち歩く必要がないため便利です。

デビットカードは大きく分けて2種類

デビットカードの種類は、『国際ブランドと提携したデビットカード』と『ジェイデビットカード』の二つに大別できます。

国際ブランドと提携したデビットカード

デビットカードには、クレジットカードの国際ブランドであるVisaやJCBが、銀行と提携して発行するタイプがあります。

例えば、Visaと提携したデビットカードであれば、Visa加盟店でカードを提示することにより使用できます。

デビットカードに付帯するブランドの主力はVisaであり、JCBは数が少ないのが現状です。

国際ブランドとは?

国際ブランドとは、世界中でいつでもクレジットカード決済が可能なシステムを提供している会社のことです。

Visa(ビザ)・JCB(ジェーシービー)・Mastercard(マスターカード)・American Express(アメックス)・Diners Club(ダイナース)の五つが、日本で有名な国際ブランドです。

国際ブランドは、店舗のみならず国や地域によっても対応している種類が異なるため、使いたい場所で使えるブランドかどうかを確認し選ぶことが重要といえます。

申し込みのいらないジェイデビットカード

ジェイデビットカードは、銀行が発行するキャッシュカードを提示し使用するタイプのデビットカードです。ジェイデビットの加盟店でのみ使用可能です。

ブランドデビットは利用にあたり申し込みが必要なのに対し、ジェイデビットは申込不要でキャッシュカードがそのまま使用できる特徴があります。

しかし、Visaだけでも4000万カ所を超える世界中の加盟店で利用できるブランドデビットに対し、ジェイデビットが利用できる加盟店は日本国内の約45万カ所に限られます。

また、ブランドデビットは24時間利用可能ですが、ジェイデビットは金融機関ごとに利用可能な時間が制限されていることもデメリットといえるでしょう。

クレジットやプリペイドとの違い

デビットカードと似た種類のカードである、クレジットカードやプリペイドカードとの違いを理解しましょう。

クレジットカードは後払い

クレジットカードは、前もってカード利用で支払った分の一部または全額を、定められた月1回の支払日にまとめて後払いするシステムのカードです。

支払い方法は一括だけでなく、分割やリボ払いも選択できます。また、ATMから現金を引き出せるキャッシング機能が備わっているものもあります。

一方で、デビットカードは、利用のたびに口座から利用額が引き落とされます。また、支払い方法は1回払いのみで、キャッシング機能がついたものは存在しません。

発行対象となる年齢は、クレジットカードは原則18歳以上、デビットカードは中学生以外の原則15歳以上です。

プリペイドカードはチャージ式

プリペイドカードは、利用する予定の金額を事前にチャージし利用するカードです。チャージした額以上の使用はできないため、使い過ぎを防げます。

一方で、デビットカードはチャージなどが要らず、銀行口座に残高があれば利用した分だけ直接引き落とされる仕組みです。

口座残高もしくは設定した利用限度額以上は利用できないため、プリペイドカード同様に使い過ぎを防止する効果が期待できます。

プリペイドカードは、原則として年齢制限なく利用可能です。また、各種国際ブランドが付帯した『ブランドプリカ』と呼ばれる種類のカードもあります。

デビットカードのメリット

デビットカードにはさまざまなメリットがあります。主なメリットの内容を理解し、より効果的に利用しましょう。

使い過ぎがなく管理がしやすい

デビットカードなら、銀行口座に入金されている残高を超えて使うことが不可能であるため、借金をして利用するクレジットカードのように使い過ぎる心配がありません。

現金を使わずに支払いができるという点では他のカード類と同じでも、所持金の範囲内でしか利用できないという点に関しては、財布からの現金払いと変わらないともいえます。

また、カードの利用ごとに即時引き落としがされるため、お金の管理がしやすい点も、デビットカードのメリットといえるでしょう。

クレジットカードの分割払いやリボ払いなどは、後払いである上に利用した金額が一括で引かれるわけではないため、お金の管理が複雑になる可能性があります。

ATMを利用することが減る

デビットカードは利用の際に銀行口座から直接引き落としされるため、ATMでお金をおろす必要がなくなります。国際ブランドが付帯したものなら、使えないショップはほとんどないといってよいでしょう。

給料が振り込まれた口座のお金をそのまま使えることは、ATMの列に並ばなくて済むことを考えれば、大きなメリットといえます。

また、ATMで現金を引き出す際、他行を利用したり時間外で利用したりする場合は、手数料が発生します。回数が重なれば、手数料だけでも結構な金額になるでしょう。

しかし、デビットカードを利用すれば、ATMでの手数料を節約できます。仕事で忙しく時間外にしかATMに行けない場合や、近くに手数料のかかるATMしかない場合は、デビットカードの利用がおすすめです。

海外旅行でも使える

海外旅行の際にデビットカードがあれば、現地のATMで自分の口座から現地通貨で引き出すことが可能です。わざわざ両替所に出向く手間が省けます。

現金を持ち歩く機会を減らせることもメリットといえるでしょう。海外旅行でありがちな、盗難や紛失といったトラブルのリスクを軽減できます。

国際ブランドが付帯しているカードなら、加盟店で提示すれば国内での利用方法と同じような手順で利用できます。

デビットカードの国際ブランドとして主流となっているVisaが付いていれば、4000万カ所を超える世界中の加盟店で利用できるため便利です。

不正利用の補償も付いている

デビットカードは銀行が発行しているものであるため、万が一不正利用が発覚した場合でも、補償制度により原則として被害額の一部または全額が補償されます。

また、カードを利用して購入した商品が、補償期間内に破損したり盗難に遭ったりした場合、補償限度額の範囲内で被害を補償してくれる『ショッピング保険』もあります。

現金が盗難に遭ったり、現金で購入した商品が破損したりした場合は、それらに対応する保険に加入する必要があるでしょう。

しかし、デビットカードなら基本的に補償が付いてくるため、安心かつお得に利用できます。

デビットカードのデメリット

便利に利用できるデビットカードも、デメリットとしていくつか注意すべきポイントがあります。

残高がないと使えない

デビットカードは、預金口座に入っている残高を超えての利用はできません。残高を超えた金額を支払おうとした場合、自動的に口座が照会され、支払いが拒否されます。

また、利用限度額を設定している場合、支払おうとしている金額が上限を超えていれば、その額が残高以下であってもエラー扱いとなります。

支払い時に残高不足でエラーが出てしまうと、何かと不便なことも多いため、口座の残高は常にチェックしておくように気をつけましょう。

特に、公共料金や携帯電話代などの口座引き落としが発生しやすい月末などは、残高が減りやすいため注意が必要です。

なお、残高不足や利用限度額超過等の決済エラーが連続した場合は、銀行側から不正利用が疑われ、カードの利用を停止される可能性があります。

還元率は低めに設定されている

デビットカードの中には、利用金額に対してポイント還元やキャッシュバックの制度が導入されているものがあります。

基本的には利用するたびに還元されるため、現金での支払いに比べればお得といえます。

しかし、クレジットカードにもポイント還元やキャッシュバックの制度が導入されていることがほとんどであり、デビットカードの方が還元率は低めです。

通常、カード利用でのポイント還元は、カードを利用することにより発生する手数料に相当する程度の金額が還元されます。

デビットカードの利用により銀行に入る手数料は、クレジットカードの手数料に比べ低いため、還元率もその分低くなるということになります。

分割やリボ、キャッシングはできない

クレジットカードは、分割払いやリボ払いなどの後払いができるほか、現金を借りられるキャッシング機能が付いている場合もあります。

しかし、デビットカードは立て替え払いができないため、分割払いやリボ払いもできず、キャッシングにより現金を前借りすることもできません。

キャッシュレス決済が可能な点はクレジットカードと同じですが、それ以外はほとんど別物という認識をもつべきでしょう。

デビットカードの使い方

実店舗とネットショップそれぞれでの、デビットカードの使い方を解説します。取扱店であるかどうかは、最初に確認しておきましょう。

実店舗での使い方

コンビニやスーパーなどでデビットカードを使う場合は、会計の際にレジでカードを提示し、「1回払いで」または「Visaで」支払う旨を伝えましょう。

このとき、「デビットカードを使う」と伝えてしまうと、ジェイデビットカードと間違われ、カード利用ができない場合があります。

一般的なカードを使う場合のように、1回払いやVisaなどのブランド名を伝えるようにすれば、スムーズに支払い作業が進みます。

サインや暗証番号を求められた場合は、記入または入力を行いましょう。最後にもらう控えやレシートを確認し、間違いがなければ完了です。

ネットショップでの使い方

ネットショップでの使い方も、一般的なクレジットカードの使い方と同じ流れです。

デビットカード専用の記入欄はなく、クレジットカードの支払い情報を入力する画面に必要事項を入力していきます。

カード番号・有効年月日・氏名・セキュリティコードを正確に入力しましょう。

セキュリティコードとは、カードが本物であることを証明する番号であり、通常はカードの裏面に記載されている3桁の数字です。

一般的なクレジットカードでは、裏面の数字から下3桁の数字を抜き出して入力するケースもあります。

ブランドが対応していない場合もあるため、Visaなどカードのブランドが合っているかどうかも確認しましょう。

一部店舗では使えないことも

高速道路の料金所や、インターネットサービスプロバイダー・ガソリンスタンドなど、即時引き落とし決済に対応していない業態の場合は、デビットカードが利用できません。

支払いの際に利用できないことが判明し、現場で慌てることのないよう、利用できるかどうかできるだけ事前に確認しておきましょう。

デビットカードが使えるかどうかは、サービスを提供する側の公式サイトか、デビットカードの発行元である銀行の公式サイトで確認できます。

デビットカードが使えないことの多いガソリンスタンドでも、カードの種類によっては使える場合があるので、自己判断せず事前に確認するのをおすすめします。

おすすめのデビットカード

数ある種類の中から、付帯価値などが魅力的な、特におすすめのデビットカードを三つ紹介します。

三菱UFJデビットカード

『三菱UFJデビットカード』は、JCB・Visaの2種類からブランドが選択可能な、三菱UFJ銀行が発行するデビットカードです。

JCBを選べば、デビットカードでは付くことが稀な国内外の旅行保険が付帯するうえ、不正利用補償もVisaの上限100万円に対し、JCBは500万円まで補償されます。

また、ラウンジや旅先のバスが無料で利用できるなど、JCBブランドなら海外旅行をお得に満喫できる特典が多いことも魅力といえるでしょう。

ポイント還元に関しては、Visaがキャッシュバック制、JCBがポイント制となっており、どちらも還元率は0.2~0.5%です。

楽天銀行デビットカードJCB

『楽天銀行デビットカードJCB』の大きな特徴は、現在発行されているデビットカードの中では最高レベルの、1%ポイント還元を実現している点が挙げられます。

さらに、ネットショッピング大手の楽天市場で利用した場合は、ポイント還元率が2%にアップします。

貯まるポイントの種類は、全て楽天スーパーポイントとなり、楽天市場内で利用できます。

また、JCBブランドが付帯しているタイプなら、年会費無料で利用可能です。

ネットショッピングで楽天をよく利用する人におすすめのカードといえるでしょう。

楽天銀行ベーシックデビットカード(Visa)

楽天にはVisaブランドの『楽天銀行ベーシックデビットカード(Visa)』もある。

貯まったポイントは楽天市場で利用できるほか、楽天ペイや楽天トラベル等の様々な楽天グループサービスで利用できる。

さらに、デビットカードの支払い自体にそのまま楽天スーパーポイントの利用が可能になっているのでVisa加盟店でポイントの利用も可能。

ジャパンネット銀行Visaデビットカード

『ジャパンネット銀行Visaデビットカード』は、不正利用補償が年間500万円と高額な点が最大の魅力といえるカードです。

また、通常のポイント還元率は0.2%ですが、会員専用サイトを経由してネットショッピングをすれば、利用額の1%がキャッシュバックされ、実質の還元率が1.2%まで上昇します。

Yahoo!ショッピングやベルメゾンネットなどの大手ネットショッピングサイトが対象となっているため、ネットショッピングを頻繁に利用する場合に活用できます。

Visaブランドであるため世界中で利用でき、海外での利用が多い人にもおすすめのカードといえるでしょう。

文/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。