人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

徹底比較!パナソニック、三菱、日立、3〜4人家族におすすめの500ℓ冷蔵庫はどれ?

2019.08.31

3人・4人家族には、500Lサイズの冷蔵庫が適しています。サイズが大きく、入っている食品が少なければ庫内を効率良く冷やせるので、容量に余裕を持つことで省エネにもなります。冷蔵庫は1年間1日中使い続ける家電なので、省エネ性能や使い勝手、家庭に合った容量や機能をしっかり検討することが大切です。

ここでは、家庭に合った冷蔵庫の容量を計算する方法や安く購入するコツ、人気メーカーの500Lサイズ冷蔵庫をご紹介します。

3人・4人家族におすすめ! 500Lサイズの冷蔵庫の寸法や価格は?

500Lサイズの冷蔵庫を購入する際は、寸法の確認が大切です。設置スペースにゆとりがないと、放熱がうまくできずに冷えにくくなってしまいます。また、コンセントの位置や搬入経路、最上段の棚に手が届くかどうかも確認しておきましょう。ここでは、500Lサイズの冷蔵庫を選ぶ時のポイントや価格をご紹介します。

3人・4人家族の冷蔵庫に500Lサイズも必要なの?

冷蔵庫のサイズ選びでは、「70L×家族の人数+120~170L(常備食材)+100L(予備スペース)」で容量の目安を算出することができます。3人家族の場合は430L~480L、4人家族の場合は500L~550Lの容量が必要になりますが、まとめ買いする方は多めに、外食が多い方は少なめの容量を選ぶなど、生活に合わせて計算してみてください。また、冷蔵庫によって冷蔵室と冷凍室の食品収納スペースに違いがあるので、冷蔵・冷凍の使用頻度で必要な容量を検討してください。


【参考】シャープ 冷蔵庫を買う前にココをチェック!

500Lの冷蔵庫選びはドアの開き方の確認が大切

冷蔵庫のドアが左右どちらかに開く「片開き」タイプの場合は、ドアを開けるために広めのスペースが必要ですが、片面ずつ開くことができる「フレンチドア」は、開く半径が小さいので場所を取らず、必要最低限の開閉で省エネにもなります。また、使い勝手が良く引っ越しの時にも柔軟に対応できる「左右両開き」もおすすめです。設置場所に適したドアのタイプを選ぶようにしましょう。

価格が安い500Lサイズの冷蔵庫を購入するためには

冷蔵庫は機能が豊富なほど価格が高くなるので、なるべく用途に合った機能のみを搭載した製品を選びましょう。また、冷蔵庫は家電製品の中でも長く使用する物なので、消費電力量の少ない製品を選ぶこともポイントです。冷蔵庫の省エネ性能は、省エネラベルで確認することができます。


500Lサイズの冷蔵庫は型落ちだと安くなる?

500Lサイズの冷蔵庫を安く購入したい場合は、型落ちの製品がおすすめです。しかし型落ちの製品は最新機種に比べると省エネ性能が低く、使い続けると電気代が高くなってしまう可能性があるので注意してください。

人気メーカーパナソニック・三菱・日立の300L~500Lおすすめ冷蔵庫

500Lサイズの冷蔵庫は、メーカーごとに様々な特徴があり、搭載している機能にも違いが多くあります。ここでは、パナソニック・三菱・日立の冷蔵庫の性能や価格、消費電力量の違いをご紹介します。

微凍結やナノイーで食品の鮮度を保つパナソニックの冷蔵庫

パナソニック 冷蔵庫『NR-F504HPX』 定格内容積500L

約-3℃を保つ微凍結で食品の酸化を防ぎ、「チルド」よりさらに鮮度を長持ちさせてくれる冷蔵庫です。また、野菜室の湿度をモイスチャーコントロールフィルターで調節することで野菜の鮮度を保ち、「ナノイー」が野菜の栄養素を守ってくれます。

【参考】パナソニック公式 製品詳細ページ

パナソニックの冷蔵庫の価格や省エネ性能は?

パナソニックの冷蔵庫『NR-F504HPX』は、Amazonで18万9031円(税込み)で販売されています。2021年省エネ基準達成率は107%で、年間消費電力量は259kWh/年です。

AIが自動で最適な運転を行う三菱電機の冷蔵庫

三菱電機 冷蔵庫『MR-WX47E』 定格内容量470L

約-7℃で凍らせる「切れちゃう瞬冷凍」は、肉や魚、野菜を長持ちさせてくれるだけでなく、解凍なしで切れる状態に保ちます。また、家庭ごとの使い方を学習して今後の使い方を予測し、AIが自動で最適な運転を行ってくれる省エネ機能を搭載しています。

【参考】三菱電機公式 製品詳細ページ

三菱電機の冷蔵庫の価格や省エネ性能は?

三菱電機の冷蔵庫『MR-WX47E』は、Amazonで28万3671円(税込み)で販売されています。2021年省エネ基準達成率は108%で、年間消費電力量が245kWh/年です。

3つの冷蔵機能や真空チルドなど、機能が豊富な日立の500Lサイズ冷蔵庫

日立 冷蔵庫『R-XG48K』 定格内容量475L

冷蔵室の中は、約2℃の低温で鮮度を保つ「低温冷蔵」と温かい鍋などをそのまま入れられる「オート急冷却」、急速に冷やしてくれる「サッと急冷却」で分かれているため、用途に合わせて保存場所を選べます。また、みずみずしさを長持ちさせる「新鮮スリープ野菜室」や約-1℃で密閉保存する「真空チルド」など、機能が豊富に搭載されています。

【参考】日立公式 製品詳細ページ

日立の冷蔵庫の価格や省エネ性能は?

日立の冷蔵庫『R-XG48K』は、Amazonで31万6310円(税込み)で販売されています。2021年省エネ基準達成率は105%で、年間消費電力量が258kWh/年です。

500Lサイズは大きめの冷蔵庫ですが、機能が豊富で省エネ性能を搭載した機種が多く、さらに冷却効率が上がるため、3人・4人家族の方にはおすすめの冷蔵庫です。

※データは2019年8月下旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用、操作はあくまで自己責任にてお願いします。

文/Sora

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。