人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

10代女子8000人が選んだ「流行りの若者言葉・略語」ランキング、3位タピる、2位パリピ、1位は?

2019.08.18

あたり前田のクラッカーだが、「チョベリバ?」「ナウい?」はもう古い。

今流行っているのは、もっと、もっと喋る手間を減らした究極の略語「り」。

Simejiが発表した『10代女子が選ぶ 流行りの若者言葉・略語TOP10』で、なんと「り」が堂々の1位を獲得!

ちなみに「り」は「了解」という意味で、一時期は「りょ」と省略されていた。それでは、ランキングTOP10を見ていこう。おけまる?

10代女子8,000人が選んだ!「流行りの若者言葉・略語TOP10」

2位は「パリピ」今ではテレビでもよく使われているので、ご存知の人も多いはず。パーリーピーポー(Party People)の略で、湘南やフェスなどに出没する。

3位は「タピる」タピオカドリンクを飲むこと。昨年に引き続き、今年の夏も大人気のタピオカ。新たな動詞が誕生していることからも、その美味しさとリピート率の高さがわかる。

4位は「とりま」以前から使われている略語で「とりあえずまあ」の意味。「6文字なんて喋ってられるかぁ!」という気合がわかる。

5位は「あね」、「あーなるほどね」あらゆるシチュエーションで使える便利なあいづち。夏休みのないお父さんの愚痴や、興味ない話の時はとりあえずこれで返そう。

6位は「それな」、「Simeji 今年の顔文字大賞 2017」にも「それな ( ᐛ )σ」が選出されている。え?これは略語なのかですって?…それな。

7位は「フロリダ」お風呂に入るので(会話から)離脱することを意味する。アメリカの州名ではないので注意。

8位は「おけまる」ここでまさかの長くなるという急展開。「OK」という意味で、他にも「おけまる水産」「おけみざわ」などOKシリーズはアレンジ無限大。

9位は「乙」ネット上で「お疲れさま」を略して使われ始めたことがきっかけだ。ちなみにもっと丁寧に「乙カレー」というのもある。一体どんなカレーなのか。

10位は「草」笑いを「w」や「www」と表現した、こちらもネット用語からの由来。まるで草が生えているように見えることから「草=笑」と定着した。

ここまでが総合的な若者言葉・略語のTOP10だった。

今回の調査で、「2文字縛り」でも豊富な用語が集まった。ランキングを見てみよう。合言葉は「すこ・なる・よき・ちな」。

「流行りの若者言葉・略語(2文字縛り)TOP10」

1位は「あね」先ほどの総合ランキングでは5位、便利なあいづち「あーなるほどね」。

2位は「おつ」、「お疲れさま」=「乙」から、さらに変換の無駄を省いた形。総合ランキングでは9位。

3位は「くさ」総合ランキング10位の「笑」=「ワラ」=「www」=「草」、進化している。

4位は「そま」、「それまじ?」の意味。他にも「これまじ?」の意味で「こま?」もある。さらに短く「ま?」と略されることも多いようだ。

5位は「あざ」意味は「ありがとうございます」。「あざっす」?まだ長い。時代は「あざ」。行く末は「あ」か。いや、「あざまる」ってあった。忘れてほしい。

6位は「すこ」、「好き」という意味。背景知識なしには、もはや一体何のことなのかわからない略語。ネットの実況プレイ動画で「ここ好き」を「ここすこ」と打ち間違えたことから由来したと言われている。

7位は「なる」、「なるほど」の意味。こちらは「なる~」など広い範囲で使われているのを見かける。
 
8位は「よき」、「良い」という意味で「女子高生流行語大賞2016 第2位」にもノミネートしている。未だにランクイン、強し。

9位は「ちな」、「ちなみに」を意味する2文字、こちらもネット上で生まれた略語。

10位は「じお」ここにきて見慣れない言葉がランクイン。「ジ・O」ではない。「じお」だ。「時代遅れ」という意味で、「それじおじゃない?」などと使う。じおって言わないとかじおじゃない?

よくあるテーマにしては、幅広い略語がランクインしていた。動画サイトやSNS、メッセンジャーアプリなど、スマートフォンでのコミュニケーションが主流となった今、入力の手間を省くため無駄を減らした略語が次々と生まれている。そう、これは一つの進化の形なのだ。

「とりま」、読んでくれて「あざ」。

※集計期間 2019/7/18~2019/7/26 有効回答数 10代女子8,282

構成/ino

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。