人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「WAONポイント」と「WAON POINT」の違い、説明できる?WAON POINTカードの賢い使い方

2019.08.17

イオンモールやミニストップなどでよく買い物をする人は、WAONポイントという言葉をよく耳にするのでないだろうか? 今回は少しわかりづらく、間違いやすい「WAONポイント」と「WAON POINT」の違いやポイントカードの賢い使い方についてわかりやすく紹介していく。

WAONポイント(POINT)とは?

WAONポイント(POINT)は、主にイオングループの店舗での買い物、あるいは各イオンのサイトでネットショッピングした時にもらえるポイントである。

「WAONポイント」と「WAON POINT」の違い

皆さんはWAONポイントには「WAONポイント」と「WAON POINT」の2種類があることをご存知だっただろうか? カタカナ表記とアルファベット表記の違いということで少々わかりづらく、間違って覚えている人もいるかもしれない。違いを簡潔に説明すると以下のようになる。

水色のカードデザインの電子マネー「WAONカード」を使って、電子マネー払いをすると貯まるのが、「WAONポイント」である。

一方で、現金払いやカード払いの時に貯まるのが、「WAON POINT」であり。これは赤紫色の「WAON POINTカード」を利用して貯めることができる。

WAONポイント(PONIT)の貯め方・使い方

「WAONポイント」は電子マネーWAONでの支払い200円(税込)ごとに1WAONポイントが付与され、WAONポイントは電子マネーWAONに交換できる。一方で、「WAON POINT」はWAON POINT加盟店での提示で200円(税込)ごとに1WAONPOINTが付与される。こちらはWAON POINT加盟店での買い物で1WAON POINT = 1円で利用でき、電子マネーWAONポイントに交換することも可能となっている。

WAONカード、WAON POINTカードの作り方

ここからは上記で説明した2種類のカードの作り方を説明していく。電子マネー「WAONカードは」主にイオンの店頭でつくることができる。年会費無料だが、発行手数料として300円必要になる。

同様に「WAON POINT」カードは、主にイオンやイオングループの店舗でつくることができる。こちらは発行手数料・年会費ともに無料でつくることができるので、気になった人はすぐに発行してみるよいだろう。

WAONポイント(POINT)の使える店

WAONポイント(POINT)が使える店はどんどん増えており、使える店舗のなかには、イオングループの店舗はもちろんのこと、ミニストップやコスモ石油、はるやま、ニッポンレンタカーなど様々な店舗で利用することができる。また、インターネットを使ったネットショッピングでは、イオングループのサイト、あるいは、イオンネットスーパーでも使うことができる。

WAON POINTカードの使い方

「WAON POINTカード」で貯めたポイントは「1ポイント=1円」で利用できるだけではなく、商品と交換することもできる。下記がポイントと交換できる商品の一例である。

・新潟産コシヒカリ3kg 2500 POINT
・京都・都松庵なめらかプリンセット 3000ポイント POINT
・カゴメ 野菜の保存食セット 3500ポイント POINT

事前に会員登録が必要

WAON POINTを買い物の時に使用する場合、事前にWAON POINTのサイト「smart WAON(スマートワオン)」にて会員登録が必要となるので、忘れないように注意したい。

お客様感謝デーは提示で5%オフ

ここからは「WAON POINTカード」のお得な使い方を説明していく。毎月20・30日の「イオンお客様感謝デー」にWAON POINTカードを提示するだけで、会計が5%オフになる。また、5のつく日「お客さまわくわくデー」での利用はポイント付与が2倍、毎月10日「ありが10デー」での利用はポイントが5倍となる。

ポイントとPOINTの区別をしっかり覚えておきたい

ここまで説明してきたように、「WAONポイント」と「WAON POINT」ではポイントの貯まり方や使い方が少し異なるので、これから電子マネー「WAONカード」や「WAON POINTカード」の発行を考えている人は事前にしっかり把握しておいてほしい。

文/praia

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。