人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ルックスも中身も激変!乗ってわかったメルセデス・ベンツ新型「Bクラス」の完成度

2019.08.11

プラットフォームはAクラスと共通だが、キャラクターは全く別物

新プラットフォームはAクラスの共用するものの、クルマのキャラクター、実用性はけっこう異なる。特に後席の居住性とラゲッジスペースの使い勝手に差があると言っていい。

後席を比較すると、Aクラスはシートクッション長約460mm、フロアからシート先端までの高さ(ヒール段差)約300mmに対して、Bクラスは同約490mm、370mmと、シート幅は同等なものの、よりゆとりある、いす感覚の掛け心地(立ち上がり性に優れる)が得られるのだ。ちなみにCクラスは同約490mm、320mmである。

ラゲッジスペースはフロア奥行き、フロア幅こそ同等だが、Bクラスは全高の余裕から高さ方向がたっぷりしていて、5名乗車時の容量はAクラスの370Lに対してBクラスは455L。さらに開口部高がAクラスの約670mm、フロアとの段差約120mmに対して、Bクラスは開口部地上高約630mm、段差なしと、まるでステーションワゴンのように使える点がポイントだ。

後席は4:2:4分割で、中央の2部分を倒せばラゲッジスペースとのアクセスも容易。後席エアコン吹き出し口も完備するから、エアコンの風が届きやすくなり、飼い主とのアイコンタクトが容易になるラゲッジスペースに愛犬を乗せてドライブすることも可能となる。

新型BクラスはSクラスに準じる先進安全支援システムを搭載する。自動ブレーキ、ACCやブラインドスポットモニターなどを含むレーダーセーフティパッケージはOP扱いとなっているが、実は、日本仕様はほぼ全車にレーダーセーフティパッケージが装備済みで輸入され、現在、半額キャンペーンを行っている(24万5000円→12万2500円/B180)というのが実情である。

また、運転席の頭上にあるSOSとmeボタンによって、24時間緊急通報サービス(エアバッグ展開時は自動通報)、24時間故障通報サービスもオペレーターを介して利用できるから、安心度は極めて高い。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年3月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDビューティーミラー」! 特集は「YouTubeで学べ」&「ウワサの新発想家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。