人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

フィリピンの人と国際結婚するには?入籍手続きから手順、費用まで解説

2019.08.03

世界がグローバル化している影響もあり、日本人の中には、男女問わず「フィリピン人との結婚を考えている」人もいるだろう。今回はフィリピン人と出会う方法や入籍手続きまで徹底的に解説していこう。

フィリピン人と国際結婚したい人! その理由は?

1年間ずっと温暖な気候であるフィリピン。そんな南国ですごすフィリピン人は、陽気で家族思いでフレンドリーな人が多い傾向にある。明朗快活な彼らの魅力に惹かれて、国際結婚を希望する人も多いようだ。

近年はフィリピン人女性と結婚する日本人男性が減った!?

ここ10年前後の日本人男性とフィリピン人女性の婚姻数は、減少傾向にあった。しかし2015年からは、少しずつ婚姻数が増加している。

出典:「平成29年(2017)人口動態統計(確定数)の概況」(厚生労働省)

フィリピン男性と日本人女性の国際結婚も増加傾向

日本人男性とフィリピン人女性のカップルに比べて、フィリピン男性と日本人女性のカップルによる国際結婚は少ない。しかし2013年からは徐々に上昇傾向にある。

出典:「平成29年(2017)人口動態統計(確定数)の概況」(厚生労働省)

めでたくゴールイン! フィリピン人と国際結婚する時の手続きや手順は?

日本人とフィリピン人の婚姻の場合は、どちらの国からでも手続きできる。だが相手に日本の滞在ビザがない場合は、先に日本人が直接フィリピンに行って婚姻の手続きをする必要がある。

【参考】国際結婚をするにはどんな手続きが必要?国によってどう違う?

ここが知りたい国際結婚! フィリピンで先に入籍する時に必要書類は?

先にフィリピンで入籍する場合は、まずフィリピンで婚姻要件具備証明書を取得し、婚姻許可証を取得。さらに婚姻証明書を取得し、最後に日本で婚姻届を提出する流れだ。婚姻要件具備証明書は在フィリピン日本大使館で取得可能。取得に際し日本人側で用意するものは、戸籍謄本とパスポートのみだ。
※離婚歴がある場合は、改正原戸籍、除籍謄本も必要。

【参照】フィリピンにおいて日本人とフィリピン人が結婚するための手続き(在フィリピン日本国大使館)

フィリピン人と結婚する時に必要な費用は?

必要最低ラインの経費は、フィリピンへ手続きに行く時の交通費や滞在費だ。海を渡るので、その費用はしっかり準備しよう。

フィリピンでの国際結婚の手続きで困ったら弁護士代行を使うのもアリ!

フィリピンでは、いまだに書類偽造があるようだ。自分たちだけで解決できないと感じた時は、多少費用が掛かったとしても、弁護士や行政書士といったプロに手続き代行を依頼するのもアリだ。

フィリピンでは離婚できない? 国際結婚での離婚手続きはどうしたらいい?

フィリピンでは一般的に、日本と異なり離婚の概念がないため、正式に離婚するには、様々な手続きを踏んで、最終的にフィリピン側の家庭裁判所で「婚姻解消」の判決が必要となる。

【参考】国際結婚の離婚率は意外と高い!?覚えておきたい国際結婚後の離婚手続きと問題点

フィリピン人と結婚する方法は!? まずは出会いの機会を作る

フィリピン人との出会いの機会を増やす方法は4つある。

・直接フィリピンに行く
・フィリピン人が集まる場所へ行く
・国際結婚相談所を利用する
・マッチングサイトなどを使う

どの方法にも一長一短ある。いずれにしても自分に合った方法で出会いを探すのが一番だ。

フィリピン国際結婚協会は費用がかかるが手厚いサポートが魅力的

フィリピン国際結婚協会は、フィリピン人女性との国際結婚のサポートを運営する団体。費用負担は大きいものの、フィリピン人の出会いから婚姻、結婚式にいたるまでの手厚いサポートをしてくれるとのこと。

【参考】フィリピン国際結婚協会

フィリピン国際結婚協会のブログはフィリピン文化の情報満載

フィリピン国際結婚協会のブログには、現地に行かないとわからないようなフィリピン文化の情報がたくさん紹介されている。フィリピンの実情などを、ぜひチェックしてほしい。

【参考】フィリピン国際結婚協会のブログ

フィリピンで国際結婚したいけどツテがない時はお見合いツアーがおすすめ

フィリピン人とお見合いできるツアーを企画・提供している会社も多数存在する。トライしてみるのも手だ。

ステキだけど意外と苦労も多い? 国際結婚が大変といわれる理由

ここまでは、フィリピン人との国際結婚について解説してきたが、ここからはフィリピン以外の国籍の人との国際結婚事情も解説していこう。国際結婚はいいものと思われがちだが、3つの壁がある。

・言葉の壁
・文化や食事の違い
・婚姻の手続きの壁

特に文化や言葉の壁は大きい。日本ではなくパートナーの国に住む場合も、環境になじむまでに苦労するという話は多い。

家族団らん多し! 台湾人との国際結婚はここが大変

台湾は、日本よりも家族の結びつきが非常に強い。外食をするにも親戚一同で集まる機会がたくさんあるので、盆や正月くらいしか家族が一同にしない人には、びっくりすることも多いようだ。

やきもち妬きなお嫁さんにタジタジ!? タイ人との国際結婚はここが大変

タイの女性は愛情深い一方で、やきもち妬きな傾向も見られるようだ。もし結婚した場合は、飲みに行くにも奥さんの許可が必要になるかもしれない。

結婚するまでの手続きがヘビー級! ベトナム人との国際結婚はここが大変

ベトナム人との婚姻は、用意する書類がかなり多い。また家族との繋がりが強く、義家族に気に入ってもらえないと入籍できないこともあるようだ。

同じアジア圏といっても、文化や言語が違う外国人との国際結婚は困難がつきまとう。だが、国際結婚をして視野が広がった、外国人の友だちが増えたという良い体験談もある。課題はあるが、政府が外国人労働者の受け入れに積極的になっていることもあり、今後も国際結婚は増えていく可能性は高い。

※データは2019年7月下旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。

文/ねこリセット

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年5月15日 発売

最新号のDIMEは年間300万円節約するサブスク活用術!特別付録は「デジタルポケットスケール」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。