人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

タイミング、予算、新築と中古、戸建とマンション、理想の一軒家を購入するためのノウハウ

2019.07.27

販売価格が何千万円もする一軒家は、人生における大きな買い物だ。長期的な計画をもって、慎重に考える必要があるだろう。この記事では、一軒家の購入で後悔しないため知っておくべきこと、押さえておくべきポイントを解説していく。

一軒家を購入するタイミングはいつがベスト?

一軒家の購入は、返済期間の長さや月々の返済額を考えると、できるだけ若い時期に申し込んだ方が返済などで有利になることが多い。しかし、転勤の有無や結婚するかどうか、子供の数など、ライフプランが定まらない段階でローンを組むのは、あまりおすすめできない。

【参考】次に住み替えるなら購入か賃貸か?マイホーム所有者の7割が「次も購入」

一軒家を購入するのにベストな年齢なんてある?

一軒家をローンで購入するなら、一般的に30歳代~40歳代が望ましいとされている。これなら、年齢的にも無理のない住宅ローンの返済計画が立てられるからだ。また、20歳代に比べて収入が高くなることも多く、将来のライフプランが立てやすくなるはずだ。

【参考】住宅ローンの契約は45歳が1つの分岐点に!?

一軒家購入者の多くが感じる「住宅購入の大変さ」とは!?

一軒家の購入費用はどれくらい必要になるの?

一軒家を購入するには、建物のほかにももろもろの購入費用がかかる。以下にそれを解説していこう。

一軒家の購入にかかる相場は地域によって異なる

一般的に建売住宅は約3300万円前後、土地付き注文住宅は約4000万円〜が目安。ただし、この数字はあくまで全国平均であり、地方になると500万円~700万円ほど安くなることも多い。また、都心部では平均よりも高くなるケースが増える。

東京で一軒家を購入するには全国の相場よりもやっぱり高い?

首都圏や東京は、全国相場と比べ建売住宅で300万円、土地付き注文住宅は700万円ほど高くなっている。

【参考】公益財団法人 生命保険文化センター「一軒家の地域別購入価格データ」

一軒家を購入するときに頭金はどれくらい必要?

住宅ローンを組む際に頭金を用意しておけば、月々の返済額が抑えられる。目安にする金額は、物件価格の2割程度と言われている。さらに、当座の貯蓄として、それに+100万円した金額が用意しておきたいお金だ。

一軒家を購入したら税金はいくらかかるの?

一軒家の購入時には「印紙税」や「登録免許税」、「不動産取得税」などの税金がかかる。また、「消費税」も忘れてはいけない。

【参考】マイホームは増税前に買っておくべきか?

一軒家購入時の住宅ローン、返済額はどれくらいまでならOK?


住宅ローンの年間返済額は、年収の30%~35%が目安と言われている。しかし、無理のない返済をしていくなら20%以下に抑えるといいだろう。

購入するなら新築と中古どっち? それぞれのメリットを比較

中古住宅のメリットは、新築に比べて総じて2割~5割ほど安く購入できることだろう。ただし、古かったり使いづらかったりするとリフォームが必要になり、その費用も頭に入れておく必要がある。

新築は日当りや風通し、生活のしやすさなど未知数の部分もある。そのため立地条件や環境をチェックし、予算とライフスタイルを含めて検討しよう。

新築一戸建てを購入する際の注意点は?

新築一戸建ての購入費用はなるべく抑えたいところ。しかし、それで手抜き工事となれば、安心した生活を送れなくなってしまう。信頼できる業者を選ぶことはもちろん、自分でもしっかり住宅の知識を身に付けておくといいだろう。

東京の新築一戸建ては割高? 中古も視野に入れて検討しよう

東京の新築一戸建ての費用は全国相場に比べて高額だ。かといって費用を抑えれば、立地条件や広さを犠牲にすることになる。東京にこだわるのなら、中古を選ぶのも手だ。

中古の一軒家を購入した際のメリットとデメリット

前述のとおり中古住宅のメリットは、新築に比べて2~5割程度安く購入できることが多いことだ。その一方、設備や状態が悪い場合もあり、予想以上にリフォームなどに費用がかかってしまうこともある。

物件を探したい! 便利なサイトはどこ?

物件探しには、アットホームやスーモといった不動産情報サイトが便利だろう。全国の物件情報が瞬時に検索できるうえに、引っ越しにかかる費用などのお役立ち情報も満載だ。

こだわり検索に定評がある情報サイト【アットホーム】

【参考】アットホーム公式サイト

アットホームは賃貸を含め、全国各地の物件が常時150万件以上登録されている。加盟している不動産会社も5万店以上だ。これらの豊富な物件数を背景に、「こだわり検索」から理想の物件を見つけられるだろう。

アットホームなら、店舗情報検索もできる

アットホームでは、売り店舗の情報も掲載。ライフスタイルや店舗の条件に合わせて検索も可能。店舗経営をしたい方や、投資を考えている方にもおすすめだ。

アットホームなら、土地の情報も入手可能

アットホームは土地の情報も幅広く網羅し、常時10万件以上掲載している。土地面積や価格相場、沿線など、さまざまな条件で検索できるのも魅力だ。

賃貸・一軒家購入のサポートをする【スーモ】


【参考】スーモ公式サイト

スーモは賃貸住宅や一軒家を購入する人向けの情報が満載のサイトだ。宅地や分譲地などの土地の情報も豊富に掲載し、わからないことはスーモカウンターに相談もできる。

家づくりの事ならスーモカウンターで

スーモカウンターは、マイホームの購入を検討している方向けのサービスだ。家づくりのや業者選びのポイントなど、ためになる講座が無料で受講できる。個別相談も可能だ。

スーモカウンターの店舗は全国各地にある!

直接会って話を聞きたいという方は、実店舗での相談も可能だ。スーモカウンター注文住宅の店舗は、北海道から九州まで全国に130店舗以上ある。一戸建てを購入する前に相談してみるといいだろう。

スーモなら土地の情報も満載

スーモは全国の宅地・分譲地の情報も掲載している。住みたい地域や購入価格、こだわりの条件で検索できるので、理想の土地に出会えるかもしれない。

一軒家との違いは? マンション購入のメリットとデメリット

マンションは一軒家に比べセキュリティ面で優れるうえに、好立地の物件が多いといったメリットがある。一方、管理費用や修繕積立金など、購入後も金銭的負担が大きいのがデメリットだ。

そして、将来的な資産価値も期待できない。また、部屋が隣接しているため、騒音トラブルなどの問題もある。

マンション購入は一軒家購入よりも諸費用がかかる

マンション購入時は、一軒家と同じく印紙税や不動産取得税、登録免許税などがかかる。さらに、修繕積立基金やマンション管理料も必要だ。そのため、住宅取得にともなく諸費用は、マンションのほうが高くなるのが一般的だ。

新築マンションの購入には頭金が必須!?

一軒家もマンションも、現在は頭金なしでも購入は可能になっている。しかし、マンションは一軒家よりも管理費などがかかることが多く、毎月の負担額を減らすために、頭金を用意する人が80%もいるのが現状だ。

もし頭金を十分準備できないなら、無理して新築マンションを購入せず、一軒家や中古マンションを視野に入れるのも手だろう。

中古マンションを購入する時に注意することはある?

中古のマンションを購入する時は、仲介手数料などがかかってくる。また、修繕積立金が十分に貯まっていないと、修理の際に別途請求されることもある。事前に確認しておきたいところだ。

理想の一軒家を購入するには、建築費用だけでなく建築にかかる諸費用、そして維持をしていくための費用もかかってくる。そのため、自分と家族のライフプランもしっかり考えたうえで、無理のない形で家づくりを進める必要がある。

今は物件探しや、家づくりのアドバイスをしてくれる業者も多い。自分だけで悩まずに、アドバイスをもらいながら時間をかけてマイホームを手に入れよう。

※データは2019年7月下旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※住宅の購入、ローンのご利用はあくまで自己責任にてお願いします

文/ねこリセット

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。