人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

使う前に覚えておきたいリボ払いの金利手数料の計算方法

2019.07.18

クレジットカードのリボ払いは毎月の支払額を一定に抑えることのできる便利な支払い方法であるが、リボ払いを利用するために必要な金利手数料の計算方法がよく分からないという人も多いのではないだろうか? そこで今回はリボ払いの手数料の計算方法を分かりやすく説明していく。

リボ払いとは?

まず簡潔に“リボ払い”(リボルビング払いの略称)について説明する。リボ払いとは、決められた一定の金額を毎月支払っていくシステムであり、毎月5千円を支払い額と決めたら、利用額が増えてもずっと毎月5千円の支払いで済む。

そのため、手元に10万円しかなくても30万円や50万円の買い物もできてしまうのが大きな特徴である。

分割払いのため手数料の負担あり

一方で、分割払いなので利用代金に加えて支払期間に応じた手数料も負担することになる。そのため、総額の支払い額が増え、金額によってはかなりの借金を抱える可能性もあるので、利用は計画的に行う必要がある

初回手数料がかからないカードも存在

クレジットカードのリボ払いは、金利が発生するタイミングがクレジットカード会社によって違う。最初の1か月は利息が発生しないものもあれば、買い物した瞬間から利息が発生するものもある。

月々いくら? リボ払いの金利の仕組み

リボ払いの金利は基本的のどのクレジットカード会社も同じで、15%に設定されている場合が多い。例えば、楽天カードやエポスカードなどのリボ払いの金利も15%である。

この15%とはあくまでも年利(1年間、お金を借りたままにした場合にかかる手数料)であり、返すタイミングが早ければ早いほど負担する利率は変化する。半年で返済できた場合には7.5%、4か月で返済できた場合には1/3の5%……といったように、返済の早さに応じて変化していく。

1万円の商品をリボ払いで購入した場合

1万円の商品をリボ払いで購入した場合を例に挙げて、基本的な金利の計算方法を説明していく。

年利15%のリボ払いで購入し、1か月後に返済した場合の支払額は以下のような計算で求められる。

・1万円×(15%÷12=1.25%)=125円(1か月の金利)
 →1万円+125円=1万125円

リボ払いの計算方法|20万円返済の場合

ここからはより詳細にリボ払いの金利の計算方法について説明していく。金利15%で20万円の利用、元金返済を月々1万円行うケースを参考にすると、月々の支払額の変化は以下のようになる

上記の表から分かるように、月々の支払額(手数料)は徐々に減少していくが、最終的には20万円のリボ払い利用で合計2万円以上の金利手数料が必要となる。

エクセルを使って管理する方法も

借入残高や返済金額を把握する方法としてエクセル関数を利用するという手段もある。エクセルのPMT関数なら金額や金利、返済期間を入力するだけで知りたい情報を表示してくれるので、各社の返済シミュレーションを利用するよりも、知りたい情報を細かく計算することが可能である。

リボ払いがやばいと言われる理由

まず理由の一つとして挙げられるのが、基本的に「毎月の支払い額が一定」であることである。例えば、仮に数十万円利用しても毎月の支払い金額を1万円に設定しておけば、月々の支払いは1万円+手数料で済んでしまう。これが大きな落とし穴であるといえる。

繰り返しになるが、リボ払いは毎月高い手数料(利息)がかかるので、高額なショッピングをしても月々の支払額が少なければ、その大半が手数料の支払いに充てられる。すると継続的にリボ払いを利用していると、残高がいつまで経っても減らずに延々とリボ払いの返済を続けていくという仕組みだ。

リボ払いは毎月の支払い額を一定にできるので、家計を管理しやすいいというメリットがある。その一方で、計画的に利用しなければ手数料が膨れ上がってしまい、大きな借金を背負ってしまう可能性も十分にある。リボ払いには手数料が発生し、実態としては”借金”に近いことをしっかり意識し、利用する際も最小限に留めるほうがよいだろう。

文/praia

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。