小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

注ぎ方でこんなに味が変わる!注目のアンテナショップ「サッポロ生ビール黒ラベルTHE BAR」の歩き方

2019.07.16

870名限定ナンバー入りの「マイグラス」も

 マイナンバーの入ったオリジナルグラス2個を店内でキープできるシステムを採用。グラス保管料は年間500円。870名限定で、7月は先着100名まで発行、以降毎月1日に70番ずつ番号を追加していく。会員カードにシリアルナンバーとQRコードが入っており、来店時にカード提示すると自分専用グラスに注いで提供してくれる。使用するコースターも一見用と会員用では別仕様になっている。

 フードメニューは“銀座のお通し”をテーマに、常時5~7種類ほどの軽くつまめるメニューを用意。メインメニューの「銀座サンド」(480円)は、銀座料飲組合の協力で銀座の名店に監修してもらった、おつまみサンドウィッチを定期的に替えて提供する。7、8月はとんかつの「銀座梅林」のヒレカツサンド。

 支払いはクレジットカード、電子マネーのみのオールキャッシュレスを採用。営業時間、休日などの詳細はサイトを参照。

【AJの読み】とにかく飲み比べ体験してみて

 素材となるビールは同じなのに、注ぎ方で本当に味が変わるのか?確かに3種類を比べると泡の質感は見た目でも違う。下記画像は右から「ファースト」「パーフェクト黒ラベル」「ハイブリッド」だが、「ファースト」は泡が消えるのが早く、3品揃うのを待つ間にすでに消えかかっていた。

 試飲は「ファースト」と「ハイブリッド」の2種にトライ。「ファースト」は泡がざっくりとして、味にキレがあり、のどごしの良さは断トツ。液温も4度と他の2種と同じだが、より冷たく感じる。泡にも苦味が混じり昔ながらの生ビールの味だ。最初の1杯としておすすめとのことだが、暑い時期はとくにクーッと飲める爽快さで、“とりあえずビール”としては最高の1杯。ビールは劣化が早く、注いでから時間が経つとえぐみが出てくるが(宴会でほったらかしにされたピッチャーでのあの味を思い出してみよう)、泡でふたをすることで劣化のスピードを調整しているため、泡が消えやすい「ファースト」はえぐみが出る前に一気に飲みたい。

「ハイブリッド」は2口カランで注いだビール液にスウィングカランで泡をのせているが、ファーストとは違い、細かくふんわりとした泡で泡自体もなかなか消えず、苦味も感じない。ビールの味もまろやかになり、なめらかな舌触りで、クラフトのような風味も感じる。「パーフェクト黒ラベル」は体験していないが、味は「ハイブリッド」と同じなのでまろやかさがあると想像できるが、見た目は弾力があるもっちりとした泡という印象だった。

 原則1回で2杯までということなので、夏場は「ファースト」→「パーフェクト黒ラベル」もしくは「ハイブリッド」の流れがおすすめ。同じビールなのにこんなに味が違うんだ!と飲んでみるとまさに実感できる。

文/阿部 純子


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!Amazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年9月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「ドラえもん DRY BAG」! 特集は「攻める節約、守る投資」「eスポーツ観戦ガイド」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。