人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

コンプレッサー式とデジカント式、除湿機を買うならどっちが正解?

2019.07.10

エアコンの除湿機能と同じ方式を採用したコンプレッサー式の除湿機は、ヒーターを使用したデジカント式除湿機にはない強みがあり、2つのタイプを比較することでよくわかります。

ここでは、コンプレッサー式とデジカント式を比較してわかるコンプレッサー式の特徴や、除湿機の選び方がわからない方のために、コンプレッサー式とデジカント式を1台にまとめた万能タイプのハイブリッド式除湿機をご紹介します。

除湿機はコンプレッサー式がおすすめ! デジカント式との違い

コンプレッサー式の除湿機は、除湿力の高さや省エネなど魅力が多くあります。デジカント式と比べると、コンプレッサー式の特徴・強み・どんな場面・季節で活躍するかなどがよく分かります。ここでは、コンプレッサー式の性能やデジカント式との違いをご紹介します。

除湿機のコンプレッサー式とは? デジカント式と何が違う?

コンプレッサー式は、部屋の湿った空気を取り込み、湿気を冷やすことで水滴に変えて除湿する方式です。エアコンの除湿運転と同じ仕組みのコンプレッサー式除湿機は、除湿する力が強く、温度の高い夏などの季節に活躍します。

デジカント式は、乾燥剤(ゼオライト)を使用し、フィルターに水分を吸着させ、除湿します。吸着した水分をヒーターで暖めた後、熱交換器内で冷やし、水滴にします。ヒーターを使用するので部屋の温度を上げてしまい、夏場には向いていませんが、冬の結露防止には役立つ方式です。

コンプレッサー式除湿機をおすすめする理由は? コンプレッサーのメリット

デジカント式と比較してわかるコンプレッサー式の除湿機のメリットは、ヒーターを使用しないので、消費電力が少なく電気代が安く済み、室温の上昇も少ないので、気温の高い夏場などに活躍します。また、除湿力が高いのも魅力の1つです。製品によっては、1日に空気中の水分18Lを除湿してくれるモノもあり、除湿量の多さはコンプレッサー式の強みです。

冬場の除湿機はコンプレッサー式?デジカント式? 温度で変わる使い分け

冬場などの気温が低い時期は、コンプレッサー式は除湿力が落ちてしまい、効果を充分に発揮できません。結露対策や冬場にはデジカント式が向いていますが、コンプレッサー式除湿機の中には、「冬モード」が搭載されている製品があり、室温が下がっている場合、ヒーターを併用した除湿を行い、冬場にも高い除湿力を発揮できるコンプレッサー式除湿機が販売されています。

コンプレッサー式除湿機の電気代はデジカント式の半分で済む?

コンプレッサー式の除湿機は、電気代が1時間あたり5円程度の製品が多く、節約モードを搭載している場合、1時間あたり約3円で除湿できます。デジカント式はヒーターを使用しているので、1時間あたりの電気代が10円以上のモノが多く、コンプレッサー式に比べると倍の値段がかかります。(電力料金目安単価27/kWh(税込)にて計算した場合)

毎日5時間、1年間(360日)使用したとすると、コンプレッサー式の場合は9000円、デジカント式の場合は18000円と、電気代の差がかなり開いてきます。

コンプレッサー式とデジカント式の除湿機では、どちらの運転音が静か?

除湿力の高いコンプレッサー式はパワフルなため、運転音が大きいのがデメリットです。振動音が気になる方は、静音モードや夜干しモードの機能が搭載された製品をおすすめします。運転音が静かなモードは、パワーは落ちてしまうものの、40dB以下(図書館内やささやき声ほどの音量)で動作するので、夜でも使用できます。

内部乾燥・抗菌フィルター搭載のコロナのコンプレッサー式除湿機

CORONA 除湿機 CD-P6319

○本体サイズ:高さ51.5cm×幅22cm×奥行33cm
○タンク容量:3.6L
○除湿面積:木造7畳/プレハブ11畳/鉄筋14畳

内部乾燥モードを使用することで、本体内部を乾燥させ、カビの繁殖やニオイがこもるのを防いでくれます。10年交換不要のウイルス抑制・除菌・脱臭フィルターが付属し、ペットやタバコのニオイ・ウイルス・細菌を抑制してくれます。

【参考】CORONA公式 製品詳細ページ

4段階モードと風向き調節ができるアイリスオーヤマのコンプレッサー式除湿機

IRIS OHYAMA IJC-H65 衣類乾燥除湿機

○本体サイズ: 高さ53.5cm×幅31.9cm×奥行20.4cm
○タンク容量:2.5L
○除湿面積:木造7畳/プレハブ11畳/鉄筋14畳

衣類乾燥/自動/標準/弱の4段階のモード切り替えと、風向きを広角/上方向/下方向に調節することができ、用途に合わせた乾燥を設定できます。

【参考】IRIS OHYAMA公式 製品詳細ページ


コンプレッサー式?デジカント式?除湿機の選び方で迷った時はハイブリッド式!

夏場はコンプレッサー式が活躍し、冬場はデジカント式が役立つ除湿機ですが、1年中パワフルで省エネに除湿したい! また、洗濯物の量が多すぎて乾かない……という方には、ハイブリッド式がおすすめです。ここでは、コンプレッサー式かデジカント式か選べない時におすすめのハイブリッド式除湿機についてご紹介します。

ハイブリッド式の除湿機とは? メリット・デメリット

ハイブリッド式とは、コンプレッサー式とデジカント式の良いところを1台にまとめた除湿機です。夏場はコンプレッサー式で室温上昇を防ぎつつ、省エネに除湿し、冬場はヒーターを使用してパワフルな除湿力をキープしてくれます。オールシーズン使用できる万能な除湿機ですが、コンプレッサーとヒーターを内蔵しているので、本体サイズが大きめになり、本体価格が高価な製品が多いのがデメリットです。

ハイブリッド式除湿機のおすすめ便利機能

ハイブリッド式の除湿機は、室温に合わせて1年中パワフルな除湿力を保ってくれるのが魅力の1つです。また、コンプレッサー式で除湿するか、デジカント式でヒーターを使うか、環境によって最適な除湿を行えるため、1年中使用したとしても、無駄な電力を使わず、電気代を抑えた省エネ運転ができるのも魅力的です。洗濯物が多い家庭などでは、衣類乾燥にも役立ち、1年中洗濯物の生乾きやニオイを防ぎ、時短としても役立ちます。

2つの方式を搭載したパナソニックのハイブリッド式除湿機の電気代は?

パナソニックの衣類乾燥除湿機F-YHRX200の「おまかせモード」を使用した場合、1回あたりの電気代は約10.4円です。(新電力料金目安単価1kWh=27円(税込)で計算)おまかせモード1回72分を、1日3回/1か月(30日)使用した時の電気代は936円となります。さらにオトクに使用したい場合は、衣類の量に合わせた風の範囲と温度・湿度を約1分毎に検知する「エコナビ」機能を使用したり、洗濯物が乾いたら自動で運転を停止する「カラッとセンサー」が搭載された製品があります。

菌・ニオイ・花粉を抑制してくれるパナソニックのハイブリッド式除湿機

Panasonic ハイブリッド方式 衣類乾燥除湿機 F-YHRX200

○本体サイズ:高さ66.2cm×幅37.8cm×奥行29.6cm
○タンク容量:5.0L
○除湿面積:木造19畳/プレハブ29畳/鉄筋38畳

幅広い範囲に風を送る約165cmのワイド送風ができ、洗濯物の乾燥などにも役立ちます。OHラジカルを多く含むイオン「ナノイーX」で、除菌効果やニオイの抑制ができ、花粉(スギ花粉など)を抑制する花粉モードも搭載しています。

【参考】Panasonic公式 製品詳細ページ

Amazonランキング上位のハイブリッド式はパナソニックの除湿機

Panasonic ハイブリッド方式 衣類乾燥除湿機 F-YHMX120

○本体サイズ:高さ58cm×幅37cm×奥行22.5cm
○タンク容量:3.2L
○除湿面積:木造11畳/プレハブ17畳/鉄筋23畳

省エネ運転ができるエコナビ機能やカラッとセンサーを搭載し、衣類乾燥後に部屋乾燥へと自動で移行するカラッとキープ機能も付いています。クローゼットなどの乾燥にも使用でき、1日に約12.5Lの水分を除湿できるパワフルなハイブリッド式除湿機です。

【参考】Amazon 製品詳細ページ

コンプレッサー式やデジカント式、ハイブリッド式の3タイプの衣類乾燥除湿機をご紹介しました。それぞれ活躍する環境が違うので、使用環境に合った除湿機を探してみてはいかがでしょうか。

※データは2019年7月上旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用、操作はあくまで自己責任にてお願いします。

文/Sora

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。