人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

入門用から本格レース仕様まで!ロードバイクのおすすめ12選

2019.07.04

長距離のツーリングやヒルクライムに適した、ロードバイク。元々は競技用に作られた自転車だが、最近では通勤・通学で利用する人も少なくない。

本記事では、初心者はもちろん2台目以降の購入を考えている方におすすめのロードバイクを紹介する。予算を決めたら、各製品のデザイン・機能性をじっくり比較してみよう。

【目次】

人気メーカーのおすすめロードバイク

価格が安いコスパ最強のおすすめロードバイク

ミドルグレードのおすすめロードバイク

カーボン製のおすすめロードバイク

人気メーカーのおすすめロードバイク

はじめに、人気メーカーのおすすめロードバイクを紹介する。メーカーごとに、特徴や力を入れている機能は異なる。まずは用途を明確にし、必要な機能が備わっているか見極めよう。

Cannondale  SYSTEMSIX HI-MOD DURA-ACE DI2

Cannondale(キャノンデール) SYSTEMSIX HI-MOD DURA-ACE DI2

キャノンデールのSYSTEMSIX HI-MOD DURA-ACE DI2は、国際自転車競技連合(UCI)の基準をクリアしたエアロロードバイク。「世界最速レベルのスピード」に加速できるのが特徴だ。

アクセサリーが充実しており、自分好みにカスタマイズしやすいのもポイント。レース用・普段使い、どちらにも対応できる、上級者向けのロードバイク。

出典 公式サイト|Cannondale(キャノンデール) SYSTEMSIX HI-MOD DURA-ACE DI2

GIANT CONTEND 2

GIANT(ジャイアント) CONTEND 2

ジャイアントのCONTEND 2は、2つの人気シリーズ(TCR・ディファイ)のアルミグレードをミックスさせたロードバイク。本格的なレースから通勤・通学などの普段使いまで、幅広く活躍する1台だ。

軽量なアルミフレームは、快適性・剛性のどちらも兼ね備えている。サブブレーキレバーを採用し、安全性に配慮しているのもポイント。

出典 公式サイト|GIANT(ジャイアント) CONTEND 2

Anchor(アンカー) RL6W EX

Anchor(アンカー) RL6W EX

ブリヂストンサイクルのブランドAnchor(アンカー)のRL6W EXは、女性用に設計されたロードバイク。ハンドルバーやギアが軽量・コンパクト仕様なので、小柄な女性にもフィットしやすい。

軽量なアルミフレームを採用し、推進力と振動吸収性の高さを実現。長距離の走行にもおすすめ。

出典 公式サイト|Anchor(アンカー) RL6W EX

価格が安いコスパ最強のおすすめロードバイク

ここでは、価格が安いコスパ最強のおすすめロードバイクを紹介する。初めてロードバイクを購入する方は、価格が安く最低限の機能が備わったものを選ぶのも良いだろう。

Cycle System JAPAN ZNX-7014

Cycle System JAPAN ZNX-7014

Cycle System JAPANのZNX-7014は、優れた強度重量比を持つ「クロモリフレーム」を採用したロードバイク。

ホイールに「60mmディープリム」を使用しており、スピードを維持しやすい。シマノSTIデュアルコントロールレバーを搭載し、ブレーキと変速を1本のレバーで操作できるのもポイント。

出典 公式サイト|Cycle System JAPAN ZNX-7014

 

アマゾンでの購入はこちらから

FUJI(フジ) NAOMI(Brushed Aluminum)

FUJI(フジ) NAOMI(Brushed Aluminum)

フジのNAOMI(Brushed Aluminum)は、フレーム内にケーブル類を内蔵させたロードバイク。車体の重量は9kgを切る軽量さで、軽快な走行が可能だ。スタイリッシュなデザインで、高級感があるのも魅力。

出典 公式サイト|FUJI(フジ) NAOMI(Brushed Aluminum)

 

アマゾンでの購入はこちらから

ANIMATO(アニマト) CRESCENDO

ANIMATO(アニマト) CRESCENDO

アニマトのCRESCENDOは、街中での使用から長距離走行まで、幅広いシチュエーションで活躍するロードバイク。シマノ社の「Claris」を採用し、ハンドルバーを握ったままブレーキとギアチェンジできるのが特徴だ。

工具を使用せずに、車輪の取り外しができるのもポイント。初心者から本格派まで満足できる、オールマイティーな1台。

出典 公式サイト|ANIMATO(アニマト) CRESCENDO

 

アマゾンでの購入はこちらから

ミドルグレードのおすすめロードバイク

ここでは、ミドルグレードのおすすめロードバイクを紹介する。街乗りだけでなくレースの参加も視野に入れている方は、ここで紹介するものを参考にしよう。

TREK Madone SL 6

TREK Madone SL 6

TREKのMadone SL 6は、速さを求める人におすすめのレース用ロードバイク。流線型フレームが、その速さをサポートする。路面振動を軽減させる「IsoSpeedフレーム」を採用することで、疲労が蓄積しにくいのもポイント。

出典 公式サイト|TREK Madone SL 6

SCOTT FOIL 20

SCOTT FOIL 20

SCOTTのFOIL 20は、トップクラスの軽量さが魅力のロードバイク。薄いシートステイを採用するこにより、ラフな路面での滑らかな走行を実現した。左右対称の「Shimanoダイレクトマウントブレーキ」は、エアロ性能を下げることなく、高いブレーキ性能を発揮してくれる。

出典 公式サイト|SCOTT FOIL 20

Felt(フェルト) FR30 日本限定モデル

Felt(フェルト) FR30 日本限定モデル

フェルトのFR30 日本限定モデルは、コンピューター解析とテストを重ね、細部にまでこだわって作られたロードバイク。加速性・反応性に加え、振動吸収性や路面追従性もしっかりと備わっている。レースだけでなく幅広い走行に対応するオールラウンド仕様。

出典 公式サイト|Felt(フェルト) FR30 日本限定モデル

 

アマゾンでの購入はこちらから

カーボン製のおすすめロードバイク

最後に、カーボン製のおすすめロードバイクを紹介する。軽量で剛性があるカーボン素材のロードバイクは、荒れた路面の走行や長距離の走行に最適だ。

GIANT  TCR ADVANCED 1 KOM

GIANT(ジャイアント) TCR ADVANCED 1 KOM

ジャイアントのTCR ADVANCED 1 KOMは、軽量で高い剛性を持つカーボンフレームを採用したロードバイク。採用している「チューブレスレディタイヤ」には、走行効率を高めながらもパンクしにくいメリットがある。振動吸水性・エアロ性能に優れているのもポイント。

出典 公式サイト|GIANT(ジャイアント) TCR ADVANCED 1 KOM

Anchor RS9 ELITE

Anchor(アンカー) RS9 ELITE

アンカーのRS9 ELITEは、乗り手が欲している性能を具体化したロードバイク。車体は軽量ながら推進力があり、剛性バランスも良い。コンポーネントには「シマノ・アルテグラ」を採用し、操作性の高さを実現した。

出典 公式サイト|Anchor(アンカー) RS9 ELITE

GIOS TORNADO(トルナード)

ブリヂストンサイクルのブランド「Anchor(アンカー)」のRS9 ELITEは、新しいカーボン素材を使用したレーシング用のロードバイク。「進む性能を最大化する」というキーワードのもと、乗り手が欲している感覚的な性能を具現化しているのが特徴だ。しっかりと推進力を産み出す剛性バランスを持ちながら車体は非常に軽量である。コンポーネントにシマノ・アルテグラを搭載し、操作性が高いのもポイントだ。

GIOSのTORNADO(トルナード)は、長距離・オフロードに最適なカーボンフレームを採用したロードバイク。

軽量ながら強度の高い「ロングホイールベースフレーム」を使用することで、振動吸収性を高めている。ヒルクライムやロングライドでも、高いパフォーマンスを発揮する1台。

出典 公式サイト|GIOS TORNADO(トルナード)

 

※当記事に掲載している価格等の商品情報は、記事公開時のものとなります。

文/oki

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。