小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

みんながドラッグストアで買っているものランキング、3位トイレットペーパー・ティッシュ、2位マスク、1位は?

2019.06.28

医薬品から日用品、食品まで、生活に欠かせない商品を豊富にそろえているドラッグストア。最近では、調剤薬局として医師の処方箋を扱う機能や、各種健康サービスも提供するドラッグストアが増え、利用客層は広がっている。

今回プラネットは、2017年から2年ぶりに「ドラッグストア」に関するアンケートを実施した。利用頻度や購入する商品について、スーパーやコンビニと比較した。また、居住環境などの属性別に、ドラッグストアの利用シーンを探ったので紹介しよう。

ドラッグストアに関する意識調査

はじめに、スーパー、ドラッグストア、コンビニそれぞれの利用頻度を聞いた。すると、ドラッグストアを“週1回以上”利用している人の割合は約3割。2017年よりも増加している。

また、男女別では女性のほうが、性年代別では若年層ほど、利用頻度が高くなっている。医薬品や日用品に強いドラッグストアは中高齢層のほうがよく利用しているイメージだったので、若年層のほうが利用頻度が高いのは意外だ。

「スーパー」「コンビニ」を見ると、最も数値が高かった項目は「週に2〜3回程度」、次いで「週に1回程度」。これに対して、「ドラッグストア」では「月に2〜3回程度」が最も多く、次いで「月に1回程度」だった。

「スーパー」「コンビニ」にはちょくちょく足を運んでこまめに買い物をし、「ドラッグストア」では“まとめ買い”をする傾向にある。“週1回以上”計を住環境別に調べると、利用頻度順は「スーパー」「コンビニ」「ドラッグストア」で変わらないものの、「都市部」を離れ「地方」になるほど、「ドラッグストア」のシェアが上がっている。

次に、医薬品や日用品をどこで買うことが多いか、商品項目別に、最もよく購入する場所を聞いた。
 
10項目のうち「市販薬(かぜ薬、目薬、胃腸薬など)」「ヘアケア用品(シャンプー、リンス、整髪料など)」「マスク」「スキンケア用品(化粧品、乳液、リップクリームなど)」などの5項目で、「ドラッグストア」と答えた人が最も多い結果に。一方、「お菓子・アイスクリーム」「ミネラルウォーター・清涼飲料水」などの3項目で「スーパー」が最も高い。

「ドラッグストア」では日用品類を、「スーパー」では飲食品類を買う人が多いようだ。利用頻度を聞いたはじめの調査の結果(表1)では、「スーパー」「コンビニ」の利用頻度は高いが、医薬品や生活に欠かせない日用品は「ドラッグストア」で買う人が多い。かさばるペーパー類やマスクなどは、やはり“まとめ買い”しているのだろう。

なお、1位は「ドラッグストア」と「スーパー」がほぼ占めているが、2位が最も多かったのは「その商品は実店舗では購入しない/ふだん購入しない」。つまり、実店舗の「ドラッグストア」や「スーパー」に次いで、インターネットで購入している人が多い。「ドラッグストア」で買う人が圧倒的に多い「市販薬」も、2割がインターネットを利用しているようだ。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年7月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDリングライトPREMIUM」! 特集は「今、読むべき 観るべきマンガとアニメ」、「2021上半期ヒット商品大検証」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。