人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.07.02

早めの完済がおすすめ!リボ払いを一括返済するメリット

クレジットカードのリボ払いは毎月の支払額(元本返済額+手数料額の合計)を一定におさえることができ、支払い計画が立てやすいというメリットがある。しかし、その一方で無計画にリボ払いを利用してしまった結果、返済額は一定でも返済のゴールが見えなくなってしまうという事態を招くこともある。そこで今回はいざという時のために知っておきたい“リボ払いの一括返済”について説明していく。

リボ払いとは?

まず簡潔に“リボ払い”(リボルビング払いの略称)について説明する。リボ払いとは、決められた一定の金額を毎月支払っていくシステムであり、毎月5千円を支払い額と決めたら、利用額が増えてもずっと毎月5千円の支払いで済む。

そのため、手元に10万円しかなくても30万円や50万円の買い物もできてしまうのが大きな特徴である。

分割払いのため手数料の負担あり

一方で、分割払いなので利用代金に加えて支払期間に応じた手数料も負担することになる。そのため、総額の支払い額が増え、金額によってはかなりの借金を抱える可能性もあるので、利用は計画的に行う必要がある。

リボ払いの金利は?

「リボ払いの手数料(利息)は高い」と説明してきたが、実際にはどれくらいなのか、気になる人も多いだろう。当然カード会社によって多少異なるが、年利15%に設定されていることが多い。もちろん残高が高額になるほど毎月支払う手数料は高くなる。

リボ払いの一括返済

リボ払いは確かに便利な方法ではあるが、手数料が高いことと、返済期間がとにかく長くなってしまうことがネックである。そのため、ボーナスなどが入るタイミングでリボ残高を一括返済してしまいたいと考える人も多いのではないだろうか。ただしカード会社によって一括返済の方法は異なっており、場合によっては一括返済できないところもあるので、注意が必要だ。

一括返済の方法

現在の返済方法がリボ払いになっている場合、基本的に電話やカード会社のホームページ(会員ページ)から支払い方法の変更ができる。支払いの方法は各カード会社により違いがあるので、同様にホームページや電話で確認してみるといいだろう。

エポスカードの場合

ここからは具体的に代表的なクレジットカードを数例紹介し、リボ払いの一括返済への切り替え方法を説明していく。エポスカードの場合はインターネット(ペイジー)やコンビニのATMなどで増額の支払いが可能である。

セゾンカードの場合

同じくセゾンカードの場合も、セゾンカードと同様にホームページからいつでも支払方法変更の申し込みが可能である。ここで取り挙げた例からも分かるとおり、基本的に一括支払の申し込み時に特定店舗への来店などの手間が必須となることはない。細かな方法は会社によって異なるが、自宅で簡単に手続きを済ますことができる。

一括返済のメリット

ここからはリボ払いの一括返済のメリットを紹介していく。繰り返しになるが、リボ払いは利用代金に加えて支払期間に応じた手数料も負担することになる。すなわち、一括返済で得られる最大のメリットは、今後支払わなければならなかったであろう手数料を軽減することにより期間全体での総支払額を抑えられることである。

手数料(利息)の支払いで苦しむケースが多い

リボ払いはその仕組み上、最終的な返済額が多くなってしまう傾向にある。というのも、リボ払いの最大の特徴は返済額が優先して手数料(利息)に充てられるからだ。そのため、借入残高(元金)がなかなか減らない状態に。そして利息は毎月計算されるため、なかなか元金が減らずに毎月多くの利息があらためて計算されるからだ。このサイクルを抜け出すには、金銭的に余裕ができた場合は一括返済(あるいは繰り上げ返済)を利用して元金を減らすほうがよいだろう。

一括返済の前には家計の状況を確認

一括返済によって家計が苦しくなり他から借金することになっては元も子もないので、一括返済の前にはよく家計の状況を検討するべきである。もし、すでにリボ払いの返済に行き詰まっている状況であれば弁護士(司法書士)の無料相談等を利用してみるのもよいだろう。

文/praia

※データは2019年6月下旬時点での編集部調べ。
※本記事は借り入れを推奨する目的はありません。あくまで自己責任・自己判断でご利用下さい。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。