人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.06.20

Androidスマホのおさいふケータイ機能をiPhoneに移行することはできる?

 スマートフォンを利用しているならば、現金の代わりに「おサイフケータイ」を利用している方も多いことでしょう。しかし、iPhoneでもおサイフケータイって使えるんでしょうか?

iPhoneでおサイフケータイ替わりは「Apple Pay」?

 iPhone7 /7 Plus以降のiPhoneにはFeliCaチップが搭載されており、2016年10月から日本でも「Apple Pay」のサービスが利用できるようになりました。

 Apple Payとは、iPhoneを使った「非接触型」の「決済サービス」のことを指しますが、「おサイフケータイ」とは似て非なるものです。つまり「おサイフケータイ」をiPhoneで利用することはできません。

 しかし、Apple Payのサービスも、おサイフケータイのサービスに似た機能が含まれます。おサイフケータイの替わりにApple Payを活用すると便利でしょう。

https://www.apple.com/jp/apple-pay/

Apple Payは、ここ最近のiPhoneやiPad、Apple Watch、Touch IDが搭載されているMacなどのデバイスでも使えます。

 例えば、Apple PayにSuicaを追加すれば、Suicaへのチャージも、Suica定期券の更新もWalletアプリの中で直接設定できますので、券売機の列に並ぶ手間がなくなります。

 しかも、全国相互利用サービスの対象となっている交通系ICカードなら、日本各地で利用できます。

 また、Apple Payを利用すれば、クレジットカードやプリペイドカードのように、レジでお財布からカードを取り出す必要すらありません。

 Apple Pay に登録した、Suica、クレジットカード、プリペイドカードは、搭乗券、ポイントカード、ギフトカードなどと一緒にWalletアプリの中に保存できますし、日本のほぼすべてのクレジットカードとプリペイドカードに対応しており便利です。

 対応するカードをiPhoneにある「Wallet」へ追加しても、カードのポイントはすべて引き続き加算され、特典もこれまで同様に利用できます。ようするに、とても便利です。

iPhoneにApple Payを設定するには?

 ここでは、iPhoneにApple Payをお手軽カンタンに設定する方法をご案内いたしましょう。

Androidスマホのおサイフケータイ機能はiPhoneに移行できる?

これまで使っていた、Androidスマホのおサイフケータイ機能はiPhoneに移行できるのでしょうか? 基本的には、 Suica、iD、Quick Payのサービスならば可能です。詳細については後述いたします。

iPhoneのApple PayでSuicaは使える?

 すでに所有しているカード形の Suica を、Apple Pay対応の iPhone に追加するには以下の設定を行います。

●「Wallet」アプリを開いて、プラス記号をタップします。
●「次へ」をタップしてから、「Suica」をタップします。

●カードの裏面に記載されているカード番号の下 4 桁を「カード番号」欄に入力します。
●My Suica (記名式) や Suica 定期券を追加する場合は生年月日を入力して、「次へ」をタップして利用条件を読み、同意する場合は「同意する」をタップします。
●iPhone をカードの中央部の上に置き、しばらく iPhone を動かさずにカードの上に置いたままにしておきます。設定完了まで数分かかる場合があります。

設定完了すれば、iPhoneでSuicaが使えるようになります。Apple Watchで使えるようにするには、さらにApple Watch AppでiPhoneの情報を転送する操作を行います。

iPhoneのApple Payでnanacoは使える?

 普段、セブンイレブンのコンビニへ出かけることが多い人は、ApplePayが「nanaco」(セブン&アイ・ホールディングスが提供する電子マネー)に対応していたら、どんなに便利かと思うはずです。

 しかし、残念ながら、2019年6月上旬時点では、ApplePayはnanacoに対応していません。

 近々、セブン-イレブンでは、新しい電子決済サービス「セブン・ペイ」を提供するようですので、恐らく、Apple Payにも対応してくれるのではないでしょうか? ……と淡い期待を抱いています。

iPhoneのApple PayでiDは使える?

 iPhoneのApple Payでは「iD」が使えます。設定方法は以下の手順となります。

●Wallet アプリを開いて 追加ボタン をタップします。
●画面の案内にそって新しいカードを追加します。セキュリティコードの入力を促す画面が出たら、入力します。
●カード会社が、お客様情報を確認し、Apple Pay で使えるかどうかを判断して、OKとなったら、「次へ」をタップすることで Apple Pay を使えるようになります。

 ちなみに、カード会社によって、「iD」で登録されることもあれば「Quick Pay」で登録されることもあります。これはユーザーが任意に指定できず、カード会社別に強制的に指定されるのですが、使い勝手は一緒です。

iPhoneのApple Payで楽天Edyは使える?

 普段、楽天市場を利用している人は、Apple Payが楽天Edyにも対応していたら、どんなにステキだろうと思うでしょう。しかし、残念ながら、現時点では、ApplePayは楽天Edyは対応していません。

iPhoneのApple PayでEdyは使える?

 電子マネーのさきがげでもあった「Edy」は、2012年に楽天グループの傘下となり、名称が「楽天Edy」に変更になりました。つまり、「Edy」=「楽天Edy」と言って差し支えありません。したがって、現時点では、ApplePayは楽天Edyは対応していません。

 まとめると、「Apple Pay」で使えるカードは
●Suica
●クレジットカード
●デビットカード
となります。いわゆる後払い式ですね。

「nanaco」「Edy」「WAON」といった前払い式の電子マネーは、「Suica」を除き利用できるものが限られます。

 ただし! 紛らわしいですが、「Edy」のポイントが貯まる「楽天カード」や、「WAON」のポイントが貯まる「イオンカード」は、「クレジットカード」として登録すれば、カードを利用する毎にポイントが貯まります。

 そういったカードを普段使い用として登録するのが一番楽ちんですし、問題がないかと思われます。

iPhone版おサイフケータイ「Apple Pay」ってキャリアで使い方は違うの?

 Apple直販で購入できるだけでなく、ドコモ、au、ソフトバンクでそれぞれ販売されているiPhone。それぞれのキャリアごとに「Apple Pay」の使い方は違うのでしょうか?

「Apple Pay」をドコモで使うにはどうするの?

 「Apple Pay」をドコモで使う場合、特にドコモ特有の設定方法というものはありません。クレジットカードを登録する方法と同様です。

 ただし、ドコモでは、携帯料金やショッピングでお得な「dポイント」が貯まるクレジットカード「d カード」が提供されていますので、Apple Payに登録しておきますと、何かと便利です。

【参考】Apple Pay(iPhoneの方)

「Apple Pay」をauで使うにはどうするの?

 「Apple Pay」をauで使う場合も、au特有の設定方法というものはありません。クレジットカードを登録する方法と同様です。

 auの場合、お買い物するたびにWALLET ポイントも貯まる「auウォレットプリペイドカード/auウォレットクレジットカード」が提供されていますので、これまた、Apple Payに登録しておきますと、とても重宝します。

【参考】au WALLET

「Apple Pay」をソフトバンクで使うにはどうするの?

 「Apple Pay」をauで使う場合も、ソフト特有の設定方法というものはありません。クレジットカードを登録する方法と同様です。

 ソフトバンクでは、お買い物をするたびにTポイントが貯まる「ソフトバンクカード」が提供されていますので、、Apple Payに登録しておきますと、とても好都合です。

【参考】ソフトバンクカードでApple Pay をはじめよう。Tポイントも貯まります。

格安スマホのSIMを使ったiPhoneでもおサイフケータイって使えるの?

ちなみにApple Payのサービスは、特にキャリアに依存するものではありませんので、Apple Payに対応するカードさえあれば、格安スマホのSIMを利用していても、問題無くApple Payは利用が可能です。

 もちろん、Apple Watchにも転送できます。筆者は格安SIMでApple Payを絶賛利用中です。

おサイフケータイジャケットってまだあるの?


 おサイフケータイ ジャケット01は、Apple Pay機能がない、iPhone 5/5s/6/6 Plusで、おサイフケータイ機能を後付けできるガジェットです。

 iPhoneの操作だけで、おサイフケータイの各種サービスが手軽に利用可能です。

 この商品のメリットとしては、「iD」や「Quick Pay」のほか、なんと「楽天Edy」が使えます。その反面、「Suica」は使えず、また本体を定期的に充電してあげる必要があり、時々iPhoneとの接続が切れたら、再接続の設定をしてあげなければいけない等のデメリットなどもあります。

 そのほか、プラスチックの電子カードを、iPhoneのケースの間に挟んで使う、という使い方もあるようですが、間にケースを挟むことによって、データの送受信にエラーが出る可能性も多くなり、あまりオススメはしません。

 やはり Apple Payに対応した機種に買い換えてApple Payの機能を使うのが無難かと思われます。

 たくさんのテクニックを巧みに操り、iPhoneでおサイフケータイを有効活用いたしましょう!

※データは2019年6月中旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用、操作はあくまで自己責任にてお願いします。

取材・文/FURU

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。