人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ケータイ・スマホの故障理由ランキング、3位「動作が遅い」、2位「バッテリーが持たない」、1位は?

2019.05.24

書籍や服、自動車と同じように、ケータイ・スマートフォンの中古流通も徐々に当たり前になってきた。その際に「下取りサービス」があれば便利そうだが、実際のところ、どれくらいの利用意向があるのだろうか?

そこで今回、ケータイ・スマートフォンの下取りサービス、さらには補償サービスにフォーカスをあてたアンケート調査が、日本在住の男女1,010人とアメリカ在住の男女1,111 人を対象に行われた。

携帯電話端末の下取りサービス利用意向、日本は 61.6%、米国は 70.0%

スマートフォン・携帯電話を所有している日本在住の15歳~69歳の男女(n=973)に対して、次回携帯電話購入の際に、「下取りサービス(下取りプログラム)」を利用したいと思うかを尋ねる調査が行われたところ、日本では「とても下取りサービスを利用したい(27.2%)」「やや下取りサービスを利用したい(34.3%)」を合算した利用意向は 61.6%であった。

同様の設問をスマートフォン・携帯電話を所有しているアメリカ在住の 15歳~69歳の男女(n=1,081)に対して尋ねる調査が行われたところ、「とても下取りサービスを利用したい(31.1%)」「やや下取りサービスを利用したい(38.9%)」を合算した割合は 70.0%となった。

続いて、下取りサービス利用意向を以前利用していた携帯電話の処分方法別で見ると、日本では自宅保管している人(n=592)の 52.4%、機種変更の際に通信キャリアの下取りサービスを利用した人(n=186)の 90.3%、携帯電話買取店へ売却した人(n=72)の 81.9%が下取りサービスへの利用意向がわかった。

アメリカでは、自宅に保管している人(n=503)の 65.0%、機種変更の際に通信キャリアの下取りサービスを利用した人(n=178)の92.7%、家族・友人に譲った人(n=152)の 68.4%が下取りサービスを利用したいと回答したことがわかった。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年11月16日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「8.5インチ デジタルメモパッド」!特集は「GoToトラベル完全攻略」「ベストバイ2020」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。