小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

高い音響性能を実現したファニチャーライクなJBLのスピーカーシステム「スタジオ6シリーズ」

2019.05.24

アメリカ カリフォルニア発祥の世界最大級のオーディオブランド「JBL」から、 伝統のコンプレッションドライバー&ホーン技術を採用し、 ピュアオーディオもホームシアターも本格派のサウンドで楽しむことができるスピーカーシステム「STUDIO(スタジオ)6シリーズ」が登場。6月上旬(センタースピーカー:STUDIO 625C、 サブウーファー:STUDIO 660Pは2019年夏)より発売される。

「スタジオ6シリーズ」は、 銘機と呼ばれる数々のホーン型システムを世に送り出したJBL独自の技術を生かし、 高い音響性能を追求しながら優れた設置性、 ファニチャーライクなデザインや仕上げなど、 ホームエンターテインメント用スピーカーとして求められる要素を集約したスピーカーシステム・ラインアップ。

シリーズ全機種の高音域ユニットには、 世界中のコンサートで活躍するJBL ProfessionalのSRスピーカー「VERTEC SUBCOMPACT MODEL」のために開発された、 高い解像度と明瞭度を誇るTeonexダイアフラム採用ネオジム・コンプレッションドライバーを搭載。

その性能を最大限に引き出すために、 同じくJBL Professionalによって開発されたHigh Definition Imaging(HDI)ホーンを採用。 正確な音像定位と共に明瞭なJBLトーンを実現している。

ウーファーユニットには、 軽さと剛性を両立したPolyPlasコーン・ウーファーを採用。 JBL独自のSFG磁気回路と組み合わせて、 小音量時から大音量時まで、 歪みの少ないクリアな中低域再生を実現。

また、 継ぎ目の無いラウンドエッジ構造のキャビネットは、 ユニットの性能を最大限に引き出すよう音響工学に基づき設計。豊かな表現力を誇るJBL Professionalスピーカーに搭載されている要素を兼ね備え、 ホームエンターテイメント用スピーカーに求められる優れた音響性能と、 ファニチャーライクなデザイン性を両立した。

スタジオ6シリーズは、 大型フロア型スピーカー(STUDIO 698、 STUDIO 680)からコンパクトなブックシェルフ型スピーカー(STUDIO 630、 STUDIO 620)まで、 設置場所に合わせて選べる豊富なラインナップを有している。

さらに、 センタースピーカー(STUDIO 625C)、 サブウーファー(STUDIO 660P)を加えたAV/シアターにも対応するマルチパーパスなスピーカーシステム・ラインアップ。

音楽再生用のステレオシステムとしてはもちろん、 AVマルチチャンネルシステムとして、 様々なリスニング環境、 多様なリスニングスタイルへの柔軟なアレンジが可能だ。

主な仕様

製品名:STUDIO 698
形式:3Wayフロア型
ユニット構成LF:200mm 径PolyPlas(TM)コーン・ウーファー×2
ユニット構成MF:150mm 径PolyPlas(TM)コーン・ミッドレンジ
ユニット構成HF:25mm径Teonex(R)ダイアフラム・ネオジム・コンプレッションドライバー
HFホーン:High Definition Imaging (HDI)ホーン
インピーダンス:6Ω
推奨アンプ出力:~250W
出力音圧レベル(2.83V/1m):90dB
周波数特性:36Hz~40kHz
クロスオーバー周波数:320Hz/1.8kHz
キャビネット形式:リアポート・バスレフ式
外形寸法(幅×高さ×奥行き):300×1,058×400mm
重量:35.8kg
販売価格(税抜):標準価格¥100,000/1本

製品名:STUDIO 680
形式:2.5Wayフロア型
ユニット構成LF:165mm 径PolyPlas(TM)コーン・ウーファー×2
ユニット構成MF:-
ユニット構成HF:25mm径Teonex(R)ダイアフラム・ネオジム・コンプレッションドライバー
HFホーン:High Definition Imaging (HDI)ホーン
インピーダンス:6Ω
推奨アンプ出力:~200W
出力音圧レベル(2.83V/1m):88dB
周波数特性:38Hz~40kHz
クロスオーバー周波数:600Hz/1.8kHz
キャビネット形式:リアポート・バスレフ式
外形寸法(幅×高さ×奥行き):230×1,005×300mm
重量:22.6kg
販売価格(税抜):標準価格¥70,000/1本

製品名:STUDIO 630
形式:2Wayブックシェルフ型
ユニット構成LF:165mm径 PolyPlas(TM)コーン・ウーファー
ユニット構成HF:25mm径Teonex(R)ダイアフラム・ネオジム・コンプレッションドライバー
HFホーン:High Definition Imaging (HDI)ホーン
インピーダンス:6Ω
推奨アンプ出力:~150W
出力音圧レベル(2.83V/1m):85dB
周波数特性:45Hz~40kHz
クロスオーバー周波数:1.9kHz
キャビネット形式:リアポート・バスレフ式
外形寸法(幅×高さ×奥行き):230×372×280mm
重量:9.0kg
販売価格(税抜):標準価格¥90,000/1ペア

製品名:STUDIO 620
形式:2Wayブックシェルフ型
ユニット構成LF:133mm径 PolyPlas(TM)コーン・ウーファー
ユニット構成HF:25mm径Teonex(R)ダイアフラム・ネオジム・コンプレッションドライバー
HFホーン:High Definition Imaging (HDI)ホーン
インピーダンス:6Ω
推奨アンプ出力:~100W
出力音圧レベル(2.83V/1m):84dB
周波数特性:50Hz~40kHz
クロスオーバー周波数:2.3kHz
キャビネット形式:リアポート・バスレフ式
外形寸法(幅×高さ×奥行き):190×312×240mm
重量:6.9kg
販売価格(税抜):標準価格¥70,000/1ペア

製品名:STUDIO 625 C
形式:2Wayセンタースピーカー
ユニット構成LF:133mm径 PolyPlas(TM)コーン・ウーファー×2
ユニット構成HF:25mm径Teonex(R)ダイアフラム・ネオジム・コンプレッションドライバー
HFホーン:High Definition Imaging (HDI)ホーン
インピーダンス:6Ω
推奨アンプ出力:~150W
出力音圧レベル(2.83V/1m):85dB
周波数特性:64Hz~40kHz
クロスオーバー周波数:1.7kHz
キャビネット形式:密閉式
外形寸法(幅×高さ×奥行き):440×190×190mm
重量:8.6kg
販売価格(税抜):標準価格¥50,000/1本

製品名:STUDIO 660 P
形式:アクティブサブウーファー
ユニット構成:300mm 径PolyPlas(TM)コーン・ウーファー
内蔵アンプ出力:500W (RMS) / 1,000W (Dynamic)
周波数特性:28Hz~クロスオーバー周波数
クロスオーバー周波数:50Hz~150kHz(-24dB/oct) 連続可変
入力端子:RCA (Line-Level LFE) ×1
キャビネット形式:ボトムポート・バスレフ式
外形寸法(幅×高さ×奥行き):420×470×435mm
重量:25.1kg
販売価格(税抜):標準価格¥120,000/1本

関連情報:https://jp.jbl.com/

構成/編集部

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。