人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

出会い系からソーシャルワーキングプラットフォームへ!急成長する米国発のソーシャルアプリ「バンブル」の気になる中身

2019.05.26

アメリカに引っ越し、友人がなかなかできず困っていた頃、知り合いから勧められた出会い系アプリ。それが「bumble」だった。

Photo: https://bumble.com/

TinderやPairsなど日本でも徐々に浸透してきている出会い系アプリ。私の中で「出会い系アプリ=恋人を探すために使用するもの」というイメージがあったため、最初は抵抗があったものの、実際に使用してみると直ぐに虜になってしまった。

出会い系アプリの枠を超えて、人と人とを繋げるアプリに進化した「バンブル」の魅力をご紹介しよう。

バンブルが生まれた背景は?

ウェルネスライフを送るためには「良好な人間関係」が重要であるという記事を書いたが、まさにバンブルの創業者であるWhitney Wolfe Herd(ウィットニー)は、「人々がポジティブで実りの多い人生を送れるように」という想いを込め、このアプリをローンチした。

Photo: https://bumble.com/

バンブルには「人と人とのつながりを構築する」というミッションに加え、男性主導の世の中ではなく、もっと女性が活躍できる世の中になって欲しい、という「女性のエンパワーメント」というミッションも存在している。

この2つのミッションを掲げ、バンブルは単なる男女の出会いだけでなく、様々なサービスを提供している。

出会い系アプリ「バンブル」が持つ3つの機能とは?

バンブルは3種類の出会いを提供している。

1.Bumble Date

Photo: https://bumble.com/

通常の出会い系アプリのように男女の出会いを提供する機能。写真とプロフィールが出てきて、気に入ったら右にスワイプ、嫌だったら左にスワイプする。マッチングすれば、メッセージのやり取りができる。ここまでは普通のアプリと何ら変わらない。異なるのは「女性主導である」ということだ。

通常、マッチングアプリでマッチングした場合、男性からメッセージが送られてくることが多い。しかし、バンブルでは女性からしかメッセージを送ることができないのである。

マッチングしても女性から24時間以内にメールがこないと、マッチングは解消されてしまう。というシステムである。

「女性主導の恋愛」という新しいカタチのサービスである。

2.Bumble Bizz

Photo: https://bumble.com/

仕事仲間が探せるサービス、それが「バンブル・ビズ」である。自分のビジネスを手伝ってくれる人、メンターとなってくれる人、あるいは転職先…

プロフィール欄を見て気になった人がいれば右にスワイプし、マッチングした場合メールができるようになるサービスである。

3.Bumble BFF

Photo: https://bumble.com/

私のように新しい街に引っ越してきて友人がいない時など、ソーシャルの輪を広げたい時に使用する。

どんな友達を探しているか、趣味は何かなどがプロフィールに記載されているので、価値観が同じ友人を探しやすい。私も実際にここで何人かの友人と出会い、一緒にソウルサイクルに行ったりとワークアウトを楽しんだ。なぜか美人が多いのが印象的だった。

(ちなみに男性の友人が同性の友達を探すために使用したところ、プロフィール写真が上裸のゲイが多かったと言っていたので使用される際は気を付けて。)

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。