人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

胸の谷間があると女性のアクティブ度、ポジティブ度が向上するってホント?

2019.05.10

胸は女性らしさの象徴。それゆえバストサイズに乏しく、胸の谷間ができないことに悩みを抱えている女性は少なくない。

そんな胸の谷間と女性の幸福度の関係性を深く追求すべく今回、女性下着メーカー・ワコールにて『谷間向上研究所』が発足された。

同研究所の活動の一環として、ブラジャー着用による「胸の谷間」づくりが、女性の脳にどのような影響を与えるのかを検証する実証実験が、杏林大学名誉教授・古賀良彦氏により行われたので、紹介していきたい。

谷間ができるブラジャーの着用により、言語をつかさどる左側前頭葉の血液量が増加

1対1で女性と会話をする際、谷間のできにくいブラジャー(Xブラ)を着用しているときよりも、谷間ができるブラジャー(Yブラ)を着用しているときの方が、左の前頭葉の脳血液量が増加していることが明らかとなった(図1参照)。

また左側前頭葉の血液量を部位別(4部位)に比較すると、どの部位でも血液量が増加。左側前頭葉における、Yブラ着用時の脳血液量の増加の平均値は、Xブラの値の2倍以上アップしていることが明らかに(図2参照)。

解説:「左側前頭葉の言語をつかさどる部位の領域の血液量が増加していることから、Yブラにより言葉を話す能力が活性化し、より活発なコミュニケーションが生まれたと考えられます」(古賀先生)

<前頭葉血液量測定の方法>

XブラとYブラ、2種類のブラジャーを着用のうえ、ニュース映像の内容を題材に、それぞれ3分間、1対1の会話が実施された(会話相手は女性)。会話時の前頭葉16部位の血液の変化量が、近赤外線スペクトロスコピー(右画像:Spectratech OEG-16ME)で計測され、Xブラ着用時とYブラ着用時の差異を比較検証。着用順による影響がないよう、被験者9名のうち5名はXブラを先に着用、他4名はYブラを先に着用したうえで、それぞれ会話が実施された。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。