小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

全長100m、重さ330kg!巨大クレーンで揚げる世界最大のジャンボこいのぼりはやっぱりスゴかった

2019.05.19

午後の部のチャンスに賭ける

午後の部については、口輪の交換に時間を要するとアナウンスが入り、13時半から「14時以降」への延期となった。風が吹いてくれることを祈りつつ、ひたすら待つ。

時計が14時を回り、再チャレンジが始まった。風は少し吹いている。今回は、頭を少し持ち上げた段階でそれ以上は引き揚げず、慎重に風向きを見定めて、口から十分な風を取り込むように、クレーンの先端が向きを微調整している。地上のスタッフが何人も集まって、それをアシストしているようだ。ある種の『プロジェクトX』の実況を見ている気持ちになり、心の中で応援する。

風が少し強まって、チャンス到来とばかりに、クレーンが「ジャンボこいのぼり」を引き揚げた。午前の部と同様、垂直にはなった。ここからが本当の勝負。あともう少し、風が吹いてくれれば。

会場にいた見学者全員の願いに応えるかのように、風が強まりはじめ、「ジャンボこいのぼり」は少しずつ横になり始めた。

そして、ついに「ジャンボこいのぼり」は宙を泳ぎ始めた。河川敷の土手周辺にいた数千人の人たちから、ため息ともつかぬ感嘆の声が漏れ出た。

本当の巨大さを実感できるのは、まさにこの時。写真では、その大きさは到底伝えきれない。数分間の出来事であったが、3時間近く待った甲斐はあった。

もし「ジャンボこいのぼり」の雄姿をまだ見たことがないのなら、来年のゴールデンウイークは、ここを訪れることを大いにすすめたい。もちろん、無風のリスクヘッジを考えて、午前の部から参加しよう。

文/鈴木拓也(フリーライター兼ボードゲーム制作者)

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。