人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

もう一度バイクに乗りたくなる!700〜1300ccクラスのヤマハのストリート向けバイク5選

2019.04.29

空冷1300ccのツアラーやデュアルパーパスモデル、700&900ccのストリートダンサーや、3輪ロードバイクまで、個性満点のヤマハ大型バイクを5選、ご紹介する。

ヤマハ『FJR1300AS』183万6000円、『FJR1300A』151万2000円

2001年にヨーロッパでデビューして以来、ロングツーリングの本場でツアラーとしてのパフォーマンスを高めてきた。滑らかな回転上昇フィーリングとトルクの厚さを備えたエンジン、ウインドプロテクション性とタンデム性を重視したボリューム豊かなボディワークが特長だ。FJR1300ASは電動調整式の前後サスペンションを装備。クラッチレバーなしでダイレクトな変速が可能な電子制御シフトも備え、ツーリングの快適性を高めている。

スクリーンは電動で高さ調整可能。体格や好みに応じて容易にセットアップできる。FJR1300ASはヘッドライト上段にLEDコーナリングランプを装備。バンク角に応じて照射エリアを広げ、安全な夜間走行をサポートする。

https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/fjr1300/index.html

ヤマハ『NIKEN』 178万2000円〜

フロント2輪、リヤ1輪。ヤマハ独自のLMW(リーニングマルチホイール)テクノロジーにより、唯一無二のライディングフィールを実現。安定したコーナリング性能、快適なクルージング性能、さらにはギャップ通過時などの安心感を高めている。新ステアリング機構「LMWアッカーマン・ジオメトリー」により、操縦感覚はニュートラル。並列3気筒エンジンのパワフルさをLMWが受け止め、今までにない上質な走りをもたらしている。

フロントには専用開発15インチホイールを採用。LMWアッカーマン・ジオメトリーと倒立式フロントフォークが、優れた剛性バランスとさまざまなシチュエーションでの安定感を実現。トラクションコントロールも装備。

https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/niken/index.html

ヤマハ『XSR700 ABS』89万9640円

懐かしさと目新しさを適度なバランスで両立させたネオクラシックなスタイルは、バイクらしさを存分にアピール。各部をアルミ製とすることでギミックのない素材感を強調している。マイルドな特性の並列2気筒エンジンは低速走行時でも粘り強く、滑らかな加速が可能だ。アップライトで快適なポジションを実現するアルミ製テーパーハンドルはワイドな740mm幅。ライダーの入力に対してビビッドに反応し軽快なライディングをもたらす。

ヘッドライト、燃料タンク、そしてシートが滑らかに連続して流麗なラインを見せる。デザインバランスを崩さない小径メーターは液晶デジタル表示。アルミパーツを多用し、ヘリテージモデルらしい佇まいを醸成している。

https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/xsr700/index.html

ヤマハ『XSR900 ABS』104万2200円

正統的なネイキッドらしいデザインにモダンなディテールを加えることで、新しい魅力を備えた。パンチの効いた並列3気筒エンジンはモード切り替えが可能。幅広いシチュエーションに適したSTDモード、シャープなレスポンスのAモード、穏やかで扱いやすいBモードからセレクトできる。素材感を楽しめるディテールを随所に配しながら、トラクションコントロール、アシスト&スリッパークラッチを装備。安全性と快適性に配慮している。

タンクカバー、リヤフェンダー、メーターステー、サイドカバーなどにアルミプレス材を使用。ヘッドライトステーなどにはアルミダイキャストを、タンク前側懸架ステーには鍛造材を用いるなど、金属の素材感を重視する。

https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/xsr900/index.html

ヤマハ『TRACER900 GT ABS』 1,198,800円/『TRACER900 ABS』111万2400円

さまざまなステージで意のままの走りが可能なパッケージ。マルチパーパスらしく、状況を選ぶことなくパフォーマンスを発揮する。ロングツーリングを快適にこなすフレキシブルさと、ワインディングを軽快に駆け抜けるスポーティーさを併せ持つ。並列3気筒エンジンは116psを発生。GTはフル調整可能な倒立式フロントサスペンション、リモート操作可能なプリロード調整式リヤショック、クイックシフターなどの専用装備をおごる。

大型フロントスクリーンは5mm単位で10段階の高さ調整が可能。走行風による疲労を低減する。メインシートは体格や好みに応じて2段階調整できる。GTは専用フルカラーTFTマルチファンクションディスプレイを装備。

https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/tracer900/index.html

文/木村公次郞

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。