人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

低価格、ダイエット向き、Bluetooth対応、アプリ連携、健康管理で活用したい体重計のおすすめ12選

2019.04.22

ダイエットや体調管理に欠かせない体重計。最近では単に体重を測るだけでなく、骨の状態を教えてくれたり、正しいダイエットが行われているかを判定してくれたりと、便利な機能を搭載したものも増えている。

本記事では、低価格・ダイエット向きのものから、Wi-Fi・Bluetooth対応・アプリと連携できるものまで、おすすめの体重計を紹介する。毎日体重を測るのが楽しくなる、お気に入りの1台を見つけてみよう。

【目次】

価格の安いおすすめ体重計

ダイエットにおすすめの体重計

Wi-Fi・Bluetooth(ブルートゥース)対応のおすすめ体重計

アプリと連動できるおすすめ体重計

価格の安いおすすめ体重計

はじめに、価格の安いおすすめ体重計を紹介する。「余計な機能は要らない」「体重を計るだけでいい」という方は、ここで紹介するものを参考にしてほしい。

タニタ HA-851(ブルー)

タニタ HA-851(ブルー)

タニタのHA-851は、価格の安いアナログ式の体重計。130kgまでの計測に対応している。アナログ式なので電池切れの心配がなく、面倒な電池交換作業も必要ない。

独自のカバー素材を使用しており、素足で乗ってもひんやりしないのもポイント。

出典 公式サイト|タニタ HA-851(ブルー)

 

アマゾンでの購入はこちらから

OHM デジタル体重計HBK-T100-W

OHM デジタル体重計HBK-T100-W

OHMのHBK-T100-Wは、スタイリッシュなデザインが魅力のデジタル体重計。強化ガラスを使用しており、液晶パネルも見やすい。

体重計に乗ると自動で電源が入るため、本体での操作は不要。150kgまでの測定に対応している。

出典 公式サイト|OHM デジタル体重計HBK-T100-W

 

アマゾンでの購入はこちらから

dretec BS-159 ボディスケール「グラッセ」

BS-159 ボディスケール「グラッセ」

BS-159のボディスケール「グラッセ」は、薄型で価格の安い体重計。厚さはわずか23mmなので、ちょっとした隙間にも収納できる。

体重計に乗ると電源が入り、測定を開始。測定後は自動で電源が切れるため、本体での操作は必要ない。裏面に滑り止めがついているため、床を傷つけないのもポイント。

出典 公式サイト|BS-159 ボディスケール「グラッセ」

 

アマゾンでの購入はこちらから

ダイエットにおすすめの体重計

ここでは、ダイエットにおすすめの体重計を紹介する。ダイエットに欠かせない「目標」を設定できるモデルも多いので、モチベーションを維持させるために活用してみよう。

タニタ 体組成計 インナースキャン50V BC-622

タニタ 体組成計 インナースキャン50V BC-622

タニタのインナースキャン50V BC-622は、ダイエットにおすすめの高機能な体重計。「MBA判定(My Body Analyzer)」機能が搭載されており、1,000人以上のアスリートデータと比較した結果を、4タイプ(ビギナー・アマチュア・セミアスリート・アスリート)で判定してくれる。

全身と腕・足など5つの部位ごとの脂肪率・筋肉量も測定可能。

出典 公式サイト|タニタ 体組成計 インナースキャン50V BC-622

 

アマゾンでの購入はこちらから

オムロン 体重体組成計 HBF-701 カラダスキャン

オムロン 体重体組成計 HBF-701 カラダスキャン

オムロンのHBF-701カラダスキャンは、正しいダイエットを導いてくれる体重計。「Myダイエット判定」機能により、部位ごとのダイエット進捗状況を4段階でチェックできる。さらに、正しいダイエットが行われているかを、皮下脂肪率・骨格筋率などから判別し「良好」などの表示で教えてくれる。

出典 公式サイト|オムロン 体重体組成計 HBF-701 カラダスキャン

 

アマゾンでの購入はこちらから

パナソニック 体組成計 EW-FA13

パナソニック 体組成計 EW-FA13

パナソニックのEW-FA13は、減力目標設定のできる体重計。目標を設定するとカウントダウン表示をしてくれるため、モチベーションを維持しやすいのがポイントだ。さらに、体重が減ると「キラキラマーク」が表示されるのも嬉しい。

過去の体重との比較や「骨レベル」の測定もできる優れもの。

出典 公式サイト|パナソニック 体組成計 EW-FA13

 

アマゾンでの購入はこちらから

Wi-Fi・Bluetooth(ブルートゥース)対応のおすすめ体重計

ここでは、Wi-Fi・Bluetooth対応のおすすめ体重計を紹介する。簡単に測定データを転送できるので、日々の体重管理に役立てよう。

Withings Body Cardio

Withings Body Cardio

WithingsのBody Cardioは、体重だけでなく睡眠の管理もできる体重計。体重の目標設定をすると、減量のヒントを表示してくれたり、励ましてくれたりと、ダイエットをサポートしてくれる。

WiFi・Bluetooth経由で「Health Mate」アプリに接続すれば、睡眠・アクティビティの管理も可能。総合的に健康管理ができるのが魅力だ。

出典 公式サイト|Withings Body Cardio

 

アマゾンでの購入はこちらから

HANAMO USB充電式体重計

HANAMO USB充電式体重計

HANAMOの体重計は、USB充電式なのが特徴的。BluetoothでiPhone・Androidに接続ができ、体重データを自動で送信することができる。アプリを使えば、過去のデータをチャートで比較できるのも便利。アプリには10人まで登録ができるので、家族全員の健康管理におすすめ。

アマゾンでの購入はこちらから

オムロン HBF-228T-SW

オムロン HBF-228T-SW

オムロンのHBF-228T-SWは、Bluetooth機能搭載の体重計。iPhone・Android専用アプリ「OMRON connect」を使用すれば、簡単に測定データを管理できる。

6歳から体組成を測定できる「子どもアルゴリズム」機能は、お子さんの肥満予防にも役立つ。

出典 公式サイト|オムロン HBF-228T-SW

 

アマゾンでの購入はこちらから

アプリと連動できるおすすめ体重計

最後に、アプリと連携のできるおすすめ体重計を紹介する。アプリを活用すれば、データを簡単にグラフ化してくれるなど、体重の記録・管理に役立つ。対応している機種に注目しながら、その機能を比較してみよう。

タニタ インナースキャンデュアルRD-907

タニタ インナースキャンデュアルRD-907

タニタのインナースキャンデュアルRD-907は、さまざまなアプリと連携ができる体重計。「タニタヘルスプラネット」アプリを使用すれば、測定したデータを簡単にグラフ化してくれる。「女性のリズム手帳」アプリでは、生理サイクルの記録や管理も可能。筋肉の質を点数で表示してくれるのも面白い。

出典 公式サイト|タニタ インナースキャンデュアルRD-907

 

アマゾンでの購入はこちらから

1byone 体重・体組成計・体脂肪計

1byone 体重・体組成計・体脂肪計

1byoneの体重計は、3つのアプリと連携できるのが特徴。Bluetooth経由で、アプリに測定データを転送できる。専用アプリなら、登録人数に制限はなく、アカウントの引き継ぎも可能。赤ちゃんやペットの体重計算ができるのも面白い。

アマゾンでの購入はこちらから

パナソニック EW-FA43

1byoneの体重計は、3つのアプリと連携できるのが特徴。Bluetooth経由で、アプリに測定データを転送できる。専用アプリなら、登録人数に制限はなく、アカウントの引き継ぎも可能。赤ちゃんやペットの体重計算ができるのも面白い。

パナソニックのEW-FA43は、乗るだけで自動で利用者の識別を行ってくれる体重計。専用アプリ「パナソニックスマート」を使用すれば、Android TMスマートフォンをタッチするだけで測定値をグラフ化できる。4人まで登録ができるので、家族全員で利用するのがおすすめ。

出典 公式サイト|パナソニック EW-FA43

 

アマゾンでの購入はこちらから

 

※当記事に掲載している価格等の商品情報は、記事公開時のものとなります。

 

文/久我裕紀

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年2月15日 発売

DIME最新号は「6WAYキッチンオープナー」と「超快適マスク」の2大付録に注目!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。