人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.04.21

ガソリン式からガス式、LEDタイプまで!アウトドアや非常時に大活躍のコールマンのランタン6選

アウトドア用品を数多く取り扱っている「Coleman」。テントや寝袋、アウトドアバッグなどが販売されている中で、ここでは、キャンプに欠かせない本格的なガソリン式ランタンや、点火作業の手間が少ないガス式ランタン、非常時にも活躍するLEDランタンをご紹介します。

キャンプの必需品! アウトドアでランタンの灯りを

キャンプの時に使用するランタンですが、使用場所によって適したランタンのタイプや必要な光量があるのでご紹介します。

 居住空間

光量の大きいガソリン式、ガス式ランタンがメインランタンとして活躍します。また、強光で虫を引き寄せ、テーブルなどに近づかせない効果もあります。

タープ内

リビングの役割を担うタープ内には、程よい灯りが適しているので、ガス式やLEDランタンを使用するとよいです。

テント内

テント内は火気厳禁なので、火を使わないLEDランタンが活躍します。

コールマンのランタン

ここからは、コールマンのガソリン式やガス式、LEDランタンを、使い方も交えてご紹介します。

長年支持され続けるコールマンのガソリン式ランタン286a

Coleman ワンマントルランタン 286A

2010年度にロングライフデザイン賞(長年にわたり、製造販売されユーザーに支持され続ける優れたモノに贈られる賞)を受賞している、普遍的な製品です。約7.5時間〜15時間燃焼を続け、約200CP/130W相当の明るさを灯します。

【参照】https://ec.coleman.co.jp/item/IS00060N01042.html

ビンテージ風コールマンのおしゃれランタン

Colman シーズンズランタン2019

1970年代のアメリカンコーヒーショップをコンセプトにしたコーヒー色のヴィンテージランタンです。明るさが約190CP/130W相当で、約7時間〜15時間燃焼し続けます。貝殻のように開閉するクラムシェル型のオリジナルキャリーケースが付属しています。

ホワイトガソリンを使用して、コールマンのランタンに燃料を注入する方法

Coleman エコクリーン 4ℓ

コールマンが販売している、環境に優しい純正ホワイトガソリンで、「413パワーハウス ツーバーナー」にも使用できる燃料です。

ガソリン式のランタンに燃料を入れる時は、燃料キャップを外し、注入口に「ガソリンフィラー」か「フューエルファネル」を使用して注入します。

Coleman ガソリンフィラーⅡ

【参考】https://ec.coleman.co.jp/item/IS00060N01364.html

Coleman フューエルファネル

【参考】https://ec.coleman.co.jp/item/IS00060N04898.html

燃料を入れた後は、加圧した空気で燃料を送り出す「ポンピング」作業(ポンプノブをピストンする)を忘れずに行ってください。

コールマンのランタンにマントルを取り付け、点火する方法

1.マントルのヒモを2重に仮結びし、バーナーチューブの先端の溝にヒモを縛り、固定します。シワがよらないよう、ふくらませるように整え、余ったヒモは切り取ってください。

2.マントルの下部から均等に火をつけ、完全に灰状になるまで燃やします。マントルはカラヤキ後、脆くなるので取り扱いに注意してください。(偏ったカラヤキは灯りムラの原因になります)

3.点火した後は、ポンピング作業をし、火を安定させて完了です。

【参照】https://ec.coleman.co.jp/item/IS00060N01155.html

つまみを回すだけで点火!ガス式のコールマンランタン「ノーススター」

Coleman ノーススター チューブマントルランタン

LPガスで明るさ320CP/200W(レギュラーガス使用時)の大光量を約4〜8時間(470g缶使用時)燃焼し続けてくれるガス式のランタンです。

ベンチレーター/グローブ/グローブガード/ベイルの一体構造なので、マントルの装着が簡単な設計になっており、器具栓つまみで点火、消火、光量調節ができ、広範囲を照らしてくれます。

【参考】https://ec.coleman.co.jp/item/IS00060N05772.html

コールマンのガス式ランタンの使い方

[点火の準備]
1.器具栓つまみを右方向に回し、完全に閉じていることを確認します。
2.ガスカートリッジを水平に置き、本体に垂直に取り付けます。

[マントルの取り付け]
1.ベンチレーターナット(カバー固定部品)を外し、カバーを真上に引き抜き、外します。
2.マントルの線が垂直になるように、上下のワイヤークリップで、バーナーチューブとマントルサポートの溝にマントルを固定します。
3.マントルの下部から均等に火を点けて完全に灰状になるまで燃やし、カバーを元に戻します。

[点火と消化]
1.器具栓つまみを左にゆっくり回してガスを出し、イグナイターボタン(器具栓つまみの隣のボタン)をカチッと音がするまで数回押し、マントルに点火します。
2.器具栓つまみを左右に回すことで光量を調整できます。
3.器具栓つまみを右方向まで回しきることで消化できます。

コールマンで販売されているガス式ランタンの種類

コールマンでは、マントルを使わないキャンドル風ガスランタン「ルミエールランタン」やテーブルランタンに適したやさしい灯りの「フロンティアPZランタン」なども販売されています。少ない光量で充分な場合や、手軽にランタンの雰囲気を楽しみたい方にはおすすめです。

4パネルが取り外し可能で持ち歩ける!LED式コールマンのクアッドランタン

Coleman クアッドマルチパネルランタン

アルカリ単一形乾電池4本または8本で、最長約196時間(4本)または約400時間(8本)連続点灯できる4つのパネルが搭載されたLEDランタンです。防水仕様で、最大約800lm(ルーメン)の明るさで広範囲を照らしてくれます(LED電球60形で540lm)。4つのパネルは分割することができ、手元を照らすために使ったり、持ち運んだり、多用な使い方が可能です。USBポートが搭載されているので、点灯しながらのモバイル機器の充電ができ、防災用としても活躍する高性能ランタンです。

【参考】https://ec.coleman.co.jp/item/IS00060N05776.html

コールマンのLEDランタンを比較するとわかる違い

Coleman バッテリーガードLED ランタン/800(グリーン)

【参考】Coleman バッテリーガードLED

最大81時間点灯するコールマンの充電式LEDランタン

Coleman バッテリーロックLED充電式ランタン

約9時間の充電で最長約81時間の連続点灯が可能なUSB内蔵の充電式ランタンです。停電時にはライトとして、またはスマートフォンの充電器として使用できるのも魅力の1つです。

シーンに合わせて光量を調節でき、約350lmの明るさで周りを照らしてくれます。アウトドアでは、テーブルランタンとして活躍します。

コールマンのランタンが壊れた時は?修理費用っていくらかかる?

コールマンのランタンの修理は、コールマン製品取扱店まで持ち込むか、直送で修理をお願いするかのどちらかです。また、修理費用は最終的に点火テストを行うまで、見積もりを出すことができないので、修理費用が高額の時にキャンセルしたい場合は、商品を預ける際に修理可能な上限金額を伝えてください。

ポンピングなどのコールマンのランタン部品の修理は?

ポンプカップが乾燥している時に使う、リュブリカントやポンプカップの破損など、パーツを取り寄せる場合は、コールマンのHPにパーツカタログがあるので、検索してみてください。マントルやLPガス、ガソリン燃料を注入するフューエルファネルやガソリンフィラーも販売されています。

【参考】Coleman公式(カタログ)HP

コールマンは、「SNSを24時間停止して、自分の時間を持とう!」や「The Coleman Camp」など、様々なキャンプイベントを行っており、「はじめてのキャンプ」では、コールマンのキャンプ道具が一式レンタルでき、使い方などの講習も行ってくれるので、初心者の方も安心して参加することができます。初心者の方もアウトドア上級者の方も、それぞれのプランに合ったキャンプイベントに参加してみてはいかがでしょうか。

【参考】Coleman公式HP

文/Sora

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年5月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチUSB付きIDホルダー」! 特集は「本当に売れているモノランキング」「勝負時計BEST 50」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。