人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

お気に入りのスピーカーが使える!Amazon Alexa対応スマートスピーカー化ガジェット「Echo Input」

2019.04.27

実際に触ってみました!「Echo Input」のその実態とは!

「Echo Input」の箱の外装は、とってもシックな化粧箱です。期待が高まります。

「Echo Input」はバッテリー駆動はできず、付属のUSBケーブルとアダプタで電源を供給します。本体側の端子は、Micro USB端子なので汎用性は高いですが、故障と保証のリスクがありますので、必ず付属品を利用しましょう。

 初期設定を行い、「Bose SoundLink Mini Bluetooth speaker II」とBluetoothで接続してすべて準備はオッケー。(有線接続もできます。)

 早速、「アレクサ、音楽かけて」と声をかけますと、Amazon Musicの音楽が鳴り出しました!おお!やっぱりBoseのスピーカーの音声はひと味違います!

 音楽再生用として、ある意味完成された域に達したBoseのスピーカーが、更にスマートスピーカーの機能が追加され、無敵の状態になりました。

 更に、音楽の再生だけでなく、今日の天気の読み上げやジャンケンやナゾナゾまで相手してくれるのですから、これはもう、「Echo Input」を買わない理由が見つからないですね!音質の良いAIスピーカーの構築としては、一番コストパフォーマンスの良い組み合わせではないでしょうか?!

お気に入りのスピーカーが使えます!Amazon Alexa対応スマートスピーカー化ガジェット「Echo Input」を自腹で購入してみました!

 お気に入りのスピーカーが使えます!Amazon Alexa対応スマートスピーカー化ガジェット「Echo Input」。

「Bose SoundLink Mini Bluetooth speaker II」の新バージョンでは、Amazon Alexa機能を内蔵してくれると喜ばしいです!!(編集部:「この記事はEcho Inputの紹介記事じゃなかったんかい!」)

※資料・画像引用 筆者自身の撮影によるもの、もしくはメーカー・販売店サイト、又はWikipedia、Weblio辞書からの引用など
※本記事は、あくまでも筆者の微かで不正確な記憶と主観に基づき、独断と偏見で飛躍した説明足らずで知識不足の実にテキトーな表現による中身のない誰にでも書ける単なる下らない多少話を盛った紹介風の「エッセイ」であり、特定メーカーや機種、人物、趣味・嗜好・その他いろいろを貶める意図は全く御座いません。また筆者及び編集部はそのサービスの内容や継続性等を保障するものでは御座いません。
※本記事の試用レポートはあくまでも参考となります。実際使われた際に結果が異なる場合もあります。
※本記事に登場する、登場人物のキャラクターや言動は炎上しそうな箇所はおおむねフィクションです。

文/FURU
デジタル系ガジェットに散財する、サラリーマン兼漫画描き兼ライター。電脳ネタがテーマの漫画を得意とする→https://www.furuyan.com

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年3月16日 発売

特別付録は進化した「超望遠12倍スマホレンズ」!5Gの最新情報や今買うべき新製品を一挙紹介!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。