人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.04.15

年会費無料と有料のゴールドカードの違いって?スペックや特典を比較してみた

クレジットカードを利用しているとワンランク上のゴールドカードに招待されたり、ポイントプログラムや旅行保険が充実している方が良い、見栄えの良いものを持ちたいとゴールドカードの切り替えを考えたりすることでしょう。

しかしゴールドカードは基本的に年会費が有料のため、現在使っているクレジットカードよりも高い年会費になるとなると切り替えを悩んでしまいます。

そこで「ゴールドカードを持ちたいけれど、年会費がなぁ…」と年会費がネックとなっている方は【年会費無料のゴールドカード】を検討してみてはどうでしょうか。

年会費無料のゴールドカードがあるって本当?

年会費無料で親しまれ、2015年には2,588万人の会員数(※)となったイオンカードには、実はその中から優良顧客だけが招待され所有できる「イオンゴールドカードセレクト」があります。

イオンフィナンシャルサービス株式会社発表

業界初の年会費無料ゴールドカードでありながら、イオンを利用する主婦層でも持つことができるので年収や勤続年数というよりも「年間利用額(定期的に使う)」と「延滞や滞納がない(返済がしっかりとされている)」が重視される可能性が高いでしょう。

イオンゴールドカードセレクトの特長

(1)ショッピングセーフティ保険の内容が充実

イオンカードセレクトは年間50万円補償なのに対し、イオンゴールドカードセレクトは年間300万円と補償額がアップ!

参照:https://www.aeonbank.co.jp/aeoncard/goldcard/

(2)国内外旅行保険が充実

海外旅行保険は最高5,000万円、国内旅行保険は最高3,000万円と有料ゴールドカードに引けを取りません。

参照:https://www.aeonbank.co.jp/aeoncard/goldcard/

海外旅行保険は自動付帯ですが、国内旅行保険は出発時に飛行機や電車、ツアー代、宿泊施設代金を支払っていることが前提になるので注意しましょう。

(3)空港ラウンジはもちろん、イオンラウンジも無料利用

国内空港のラウンジとイオンに設けられているイオンラウンジを無料で利用することができます。イオンラウンジでは同伴3名まで入室できるので、夫婦や友人とお買い物休憩にもピッタリ。

イオンゴールドカードセレクトはイオンカードの優良顧客が招待されるカードなので、申込招待を受けないと発行できません。
まずはイオンカードを発行し、利用することが大切になります。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。