人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.03.29

表現の幅が広がる! 初心者でも弾きやすいカポタストのおすすめ17選

カポタストは、弾き語りを行う人やバンドのボーカル&ギターはもちろん、ウクレレやクラシックギターを楽しむ人、リードプレイ中心のギタリストにも要注目のアイテム。 「セーハの代用」となるので演奏しやすくなったり、「コードの響きに変化をつける」「キーを変える」といった効果があります。 今回は、そんな便利アイテム「カポタスト」のおすすめを紹介します。

【目次】

カポタストの使い方と注意点

アコギ用のおすすめカポタスト

エレキ用のおすすめカポタスト

クラシックギター用カポタストのおすすめ

ウクレレ用カポタストのおすすめ

使い勝手がいい! 機能性に優れたおすすめカポタスト

ルックスがかわいいカポタスト

カポタストを自作してみた

カポタストの使い方と注意点

そもそもカポタストとはどんなアイテムで、どのように選べば良いのでしょうか。こちらでは、基礎知識を紹介します。

カポタストとは?

カポタスト(通称・カポ)とは、ギターのネックに“カポっと”はめて使用するアイテム。
バレーコードが多くて押さえにくい曲では「セーハの代用」となったり、弾き語りで曲のキー(基盤となる音程)が自分の声域と合わなくて歌いにくいと言った時は「キーを変える」という効果も。また、カポを使用することでコードフォームが変わるので、「コードの響きが変化」。ギター2人で演奏する際に響きに広がりを出したい時などにも使われます。

カポタストの種類

カポには、ネックにゴムバンドを巻きつけて留める「ゴム留め式」、洗濯バサミのように挟んで使用し、片手で着脱可能な「クリップ式」、ネックを挟むようにしっかりホールドする「レバー式」ネジを使って留める「ネジ式」などがあります。

カポタストの選び方

カポはパッと見が同じだけに、フォークギター用、エレキ用、クラシックギター用……などを間違えて購入してしまう方が多いようです。必ず自分の楽器に合うものを選びましょう。
また、前述した「ゴム留め式」「クリップ式」「レバー式」「ネジ式」の中から、用途に合いそうなもの、使いやすそうなものを選びましょう。

チューニングが大切! アコギ/エレキ/クラギ/ウクレレ、カポを使う時の共通の注意点

カポは基本的にフレットの近くに、フレットと平行に装着するようにしましょう。
そして、カポを付けたあとは必ずチューニングを! カポを装着すると、弦が押さえた状態になるため、チューニングがシャープすることが多いです。また、カポを外したあともチューニングが狂うことが多いので要注意です。
チューニングは楽器プレイヤーの基本ではありますが、カポ使用時は特に入念に行うようにしましょう。

アコギ用のおすすめカポタスト

「ゴム留め式」「クリップ式」「レバー式」「ネジ式」……アコギの場合は幅広い愛用者がいますが、弾き語りをする人はクリップ式やレバー式を愛用することが多いです。

SHUBB(シャブ) C-1

SHUBB(シャブ) C-1

アメリカの「SHUBB(シャブ)」のカポは、プロ/アマ問わず、世界中のミュージシャンに愛用されています。こちらは「レバー式」で、特許を取得したロック機構で専用設計されたゴム素材で作られているため、強すぎず弱すぎずの力でホールドしてくれます。素材の異なる機種も多数ラインナップ。

出典 公式サイト|SHUBB(シャブ) C-1

 

アマゾンでの購入はこちらから

Yamaha(ヤマハ) CP-100

Yamaha(ヤマハ) CP-100

ヤマハのカポは「ネジ式」の代表格。機能性に定評があり、正しく装着すればチューニングが狂うことがなく、演奏に集中できます。また、締め具合を自分で調整できるので、ギターを傷めることもありません。着脱のしやすさよりも、きちんとホールドできるカポが欲しい方にはとてもおすすめです。

出典 公式サイト|Yamaha(ヤマハ) CP-100

 

アマゾンでの購入はこちらから

Jim Dunlop(ジム・ダンロップ) Dunlop Elastic Heavy Double Capo 72D

Jim Dunlop(ジム・ダンロップ) Dunlop Elastic Heavy Double Capo 72D

エフェクターやピックなどのギター小物を取り扱う「ジム・ダンロップ」。カポの種類も豊富です。昨今では機能性に優れたカポもたくさんありますが、こちらの「ゴム留め式」は低価格でホールド力もある“シンプルisベスト”なカポで、根強いファンがいます。ただし、ゴムが伸びすぎると使えなくなってしまうという宿命があります。

出典 公式サイト|Jim Dunlop(ジム・ダンロップ) Dunlop Elastic Heavy Double Capo 72D

 

アマゾンでの購入はこちらから

Paige(ペイジ) P-6E

Paige(ペイジ) P-6E

1988年にミュージシャンであるブライアン・ペイジが立ち上げたカポメーカー。ホールド力などの機能性はもちろん、ネジ式ですが取り外しも比較的ラク。小型かつ軽量な点も魅力です。

アマゾンでの購入はこちらから

G7th(ジーセブンス) Performance Capo

G7th(ジーセブンス) Performance Capo

プロミュージシャンやカポにこだわる方からの人気が高いのが、「G7th」のカポ。「レバー式」ですが素早い着脱が可能で、しかも必要最小限の圧力でホールドしてくれます。使いやすさを考えると高い買い物ではないでしょう。こちらはアコギ用ですが、エレキ用の人気もとても高いです。2019年には最新モデル「G7th Performance 3 ART Capo」が登場しました。

出典 公式サイト|G7th(ジーセブンス) Performance Capo

 

アマゾンでの購入はこちらから

エレキ用のおすすめカポタスト

「G7th」をはじめ、今回紹介しているカポブランドの多くは、アコギ用/エレキ用どちらのカポもラインナップしています。下記以外にも、各ブランド公式サイトなどをぜひチェックしてみてください。

Kyser(カイザー) KGEB  THE QUICK-CHANGE CAPOS

Kyser(カイザー) KGEB  THE QUICK-CHANGE CAPOS

片手で着脱可能な「クリップ式」の中でも人気の高い「カイザー」のカポ。こちらはエレキ用ですが、アコギ用カポもカラーバリエーション豊富で、弾き語りする方にとても人気です。丈夫かつ軽いアルミニウム製で、カラーバリエーションも豊富。ギターの弦高が低い方は、スプリングのテンションを弱くした「KG6LT」もおすすめです。

出典 公式サイト|Kyser(カイザー) KGEB  THE QUICK-CHANGE CAPOS

 

アマゾンでの購入はこちらから

クラシックギター用カポタストのおすすめ

クラシックギターも“アコギ”ではありますが、スチール弦の“フォークギター”とは作りが多少異なります。カポに関係する部分で言うと、フォークギターと比べて指板のアール(湾曲)が平らです。そのため、クラシックギター専用、あるいはフォークギター/クラシックギター兼用のカポを使用しないと、指板を傷めてしまうことも。
逆に、クラシックギター用をフォークギターで使用すると、6弦や1弦の押さえが足りず、音がビビることがあります。

SHUBB(シャブ) L-2

SHUBB(シャブ) L-2

前述した人気ブランド「SHUBB」のクラシックギター用カポ。使いやすさやチューニングの安定感など、品質はクラシックギター用でも文句なしです。こちらは「シャブ・カポ・ライト」シリーズで、アルミ製のため軽量な点も魅力。

出典 公式サイト|SHUBB(シャブ) L-2

 

アマゾンでの購入はこちらから

Kyser(カイザー) PRO AM CAPOS クラシックギター用

Kyser(カイザー) PRO AM CAPOS クラシックギター用

1000円以下で入手できる、お手頃価格なカポ。見た目はシンプルですが、先述した「カイザー」製なので品質は高いです。軽量アルミニウム製のため持ち運びやすく、スクリューを締めて装着するタイプなので、締め具合の調整も可能。

出典 公式サイト|Kyser(カイザー) PRO AM CAPOS クラシックギター用

 

アマゾンでの購入はこちらから

ウクレレ用カポタストのおすすめ

アコギ用カポをウクレレでも使用する方がいますが、ウクレレはアコギよりも小さく、弦の本数も少ないため、サイズが合わない場合がほとんどです。ウクレレ専用のカポを使うことをおすすめします。

Morris(モーリス) CA900 ウクレレ用

Morris(モーリス) CA900 ウクレレ用

アコギの老舗ブランド「モーリス」のイーグルカポ。トリガータイプなので、ワンタッチで素早く着脱できます。なお、アコギ用のシルバー/ブラックもラインナップ。

出典 公式サイト|Morris(モーリス) CA900 ウクレレ用

 

アマゾンでの購入はこちらから

Planet Waves(プラネットウェイヴス) PW-CP-12 NS Ukulele Capo

Planet Waves(プラネットウェイヴス) PW-CP-12 NS Ukulele Capo

前述した「プラネットウェイヴス」のウクレレ用カポ。マイクロメータースクリューの採用により、どのポジションでも弦をしっかりホールドしてくれます。

出典 公式サイト|Planet Waves(プラネットウェイヴス) PW-CP-12 NS Ukulele Capo

 

アマゾンでの購入はこちらから

使い勝手がいい! 機能性に優れたおすすめカポタスト

定番ブランドのカポはもちろん使いやすいですが、そのほかにもおすすめのカポを紹介。中には、かゆいところに手が届くアイデア商品もあります。

Jim Dunlop(ジム・ダンロップ) Dunlop Professional Guitar Capo 14C

Jim Dunlop(ジム・ダンロップ) Dunlop Professional Guitar Capo 14C

ネックに巻き付けて留めるだけというシンプルなカポですが、ストラップの長さもある程度は調整可能で使いやすいです。こちらはフォークギターやエレキに適したカーブド指板用。フラット用もラインナップしています。

出典 公式サイト|Jim Dunlop(ジム・ダンロップ) Dunlop Professional Guitar Capo 14C

 

アマゾンでの購入はこちらから

Glider(グライダー) The Rolling Capo

Glider(グライダー) The Rolling Capo

従来のカポの場合、演奏中にキーを変えるにはいちいちカポを外す必要がありましたが、「The Rolling Capo」はローリング構造により、演奏中でもカポを装着したまま転調できる優れもの。プロでも愛用者が多いです。

アマゾンでの購入はこちらから

D'Andrea(ダンドレア) Spider Capo(SPD STD)

D'Andrea(ダンドレア) Spider Capo(SPD STD)

弦ごとにカポを装着できるという革新的なカポタスト「スパイダーカポ」。変則チューニングなども素早く切り替えできるので、多彩な表現を実現してくれます。

出典 公式サイト|D'Andrea(ダンドレア) Spider Capo(SPD STD)

 

アマゾンでの購入はこちらから

Phoenix(フェニックス) ワンタッチ ギターカポタスト【type R】

Phoenix(フェニックス) ワンタッチ ギターカポタスト【type R】

ワンタッチで着脱可能なタイプ。Amazonでお安く購入できるので人気なカポです。ギターと接する面にシリコンを使用しているので、ギターを傷めることがなく、フォークギター/エレキ/クラシックギターと、幅広く使うことができます。

アマゾンでの購入はこちらから

Planet Waves(プラネットウェイヴス) PW-CP-09  NS Tri-Action Capo

Planet Waves(プラネットウェイヴス) PW-CP-09  NS Tri-Action Capo

アコギ/エレキ兼用カポ。片手で手軽に脱着できるクリップ式の魅力と、押さえる強さの微調整ができるネジ式の魅力を兼ね備えた優れものです。

出典 公式サイト|Planet Waves(プラネットウェイヴス) PW-CP-09  NS Tri-Action Capo

 

アマゾンでの購入はこちらから

ルックスがかわいいカポタスト

せっかくならば、ギター小物もかわいいものを使いたいですよね。こちらでは、カラーバリエーションの豊富なカポ、ユニークなデザインのカポを紹介します。

キクタニミュージック GC-10

キクタニミュージック GC-10

アコギ/エレキ兼用、お手頃価格のカポです。クリップ式のため、片手で着脱可能。ブラック/レッド/ブルー/ブラウン/シルバー/ウォルナット/アッシュとカラーバリエーションが豊富です。

出典 公式サイト|キクタニミュージック GC-10

 

アマゾンでの購入はこちらから

Phoenix(フェニックス) ワンタッチ ギターカポタスト

Phoenix(フェニックス) ワンタッチ ギターカポタスト

装着すると鮫がネックにかぶりついているように見える、ユニークなカポ。見た目だけでなく機能性も優れていて、しっかり噛みついて……ではなく、しっかりホールドしてくれます。なお歯の部分はゴム製なので、噛み痕がつく心配はありません。エレキ/アコギ(フォークギター)兼用です。

アマゾンでの購入はこちらから

カポタストを自作してみた

 

カポとはつまり、セーハのように1~6弦を押さえている状態にするアイテムです。「もしかすると自作できるのでは?」と思い、実験してみました。
使用したのは、輪ゴムと弦を押さえられる長さの棒。今回は割り箸(画像上)と鉛筆(画像下)を使用しました。ご覧の通り、見た目がまずかっこ悪い……。しかも、どちらも端にある1弦と6弦の音がビビッてしまいました。何より、大切なギターを傷めてしまいそうで怖いので、筆者も即、取り外しました。

カポはモノによっては1000円以下で購入できますし、お近くに楽器店がなくとも、ネットショップで数多くのカポが販売しています。出し惜しみせずに購入するか、知人に借りるなどしましょう。

 

※当記事に掲載している価格等の商品情報は、記事公開時のものとなります。

文/bommiy

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。