人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.03.23

バランスよすぎ!?ボルボのベストセラーSUV「XC60」ディーゼル版の完成度

ボルボ「XC60 D4 AWD インスクリプション」の実力検証

 ボルボ「XC60」は、同社の「V60」(ステーションワゴン)や「S60」(セダン)と共通のコンポーネンツを与えられたSUVだ。2008年(日本上陸は2009年)に初代がデビュー。初代の「XC60」は世界累計販売台数約100万台を突破したベストセラーカーとなっており、同社の世界の販売台数の3割を占める人気モデルでもある。

 SUVとしての使い勝手のよさのほかに、世界トップレベルの先進安全技術の導入などが、ファミリーカーとしての信頼性につながったこともヒットの要因となった。2代目は2017年秋に日本に上陸。そして、新世代の「XC60」は同社が造るクルマの中で最初に新しい方向性を示したモデルとしても注目を集めている。

 そのひとつがエンジンだ。ボルボは今後、排気量2L以上のエンジンは開発しない、と宣言しているが、この「XC60」は宣言どおり、2Lガソリン/ディーゼル、2Lガソリンターボ+スーパーチャージャー、さらには、2Lガソリンターボ+スーパーチャージャー+モーター、というラインナップで登場した。

 バリエーションの豊富さは輸入車のSUVの中でもトップクラス。出力だけを見てもディーゼルターボの190PSから、ガソリンターボ+スーパーチャージャーの320PS、+モーターは318PS+87PSと、揃っている。今回は、ディーゼルターボの「D4 AWDインスクリプション」に試乗した。

外観、装備の完成度

 全長は、アルファロメオのSUV「ステルヴィオ」のディーゼル版と同じく、4690mmの5ナンバー枠に収まる。全幅は1900mmなので、全長、全幅はほとんど「ステルヴィオ」と同じだが、全高は1660mmと「ステルヴィオ」より低い。ホイールベースは2865mmで、これは3車の中では最も長く「ステルヴィオ」より40mm、アウディ「Q5」より35mm長い。

 外観で目につくのは、ヘッドライトのデザインだ。T字型のポジションライトが埋め込まれている。デビュー当時は「TシェイプのLEDデイタイム・ランニング・ライト」と表現されていたが、現在は「トールハンマー」と名付けられ、北欧の神話に登場する神が持っていたハンマーを模した、とされている。

 この「インスクリプション」というグレードは「D4」の上級装備モデルで、19インチホイールやインテグレ—テッド・テールパイプが標準装備となる。ちなみに、外板色は13色から選べる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年5月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチUSB付きIDホルダー」! 特集は「本当に売れているモノランキング」「勝負時計BEST 50」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。