小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

あなたの愛犬、愛猫が簡単にフィギュアに!最新3Dスキャナーの驚異的な再現力

2019.03.31

 筐体代金込みの初期費用はプランによって異なり、450万円~650万円が予定されている。これは3Dスキャナ特有のデータ加工を導入側が行うかどうかの違いだ。というのも3Dデータは撮影したポリゴンデータを立体化するためのデータに変換してやる必要があり、そのデータ加工にオペレーターのテクニックが必要になるからだ。「フルサポートプラン」では撮影のみを導入側が行い、あとはデータ加工からプリンタを使ったフィギュア出力までを一貫してCCCフォトライフラボに依頼することができる。そのほかにデータ加工のみCCCフォトライフラボに依頼してフィギュア出力は自前のプリンタを使う「セルフプリントプラン」、詳細データ加工もフィギュア出力も自前で行う「インハウスプラン」の3種類のプランがある。

 販売対象としては動物病院やトリミングサロンなどのペット関連事業者を見込んでおり、初年度で5台、3年以内に全国50台の導入を目指しているそうだ。気になるフィギュアの価格だが、CCCフォトライフラボが今までイベント出展してきたときの価格設定は、Sサイズ(5cm)で2万円、Mサイズ(10cm)で7万円、Lサイズ(15cm)で13万円程度。これは1,000万種類以上のカラーで着色できる樹脂製の場合で、リーズナブルな石膏製だとこの半額くらいになる。実際に完成品のフィギュアを見てみると、犬の毛並みの質感や色味までかなり忠実に再現されており、それだけの価値があるのはよくわかる。目に入れても痛くないほどの愛犬家だったらこたえられないのではないだろうか。

完成したフィギュア。パグ犬のシワ感までちゃんと再現されていてかわいい

 CCCフォトライフラボでは今後もこの3D SNAPの技術を活用し、洋服の採寸や仮想空間でのアバター作成などにも転用していきたいという。被写体にストレスをかけることなく瞬間的に3Dデータ撮影できるのは大きな魅力で、いろいろな発展性が見込まれるだろう。とりあえず全国のペットサロンに導入される前に手っ取り早くその真価を体験したいという人は、同社のショールームでも撮影・フィギュア製作を受け付けているので問い合わせて見るといいだろう。

CCCフォトライフラボ 代表取締役CEO 白砂晃氏(中央)と同社のスタッフ

文/巽 英俊


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年7月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「USBパワフル扇風機」! 特集は「空旅VS鉄旅」「2022上半期トレンドキーワード」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。