人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

時間がない人必読!引っ越しの準備の効率を上げるコツは「作業の見える化」にあり

2019.03.23

忙しいビジネスパーソンにとって、引っ越し準備は面倒なもの。短時間で効率的に行いたいものだ。そこで最短で効率よく引っ越し準備をするコツを、片づけ上手塾エグゼカレッジ表参道校代表理事で、大人片づけインストラクターの高橋和子さんにレクチャーしてもらった。

引っ越し準備を効率的に行う手順

特に共働き世帯だと、休日や夜間に引っ越し準備を短時間で行う必要がある。より効率的に行う手順を、高橋さんは次のように教える。

「引っ越しは段取りで決まります。まず、引っ越しが決まったら『引っ越しカレンダー&やることリスト』を作りましょう。何をいつまでにやるかが、一目で分かると効率よくできます。その中でも一番大変なのが荷造りですので、ここでは荷造りについての手順をご説明します」

1.荷造り計画

「荷造りは夫婦2人家庭の場合、引っ越しの2週間くらい前から始めます。子どもがいる家庭では、1ヶ月前くらいから始めると良いでしょう。まず荷物を『処分品・梱包品・前日梱包品・重要品』に仕分けします」

●処分品…新居に持って行かない不用品
●梱包品…梱包して新居に持っていくもの
●前日梱包品…直前まで使用するもの
●重要品…手持ちする大切な物や書類

「梱包品は、今使わないものから荷造りを始めます。前日梱包品は、新居に到着後すぐに必要となるものがほとんどなので、まとめて段ボールに入れましょう」

2.荷造りグッズをそろえる

「荷造りを始めてから困らないために、あらかじめグッズを一通りそろえておきましょう。ダンボール箱・カッター・ハサミ・軍手・ゴミ袋大小・油性マジック・新聞紙・雑巾などを一緒にまとめて、すぐに使えるようにしておくといいです」

3.新居の間取り図とリスト化

「間取り図をもとに梱包したダンボールには“新居のどの部屋に運ぶか”を油性マジックで記入します。ダンボール箱に部屋を記入して番号をつけると、引越し業者やお手伝いの人がスムーズに運べます。またその番号を間取り図にも記入し、リスト化しておくと、開梱のときもスピーディーに行えます」

場所別荷造りのコツ

準備が整ったら、いよいよ荷造りフェーズに。キッチンとクローゼットの荷造りのコツを高橋さんは次のようにアドバイスする。

1.キッチン

「キッチンは食器や食材など、アイテムと数が多いのが特徴です。割れ物が多いので、新聞紙や緩衝材を使って、割れ物のみを同じダンボールに梱包すると、運ぶときに慎重に扱うなど注意できて便利です。また、前日梱包品を除いて、引き出し別・収納別に荷造りすると開梱後の収納が簡単です」

2.クローゼット・洋服

「収納するタンスやクローゼットごとに梱包します。同じアイテムの服などが多数出てくることも多いので、この際、処分してスッキリさせるのもおすすめです」

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。