人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

街乗り最強!苦手なロングライドもカバーするeミニベロ最新モデル5選

2019.03.25

ホイール径が小さいため、漕ぎ出しが軽くストップ&ゴーが得意なミニベロ。その反面、巡航速度を保つのは難しく、長い距離を走るのは得意ではない。しかしEミニベロは、そのデメリットをアシスト力で補うことができる、街乗りに最強の自転車なのだ。

Eミニベロ

【選びの新基準】

(1)多彩なデザインのミニベロは見た目重視
(2)ホイール径20インチ以上なら走りも◎
(3)スマホと連携させてサイクリングを楽しむ

 走りを楽しむ、というよりも所有する喜びや使い勝手を重視するのがミニベロの選び方。

「デザインを重視したほうがいいでしょうね。すごく長距離のライドに出かけられないこともないですが、やはりミニベロは街でこそ生きる自転車だと思います。だからこそデザイン重視でいいかと思います」(山下さん)。

 そう考えると、バッテリーの大きさや処理方法(隠し方)、さらにはカラーバリエーションなども選び方のポイントになる。

 しかも今どきの自転車はスマホと連動することで、乗るのが楽しくなる機能がある。

「今回テストした『S−1K』はフレームの下にスピーカーがついていて、音楽が流せる。そのほかにも走行距離や消費カロリーがスマホで管理できるモデルもある。ただいくら走りを重視しないといっても、あまり小さなホイールだと走りがつらくなる。20インチ以上を選ぶといいでしょう」(山下さん)

走りも音楽も楽しめるエンタメ系

バッテリーとスピーカーをフレームに内蔵しただけではなく、シートチューブを廃するなど、意欲的なデザインが最大の魅力。

KKS『S-1K』KKS『S-1K』18万9000円

フレーム:アルミニウム 充電時間:約5時間
航続距離:40km(エコ)〜25km(ハイ) 重量:16.4kg

【ドライブユニット】

KKS『S-1K』後輪のユニットにより、ミニベロとは思えない後ろから押されるような走り。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。