人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

便利だけど要注意!?Gmailの迷惑メール振り分け機能を使いこなすポイント

2019.03.19

メールツールを使用していると、どうしても気になってしまうのが「迷惑メール」です。いちいち削除するのも面倒ですし、数が多いと大事なメールを見逃してしまうこともあります。

Gmailには、受信した迷惑メールを自動で専用の「迷惑メールフォルダ」に振り分けてくれます。普段使用している受信フォルダとは違う、専用のメールフォルダで迷惑メールを受信するので、大事なメールを見逃すこともありません。また、迷惑メールの確認も簡単にできるので、間違えて迷惑メールに判定されたメールも見つけられます。

今回はGmailの迷惑メールについて紹介します。迷惑メールの機能はPCとスマホのアプリ版Gmailの両方で共通しているので、Gmailユーザーの皆さんは必見です。

Gmailの迷惑メールフォルダの確認

Gmailでは迷惑メールフォルダに分類されたメールは簡単に確認できます。まずGmailを開き、「三」のマークを開きます。受信フォルダの一覧が開くので、「迷惑メール」とある受信フォルダをクリックします。迷惑メールフォルダが開き、これまでに届いた迷惑メールの一覧が表示されます。

また、迷惑メールフォルダは自動的に判別されているため、設定などを変更していないと、ユーザー視点では大事なメールが紛れている場合があります。放っておくと勝手に削除されてしまう(受信から30日後に自動的に削除)ので、定期的に確認するようにしましょう。

Gmailでの迷惑メールの判定基準

Gmailの迷惑メールを自動で判別して振り分ける機能は大変便利ですが、まれに知人や会社の取引先からのメールも迷惑メールフォルダに分類されてしまうことがあります。どんな判断基準で判別しているのでしょうか。

迷惑メールと判別する基準と考えられている要素は複数あります。まず、「メールアドレスが他人のなりすまし、酷似している場合」、「フィッシング詐欺と考えられる場合」といった怪しいメールです。既にメールのやりとりをしているアドレスと似ているアドレスからのメールはなりすましの可能性が高いため、迷惑メールと判別されます。同じく、「送信者が確認できないメール」、「内容が空白のメール」も怪しいメールとして迷惑メールとして扱われます。

迷惑メールの報告と解除の方法

迷惑メールの基準が複数あり、基本的には自動で判別されますが、迷惑メールであるにも関わらず普通のメールとして判断されるメールもあります。迷惑メールフォルダにそのまま移動させるだけでなく「報告」をすることで、以降、同じアドレスからのメールを全て迷惑メールとして判別してもらうことができます。

「報告」のやり方は二通りあり、ひとつはメールの上部にある「!」をクリックするだけでできます。もうひとつは、受信フォルダから迷惑メールとして処理してほしいメールを開きます。そして、メール本文横の「:」を開いて「迷惑メールを報告」をクリックします。さらに、メール本文横の「:」にある「(メール送信者名)をブロック」でも迷惑メールとして判定されるようになります。

また、反対に迷惑メールとして扱われてしまった大事なメールの迷惑メール判定を解除して、受信フォルダに戻す方法もあります。迷惑メールフォルダをクリックして、通常の受信フォルダに戻したいメールを開きます。そして、本文の上部にある「迷惑メールではない」をクリックします。クリックするとメールが通常の受信フォルダに戻り、同じアドレスからのメールは迷惑メール扱いされなくなります。

Gmailでの迷惑メールの自動削除

Gmailでは迷惑メールに分類され、迷惑メールフォルダに振り分けられたメールは受信してから30日後に自動的に削除されます。迷惑メールを自動で振り分けて見なくて済むだけでなく、削除まで自動で行ってくれます。

注意しなければいけないのは、前述の通り大事なメールも迷惑メール扱いされてしまう可能性があることです。定期的に迷惑メールフォルダをチェックしないと大事なメールもそのまま削除されてしまう可能性があります。月に1、2回程度は確認するようにしましょう。

Gmailで自動削除されたメールを復元する方法

自動削除されたメールであっても、30日間は「ゴミ箱」に保存されています。ゴミ箱から「完全削除」されていなければ、復元をすることができます。Gmailの「ゴミ箱」を開き、復元したいメールにチェックをいれます。そして、移動させたいフォルダを選択すれば移動させて復元できます。

30日を過ぎて完全削除されてしまったメールは、サーバー側での処理となるので、ユーザーからのメールの復元はできなくなります。ゴミ箱や完全削除の処理には注意しましょう。

Gmailの迷惑メールとフィルタの活用

大事なメールでも迷惑メールに分類されてしまうことを防ぐ方法として、フィルタを活用する方法があります。

フィルタの作成方法は簡単で、Gmailの上部にある検索欄の右側にある「▼」をクリックします。検索の詳細が表示されるので、「from」の欄に迷惑メールとして扱ってほしくないメールアドレスを入力します。そして、「フィルタを作成」をクリックして、フィルタの細かい設定が表示されるので「迷惑メールにしない」にチェックをいれてフィルタを作成します。

新しく受信するメールアドレスや、添付ファイルなどによって迷惑メール扱いされてしまうアドレスを受信するときに活用できます。大事な取引先や友人のアドレス用のフィルタをあらかじめ設定して確認できるようにしておきましょう。

文/三浦修靖

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。