人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.03.17

恐ろしさが快感になる!?ホラー漫画のおすすめ作品20選

 ホラー漫画は好きですか? 一人で過ごす夜や、退屈でスリルが欲しい時、とにかく怖いものが見たい時などにホラー漫画はうってつけ! 映像と比べて自分のペースで楽しみやすいのが魅力的。そして、今やホラー漫画を読む方法は紙メディアだけにとどまりません。お気に入りの背筋の凍る一作を探してみませんか

おすすめホラー漫画家

 ホラーだけでなく漫画が世にあふれかえっている現代、もちろんホラー漫画家も数多くいます。その中でも特に人気の作家を紹介いたします。

楳図かずお

 言わずと知れたホラーの王道漫画家。あの独特のタッチは誰もが目にしたことがあるはず。しかし一度読んでみればそのあまりの本格ホラーっぷりに度肝を抜かれること間違いなし。登場人物の表情から読み取れる恐怖が魅力です。

押切蓮介

 基本スタンスが「お化けをぶん殴る」というもののため、怖いものがそこまで得意でない方にもおすすめの漫画家。しかし、キャッチフレーズが「精神破壊(メンチサイド)ホラー」といういかにも恐ろしげな作品も手掛けています。かなり作品の系統は多岐にわたっているので作品選びは慎重に。

伊藤潤二

 その美しい画風と独自の世界観が魅力なのが伊藤順二さんです。怖いだけにとどまらずぶっとんだ設定も多く、ときどき見られるシュールさも作品を引き立てます。短編集が多く出ているので触れやすいのもおすすめポイントのひとつです。

無料で読めるおすすめホラー漫画 

 漫画は読みたい! でもお金はない……という方や、作品は気になるが合うかどうかわからないから買うのはちょっと……という方、多いですよね。たしかにホラー漫画は試し読みでもその話の核になる部分やメインになる部分が隠れていることが多いので、買うのはなかなか勇気がいります。そんな方におすすめなのがこの方法です。

しかし、あまり作家さんに還元できる無料サイトは多くないので、やはり購入するのが一番コンテンツを長続きさせる方法ではあります。気になったものはぜひ購入してみてください。夜中に買った本が目に入り、読んだ時の恐怖を思いだす、というのもなかなか怖いのでおすすめです。

ホラー漫画を全巻無料で読むには?

 ホラーに限らず漫画を全巻無料で読む場合、効率的なのは漫画サイトに登録することです。ポイントを購入しなければ読むことができない作品もありますが、無料で読める作品もかなりあります。登録は簡単なので、ホラーだけでなくとも日ごろから漫画をよく読む人にはおすすめです。

おすすめホラー漫画 完結したシリーズ編

ここからは特におすすめの作品をジャンルごとに紹介していきます。
まずは、完結したホラー漫画から特選します。

地獄先生ぬ~べ~ 全31巻

原作:真倉翔
作画:岡野剛
集英社

 ドラマ化もされた超有名漫画。「鬼の手」をもつ小学校教師、鵺野鳴介が妖怪や悪霊を退治するというストーリーになっており、コメディ・恋愛などのバラエティ豊かな作劇の半面、ガッツリしたホラー描写も多いのでこの作品がトラウマといった方も多いのではないでしょうか。

ミスミソウ 全3巻

作者:押切蓮介
ぶんか社コミックス

 こちらが先ほど触れた「精神破壊(メンチサイド)ホラー」がキャッチコピーの押切蓮介作品です。過疎化した村で起こる壮絶ないじめをうける春花が、いじめっ子たちに復讐をしていくとにかく「人間が怖い」物語です。衝撃のエンディングは必見です。

アイアムアヒーロー 全22巻

作者:花沢健吾
小学館

 さえない漫画家、鈴木英雄を主人公としたSFホラー。町中に蔓延する謎の奇病によって崩壊する日常、それによって引きおこる災害を緻密に描いた作品であり、単行本のほぼ一巻ぶんを費やして描かれた日常が崩れていく様は恐怖をあおります。

不安の種 全3巻

作者:中山昌亮
ACW champion

 日常に潜む恐怖をリアルな筆致で描いた短編集です。一話が短く、結局怪異の正体が明かされないことも多いためその恐怖がさらに後を引きます。何気ない帰り道が怖くなる、いつもの家が怖くなるなど日常に溶け込む怖さを味わいたい方におすすめです。

恐之本 全10巻

作者:高港基資
SGコミックス

 こちらも短編集です。不条理な話も多く、後味の悪い話もちらほら……。怖いシーンの作画も上手く、暑い日でもエアコンいらずの恐怖を味わえます。日常に近いホラーをお求めならぜひ手に取ってみてください。

おすすめホラー漫画 ミステリー編

続いては、推理要素も楽しめるミステリー編です。

カラダ探し

原作:ウェルザード
作画:村瀬克俊
ジャンプコミックス

 学校の怪談であるカラダ探しとは、「赤い人」に見つからないように校内に隠された8つの体のパーツを集めきること……。圧倒的な存在である赤い人に追いかけられる、終わるまで永遠に同じ一日を繰り返すなど、怖さの要素が詰まった王道ホラーです。

さんかく窓の外側は夜

作者:ヤマシタトモコ
クロフネコミックス

 昔から霊が見える体質である書店員、三角を「運命」だといって勧誘してきた祓い屋(表向きは掃除屋)の冷川。彼らは様々な幽霊を通して自らの過去や現実の問題と向き合うことになります。登場人物の霊や呪いへの解釈が面白く、その描写も見事です。

ミュージアム

作者:巴亮介
ヤングマガジンコミックス

 雨の降る日だけあらわれる、「カエル男」と呼ばれる連続殺人鬼。彼は己の殺人を「私刑」、自らを「アーティスト」と称しており、その殺害方法は残酷かつ個性的。グロテスクな描写が多く、殺害方法ひとつひとつに名前が付けられているのも恐ろしいです。

累(かさね)

作者:松浦だるま
講談社

 誰もが振り返る醜い相貌の少女累(かさね)。彼女が母親の形見である「人と顔を入れ替える」口紅の魔法に気が付いた時から、運命は変わりだします。ホラーというよりサスペンスに近い作品ですが、人間の醜さや一途さ、顔をめぐってのかけ引くなどには手に汗握るものがあります。

ひぐらしのなく頃に 鬼隠し編

原案:竜騎士07
作者:鈴羅木かりん
ガンガンコミックス

 山奥の村、雛見沢を舞台に起こる惨劇を描いた物語。原作がゲームであるためたくさんのルートが存在し、主に「出題編」と「回答編」に分類できます。そのため読破はなかなか骨が折れますが、そのぶん目をみはる描写と濃いストーリーが魅力の作品です。

おすすめホラー漫画 サイコ編

精神世界や霊などを扱ったホラーも人気ジャンルのひとつ。こちらのおすすめをご紹介します。

座敷女

作者:望月峯太郎
KCデラックス

 大学生の森ひろしはひょんなことから不気味な大女「サチコ」につきまとわれることになって……!? 幽霊とは違う、得体の知れない人間の恐ろしさを描いた心理ホラーです。「ストーカー」という言葉がまだ浸透する前の作品であるのが驚きのリアルさ。

チルドレン

作者:三浦みう
ガンガンコミックスUP!

 割のいいバイトとして山奥の児童施設に家事手伝いにきた大学生の五十嵐透。年下だがしっかりした園長や無邪気な子供たちと楽しく過ごす彼でしたが、その日の夜中に偶然園長や子供たちがしている秘密のお仕事を見つけてしまいます。可愛らしい絵柄と裏腹に繰り広げられるグロテスクな描写がクセになります。

サエイズム

作者:内水融
チャンピオンREDコミックス

 いじめられていたところを学校一の人気者冴に救われた美沙緒。それを機に二人は友人になりますが、冴の裏の顔である異常な束縛癖が徐々に美沙緒を蝕んでいき……。狂気じみた冴の行動はつい目を向けてしまうような魅力があります。冴に立ち向かううらりんズの面々も個性的で見ていて飽きません。

おろち

作者:楳図かずお
ビッグコミックススペシャル

 不思議な力を持つ美少女、おろちが様々な人々の運命を見届けていくストーリーです。オムニバス形式になっており、人間の心理的な恐ろしさが中心に描かれています。ラストのどんでん返しには思わずため息がもれる、楳図かずお屈指の名作です。

外れたみんなの頭のネジ

作者:洋介犬
アース・スター コミックス

 この町はどこかがおかしい。そして、自分だけがそれに気づいている。それに気づいた七尾ミサキは、ある日出会った謎の悪魔べへりんに「狂っているのがミサキではなく周囲の人間」であることを認めさせれば力を貸してくれると言われ、彼女の恐怖体験を話して聞かせることになります。こちらもオムニバス形式で、多種多様な恐怖を味わえます。

おすすめホラー漫画 パニックホラー編

お化け屋敷のような不意に襲う恐怖、それに伴うパニック心理を楽しむパニックホラーからおすすめ漫画をご紹介します。

彼岸島

作者:松本光司
ヤンマガKCスペシャル

 数年前に行方不明になった兄・篤を探して友人と共に彼岸島に渡る宮本明。しかし、その島は吸血鬼が跋扈する危険な島だった。孤島でのサバイバルや吸血鬼との対峙などバトル要素も含んだスリルに満ちたストーリーです。大長編なので読みごたえも十分。

渋谷金魚

作者:蒼伊宏海
ガンガンコミックスJOKER

 いつも通りの日常を送る月夜田初がたまたま訪れた渋谷。そこに突如大量発生したのは巨大な金魚でした。金魚たちは宙を泳ぎ、人を襲い、喰らっている。未曽有の大パニックに見舞われる渋谷、あまりにリアルな描写にしばらく金魚が眺められなくなるかも……?

魔法少女・オブ・ジ・エンド

作者:佐藤健太郎
少年チャンピオン・コミックス

 高校生児上貴衣の日常は突如現れた「魔法少女」によってすべてが塗り替えられる。彼女たちが繰り返す殺戮にパニックになった街を、貴衣らは逃げ惑うことになります。この作品の特徴は何といってもそのグロテスク描写。次々に殺されていく人間に思わず冷や汗をかいてしまいます。

モンキーピーク

原作:志名坂高次
作画:粂田晃宏
ニチブンコミックス

 製薬会社の社内レクリエーションの一環として登山をしていた社員たちは、初日の夜鉈を持った巨大な猿のような化け物に遭遇します。その後社員たちが見つけたのは仲間の惨殺死体で……。リアルな筆致と猿の描写の恐ろしさが魅力の作品です。

食糧人類

原案:水谷健吾
原作:蔵石ユウ
作画:イナベカズ
ヤングマガジンコミックス

 男子高校生の伊江とカズは帰宅中に誘拐され、知らない場所で目を覚まします。肥満体の人間が解体されるそこはなんと人間の飼育場であった。飼育場で出会ったナツネ、山引と共に伊江は脱出を試みるのですが、この作品もやはり目を引くのはグロテスク描写。圧倒的な存在に殺される状況は本能的な恐怖をあおります。

いかがでしたか? ジャンルもさまざま、めくるめくホラー漫画の世界へ今宵、浸ってみませんか?

あれ? いまあなたの手元を覗きこんだのは、誰……?

取材・文/カン

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年5月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチUSB付きIDホルダー」! 特集は「本当に売れているモノランキング」「勝負時計BEST 50」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。