人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

来たる完全キャッシュレス時代に備えてデジタルマネーのメリット、デメリットをおさらい

2019.02.25

3.電子マネー

●メリット:決済時間が速い・プリペイド型は使いすぎる心配なし・基本的にプリぺイド型は審査が不要

●デメリット:事前にチャージが必要・種類が多く、用途に応じて使いこなす必要あり・払い戻し不可

「私自身の生活で一番使っているのがプリペイド型電子マネー『ICOCA』です。普段の交通費や買い物の場面で、事前にチャージして利用しています。メリットは“ピッ”と素早く使えることと、事前にチャージした分だけ利用するので、使いすぎる心配がないことですね。プリペイド型の場合、基本的に審査が不要なので簡単に作成、利用することができます。

一方、電子マネーのデメリットは、チャージが必要なことです。また他に種類がたくさんあり、利用用途に応じてカードを使い分ける必要があることです。一度入金したお金は払い戻しできないため、少額が残り続けてしまうことがあるのもデメリットです」

4.デビッドカード

●メリット:即時払いなので安心・利用額に応じキャッシュバックがある場合も

●デメリット:あまり知られていない・使える場面がクレジットカードよりは少ない

「個人的には一番好きな決済方法です。世界ではクレジットカードより、デビットカードの方が主流になっている国もあります。昨年の夏に、家族で行った香港旅行でも大活躍でした。VISA・JCBなどの国際ブランドのデビットカードであれば、クレジットカードと同じように使え、チャージも必要なくて便利です。メリットは登録銀行口座から即時引き落とされるので、あとで支払いのことを心配しなくても済みます。また、私が使っているデビットカードは利用額に応じ、0.25%のキャッシュバックを受けられる特典が付いています。

デメリットはあまり知られていないことでしょう。私が初めてデビットカードを利用しようとしたとき、『デビットカードで』とお店の人に伝えると、『使えません』と言われたことがあります。VISAが使えるお店だったので、実際は使えるはずなのですが、日本人は『VISA=クレジットカード(後払い)』だと思っているので、断られたようです。それからは『デビット』と言わずに『カードで』とお店の人に伝えてデビットカードを利用しています。ただ、公共料金や定期的な引き落としには使えないことがあるので、クレジットカードより使える場面は限られます」

5.仮想通貨

●メリット:個人間送金や海外への送金が早い・安い・将来性が期待できる

●デメリット:投機的な要素が高く、現段階では普段の生活に浸透しているとは言えない

「仮想通貨は、私自身、利用していないので何とも言えませんが、銀行という仲介者を挟まず、送金ができるということは、時間や手数料が大きく削減できてメリットだと思います。将来、決済方法として世界中の人が利用する将来性も感じます。

デメリットは、現状、決済手段というよりも投機的、ギャンブル的要素が強いことです。決済手段として安定するまで時間がかかるでしょう」

デジタルマネーといっても複数ある上に、スマートフォン決済や電子マネーは、個別の種類も多い。現実的には、これらのデジタルマネーのメリット・デメリットをよく押さえ、うまく使い分けていくことがポイントになりそうだ。

【取材協力】
マネ育®講師 西岡奈美さん
元証券会社出身のファイナンシャル・プランナー。「お金のはなしをかんたんに!おもしろく。」をモットーに、子ども向けマネー教育&ママ向け投資教育を行う。「キャサリンとナンシーのお金のおはなし」を運営。
マネ育®講師 Nami Nishioka:https://maneiku.amebaownd.com/

取材・文/石原亜香利

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。