人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

乗ってわかったホンダの新型「インサイト」の○と×

2019.02.17

商品として魅力的か?★★★★ 4.0(★5つが満点)

 新型「インサイト」では、メーターがようやくアップデイトされた。「シビック」「CR-V」などのメーターユニットは基本を同じくする古いものが使われ続けていたのだ。優秀な運転支援デバイスである「ホンダセンシング」が搭載されているのにもかかわらず、その作動具合が片隅の小さなイラストでしか表示されず、実に使いにくくて、もったいなかった。

 その点、トヨタや日産、ヨーロッパの各車は大きなイラスト表示を使って、ACC(アダプティブクルーズコントロール)やLKAS(ラインキープアシスト)などの作動具合を見やすく、わかりやすく表示していて、ドライバーインターフェイスの改善に取り組んでいた。長らくホンダだけが“宝の持ち腐れ”状態だったのが、ようやく改まった。

 ただ、メーターパネル向かって左側のマルチファンクションモニターも見やすいのだが、操作が煩雑だ。操作手順を減らす工夫なり、構造を考え直す必要があるだろう。この点は、メルセデス・ベンツやBMW、ボルボ各車などの後塵を拝している。

 また、センターコンソールの向かって左側に長方形の縦長のスペースが用意され、滑り止めの樹脂素材が貼られているから、「おっ、置くだけ充電! ヤルじゃん」と色めき立ったが、それはヌカ喜びだった。スマートフォンにぴったりのサイズだったが、充電は今まで通りコードでUSBジャックに接続しなければならないのだ。この点も、ヨーロッパのクルマに遅れている。オプションでも構わないから設けてくれたら利用者が多いだろう。

 新型「インサイト」はi-MMDの特徴を生かし、新時代の4ドアセダンにふさわしい走りを実現している。モーター主体の走行感覚と性能は確実に新しい。しかし、走り以外の部分にも走りと同じだけの丁寧な情熱が注がれて開発されていたら、新しい価値を体現していたことだろう。

 古くは「スーパーカブ」「シビック」「アコード」「オデッセイ」など、ホンダが新しい局面を切り開いた世界的なヒット作は必ず新しい価値が備わっていた。新型「インサイト」は、かつての「ドマーニ」や「コンチェルト」なども思い出させる、落ち着いてバランスの取れた良いクルマなのだが、それが欠けている。ソツなくまとまっているのだけれども、驚きや新機軸がない。あとひと頑張りが欲しかった。惜しい。

■関連情報

文/金子浩久(モータージャーナリスト)

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年5月13日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDライティングボード」! 特集は「超進化形スポーツギア」、「コストコ&業務スーパー完全攻略」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。